takeichiro のすべての投稿

ステイホーム後の変化~自分の活動に関するご連絡

今年の1月20日に母が亡くなり、3月7日に四十九日法要を済ましました。その翌週も実家に行き父や妹と食事をして。これからも時々様子を見に来ようなんて考えていたら、その後コロナで外出自粛、緊急事態宣言からステイホームの日々となり、自分はしばらく行くことが出来ませんでした。父の一人暮らしになるので県をまたぐんだけど、妹が茨城の取手から1週間か10日に一度くらい様子は見ていました。

やっと県をまたいでいいってことで6月20日に母の納骨をしてきました。穴川という実家の近くの納骨堂です。その時3月ぶりに会った父はなんかとても小さくなっていて、具合が悪そうでした。土曜日で病院空いてないので週明けて22日の月曜日に妹が近くの内科に連れていったのですが、特に異常ないとの診断。本人は一人では不安だというので山王というところにある介護ホームにショートステイするということになりました。(我々が一緒にすめばいいのだろうけど、今までの経緯で簡単ではありません)

ホームの隣が山王病院という大きな病院でそこで検査したら腸が詰まっているとのことで入院になり、更に精密に検査したところ病気が判明しました。具体的には書きませんが恐らく手術になると思います。

手術・回復した後は本人はもう家には戻らずどこかのホームに入所したいと言っています。本人は家は今のまま売っぱらうと言ってますが、冷蔵庫にも物が入ってて、昨日まで住んでたような状態なのでさすがにこのままとはいかないだろうと、僕が土日など通って片付けていくつもりです。

〈ここからが今日伝えたい本題〉

というわけで、父の病後と片付けのためいろいろな活動を最小限にしていかなければならなくなります。せっかくコロナ明けでセッションやライブが戻りつつある現場ですが、僕はそうもいきません。
今約束している件や、定番で入っているものなどは余程のことがなければ参加します。それ以外はしばらくお待ち下さい。

Martes,treinta de junio de 2020

野川にそそぐ深大寺湧水散歩

最近は散歩が日課で、この辺で自然を感じられるのはやっぱり野川なのでどうしても川沿いを歩くことが多くなります。この前歩いてたとき野川に結構な水量で流れ込んでる水路があったのでなんだろうと考えてました。結構きれいな水なのでもしかして深大寺あたりの湧水ではとの仮説をたてて歩いてみました。

いつもは午後散歩してるんだけど、夕方から天気悪くなるっていうので今日は午前中にお散歩。

野川にそそいでる水路はこれです。

水流も多く水もきれい。たどっていくとうちの近くの佐須町付近の畑周辺に

佐須町の畑

水路は畑の中を通ってました

子供が集まってザリガニ捕りしてました。

水路は一旦暗渠になり森の中に上流があるようです。

森を進んでいくと

深大寺自然広場、野草園・ホタル園にたどり着きました。

この地図がわかりやすい。水色が僕が追ってる水路で、この自然広場から農業高校神代農場を遡ってやはり深大寺が水源。

野草園は休園

自然広場に水流がありました。

この奥は農業高校の敷地、開放することもあるみたいだけど今はもちろん閉鎖

フェンスの外側を進んで行くと農業高校の正門に到着

そして道をはさんで深大寺に隣接する青渭神社。

やはり水神様でした、神様に「コロナどうにかして」ってお祈りしてきました。

近所にこんな自然があるんですね、平穏になったら今日入れなかったとこにも行かなくては。

Chao!

Martes,cinco de mayo de 2020

僕の自粛生活

なんか自粛が延長されそうで、いつの間にか目標が「新規感染者ゼロ」に向かってるような雰囲気がおかしいな〜と思っている私です。

さて最近出勤しない日は一日がほぼパターン化されてきました。
8時〜9時 起床、朝食
午前中 お掃除とか整理とか
12時45分 「エール」見ながら昼食
午後 お掃除とか整理とか続き
15時頃から お散歩 帰宅後お風呂
19時ころから 映画
24時前就寝

どこもそうだろうけどこの際「そのうちやろう」と思ってたことをいろいろやってます。まずハムスターとガラクタ置き場になってた部屋を整理し、ルータをブリッジにしてネットできるようにしてiMacをそちらに移動。リサイクルショップでジャンクで買って使ってなかったコンポでApple Muzsic聞きながら昼間はこの部屋で過ごしてます。ハムスター(夜行性)は僕がいると寝られないと思うのでこの間は玄関にゲージごと移動。

いままでやったこと思いつくまま
・レコードを邦盤:あ〜、洋盤A〜整理
・譜面ファイリング
・本の処分、本棚整理
・キッチン整理、簡単な台を自作
・粗大ごみ処分
・ベランダ掃除、ゴーヤ種まき

細かいことは他にもあるけど、この先は
・フローリングの修理(ニス塗り?)
・実家から持ってきた古い写真のスキャン

まだ先は長そうだけどリタイア後の生活のリハーサルだと思ってなるぺくポジティブに健康に過ごしましょう。

レコードとテレビ

テレビは点けてるけど消音にしてます、ワイドショー聞いてると頭痛くなる、消してもいいんだけどなんとなく。

ファイリングかなり片付きました、昨年の後半からサボってたから大変だった。

AUXでPCと繋いで、FMトランスミッター買おうかと画策中

おうちご飯はほぼ自炊、でも食べ過ぎちゃうので簡単に。具だらけのお味噌汁、ご飯、たくあん、チコちゃん。

飲酒は18時以降と決めました。

Hasta Luego

Viernes,Primero de Mayo 2020

今年のGWはどこにも行かない

前回のエントリーでこんなことを書きました

さあ今日から連休!明日は成田出発だよ!って

当然行けるわけなく、3月のはじめまでに計画していた内容です。あまりにイタいのか、頭がおかしくなったと思われたのか誰からも突っ込んでもらえませんでした。

1 月から少しづついろいろ予約してまして、3月6日にVi Azul(キューバの長距離バス)のトリニダ〜バラデロ間のチケットを予約しました。その3日後の9日、成田〜メキシコシティの航空便の欠航のメールが来て雲行きがおかしくなって、まあその後はパタパタと今に至る感じです。

それでも3月のうちはエアカナダならチケットあるかな〜とかキューバはだめでも小笠原や伊豆大島なら間に合うかなとかも考えました。もはや公園へのお散歩や買い物すらとがめられるご時世となってしまいました。

こんな思いしてる人は大勢いるだろうし、僕よりももっと大事な旅行計画していた人もいるだろうから愚痴は言うまい。

航空券はキャンセル不可条件の安いの買ったのですが、返金ではなくバウチャーで他の旅行に使えるようにできるかもしれない、らしいです。trip.comは日本語窓口が一度中国に転送してそこから返事がくるからへんてこな言葉で説明されるの。でもまだ具体的なことはわかりません。

キューバの国内線はキャンセル交渉してくれるそうですがこれも時間がかかるとの事。

宿はエクスペディアなので全額返金されました。

手付かずなのがVi Azul、検索すると一度クレジットカードで支払うとほぼ返金されないとか。時間はあるかから交渉してみましょう。

というわけで掃除とお散歩とお家が映画館のGW突入です。ごきげんよう〜

今年のGWはキューバに行くよ!

前回キューバ旅行をしたのは2010年、「10年経ったらまたおいで」というわけで今年のGWはキューバ旅行に行きます!

前回はエアカナダでしたが今度の旅行ではアエロメヒコです。

4月30日 14:25 成田発
4月30日 12:55 メキシコシティ着
4月30日 15:05 メキシコシティ発
4月30日 19:05 ハバナ着

初日の宿はハバナのホテル ドーヴィル

5月1日は早起きしてメーデー見学。その後今年のハイライト、空路サンティアゴ・デ・クーバへ。クバーナ航空です、トラベルボデギータの清野さんにチケット手配してもらいました。

5月1日 16:50 ハバナ発
5月1日 18:30 サンティアゴ・デ・クーバ着

すごく大雑把に本州で例えるとハバナが島根県、サンティアゴ・デ・クーバが岩手県って感じの距離です。

キューバ名物のカサ・パルティクラルに泊まります、民泊ですな。2泊して革命の聖地巡り。ちょっと遠いけどカステロとゲバラがたどり着いたグランマ号上陸記念公園には是非行ってみたい。

5月3日 19:30 サンティアゴ・デ・クーバ発
5月4日 07:20 トリニダ着

Vi Azulというキューバの長距離バスでトリニダへ、深夜旅行ですが頑張ります。おそらく冷房が効きすぎて寒いだろうからちゃんと上着持っていきます。

早朝トリニダに着いたら9:30発の汽車でマナガナ・イスナガというところまで観光、ここでは「カサ」は夕方現地調達する予定。1泊したら再びVi Azulで白い砂と青い海のバラデロへ

5月5日 14:30 トリニダ発
5月5日 20:50 バラデロ着

バラデロでは「Be Live」というオールインクルーシブのホテルに2泊します。

5月7日 時間未定 バラデロ発
5月7日 時間未定ハバナ着

前半のハバナではマレコン通り沿いのホテルでしたが、今度は旧市街の中心あたりの「Al Sol」というホテルを予約しました。

5月8日 20:05 ハバナ発
5月8日 22:20 メキシコシティ着
5月9日 01:35 メキシコシティ発
5月10日 6:20 成田着

成田から大久保に直行後、セッションに参加予定。

なんてね、とっても楽しみです!

母親の病気、死生観〜続き〜

1年9月ぶりのブログです、引きこもっていて時間がありますので少し更新していこうと思います。今日のエントリーは随分前の前回で〜※続きます〜と書いた内容です。

実は母は今年の1月20日に亡くなりました。昨年の12月29日に入院していましたがそのまま逝ってしまいました。死因は肝硬変。

前回書いたように2018年に病院に呼び出しを受けました、その時に説明されたのは「肝臓にピンポン玉程度のガンがある、ただ肝硬変にもなっているので手術は不可能、進行は遅いと思うので共存していきましょう」みたいな内容でした。母も同席して聞きました。

その後実家に帰るたびに「病院行ってる?どうなの?」って聞くと母は「行ってる」って答えるのですが父親の話によると今回の入院まで一回も通院しなかったようです。それでもそこそこ元気で、一度は僕が夜ワインを飲んでいたら私にもって2杯も3杯も飲んで「平気なの?」って思ったこともありました。

父が昨年数えで米寿になりましたので、秋に両親、妹、姪っ子などと食事会をしました、集合したのはそれが最後になってしまいました。年寄りだからあまり食べないっていうのに妹が焼き肉がいいって決めちゃっって、案の定そんなには食べませんでしたがまあ思い出になってます。

入院後はベッドからほぼ出られずでした、肝臓が機能しないので水分が腹水となってお腹がぱんぱん、その結果食欲も減って体力も落ちる。急に抜くのも体によくないらしく難しい状態だなって。

先生から説明を受けたのは、「重度の肝硬変と肝細胞ガンではっきり言って手の施しようがない、治療ができない」ということでした。これは母は聞いていません。少し経ったら緩和ケア病院に移りましょうということで病院の紹介を受けていた矢先旅立ってしまいました。

はじめのうちは見舞いに行くと、「伝染るから(伝染るわけない)」「疲れちゃうだろうから」「忙しいでしょう」とかで帰っていいよって言っていましたが、最後の数日は父や妹が帰ろうとすると「まだ帰るな」って引き止められていたそうです、死期を悟ったのでしょうか。僕はこの時期東京の用事が重なって行けていないんです、最後まで親不孝だな〜。

四十九日が過ぎまして、納骨は稲毛の納骨堂を契約する予定です。こんな騒ぎで僕も千葉に行くことがままならずそちらの話もすすみません。困ったものです。

調布の家には仏壇がありませんので母の若い頃の写真を遺影にして毎日線香を立ててます。ちなみに、父はこの写真はあまり好みでないそうです。

Martes,siete de abril de 2020

母親の病気、死生観〜その1〜

久しぶりの投稿です、余裕が無いので文章だけのブログでやっていこうかなって考えてます。

GWに水戸に行きました。姪っ子が「茨城大学」に通っていて彼女の自宅(私の妹夫妻の自宅)の取手からは遠いということで水戸で暮らしているので遊びにいったのです。自分でいろいろ観光した後で水戸駅の姪っ子のバイト先の蕎麦屋でお食事、そんなさなかに私の父親から携帯に電話がありました。

電話なんか滅多になく、しかも姪っ子(オヤジからみたら孫)と妹達と飲んでるなんて知らないはずなのに何で?と出てみたら。

おかあさんが階段で転んで頭を打って入院した、とりあえずは大丈夫だけど痴呆が若干あるらしく病院でも素直にしてなくて大変。とのこと

妹と話して明日行こうということになりました。(私の計画では茨城3日目の観光があったけどパス)

見舞いにいくと怪我はたいしたことないのだけど、点滴で繋がれ、若干わからないことを言っている母親がいました。まあみんなの顔はわかるし、言ってることもわざとボケてるのか病気なのかわからない程度。自分はその後東京の仕事に戻りましたが。妹は何度か通って元気になっていく状態を連絡してくれました。

怪我のついでなのかいろいろ検査して、軽い痴呆と肝臓が良くないと指摘されたそうです。半年ぐらい前実家に行ったら「おかあさん、同窓会があったの。長崎からみんな出てきたの」て行ってて、オヤジがそれはそんなの行ってないって話があって(別の日に妹も同じ話聞いてる)ボケてきたんだなって、そのとき最初に感じました。

6月17日、名古屋にライブに行ってたのだけど父の日と翌18日は母親の83歳の誕生日なので父に電話してみたら。「いろいろ検査したんだけど肝臓がどうも良くないらしい、先生が検査の結果がでたら家族の方を呼んでほしいと言っていた」と。

※続きます

Domingo.primero de junio de 2018

わろてんか最終回

NHKの朝ドラ、わろてんかが終わりました。なんだかんだ楽しいドラマでした。葵わかなちゃんがおばあちゃんなのは少し無理があったかな、だったらカーネーションの後半のキャストチェンジはなんだったんだろう。

今回は主役よりこの3人がよかった、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり。