「TASCAM」タグアーカイブ

日本で探せないから輸入してみたよ

今日は結論を先に書きます、これを買いました。

PYLE PT-649D

デュアルカセットデッキです、PYLE製。知らないよそんなメーカーって、僕も知らなかった。

ことの始まりはアンプを買い替えて繋ぎ変えていたところ、TEAC AD-RW900のカセット部分が反応しないという故障を発見。レトロなAurexを使っていましたが古すぎて凄い音なので新調しようと。

TEAC AD-RW900使用レビュー

TEACのデッキは4年前に買ったものでした、あまり持たなかったね、でも200本ぐらいのカセットをMP3化したのでお疲れ様。

それでネットで探すんだけど、中古品でも数万円するんです。カセットデッキの中古品は何度も手にして壊れて粗大ごみのシールを貼った過去があるのでもうこりごり。新品は日本のメーカーはTEACとTASCAM(同じ会社)しかないみたい、これらも作ってるのは外国ですが。5~6万するし壊れてすぐ同じメーカーって悔しい(TASCAMは信頼できるんですがね)

そんでAmazon眺めてたらメーカー名も載せずにDUAL CASSETTE DECKっていうのがあるんです。

Amazon スクリーンショット

これがPYLE、知らないので調べたら、アメリカの家電やカー用品などいろんな商品を作っているメーカーのようです。

Pyle Audio: Home Audio | Car Audio | DJ Speakers

新品で2万以下、しかし検索を続けていると思いがけないこと発見しました、「セカイモン」ってサイトですごく安く売ってる

セカイモン

(このブルー-の入ったデザインが良かったんだけど旧型みたい)

なんと10,029円

ただしこれは現地(USA)の出品価格です。仕組みとしては小規模な個人輸入で最初にわかるのが

  • 商品総額:10,029
  • セカイモン手数料:1,503
  • 米国内消費税:829

小計 12,361円

これで終わりではありません、米国から発送の際に配送料が確定、成田での通関の際に関税、国内消費税が確定します。

今回の商品の場合配送料が5,139円、関税や消費税はなしでしたので合計17,501円。

結局Amazonより1,642円しか安くなってないけど・・・

セカイモン面白いです、でも送料や関税があるからそれなりのリスクを覚悟して買ったほうがいいでしょう。


到着

うちに届いた姿はこんなかんじ。

設置、使用レポートは次回。


告知コーナー!

最近新しいバンドに参加させていただいております。大久保以外でも主演する機会ができました。

11月23日(木、祝)

青木ひろみ(オカリーナ)ステージ
(カホンやります)

西荻窪 アケタの家

開演は16:00~、僕が出るのは18:00~

11月26日(日)

なこちぐら

中島みゆきのセッションに顔出してたらバンドに誘われてしまいました。立川のクレイジージャムです。

Chao!

Miércoles,quince de noviembre de 2017

TEAC AD-RW900使用レビュー

昨日購入したデッキが届きましたので少しレビュー。大雑把に機能を説明するとカセットデッキ、CD-R、USBのインターフェースがあり、カセットの音をデジタル化することができます。そのデータをCDに焼くこともできるし、PCやUSBメモリに送ることもできます。面白いのはフォノイコライザーが付いていてレコードプレーヤーも繋げます(MMのみ、価格的に当然)。これをセレクターとしてプリアンプのように使うこともできます。

Amazonのレビューでは、結構ネガティブな書き込みが多くて、例えば

  • 動作音が大きい
  • ワウフラッターが大きい
  • すぐ壊れた
  • CDに焼く時のデバイドが上手くない
  • ドルビーがBしかない

などなど。自分の感覚では動作音やワウフラッターは許容できる範囲で、音が揺れるのは逆に録ったデッキの性能とテープの経年変化かと思います。全体的にちゃちいのは価格からみて仕方ないのかな。そんな中でもTASCAMのボタンの雰囲気を継承してたり頑張っていると思います。
実はTEACの業務用ブランドであるTASCAMでは、CC222-SLMk2という製品を出していて、実勢価格が約60000円と本機の倍します。耐久性や基本性能は当然こちらの方が期待できるのでうるさ方はTASCAMを選べはいいと思います。

つまり価格からみたら十分リーズナブルで、耐久性は使っていかないとわかりませんが、とりあえず及第点はあげられると思います。まださらっと聞いただけで、今後テープのデジタル化など試してまたレビューします。

Moutain Lionで使えなくなりました

昨晩音源を録音しようとMacBookオーディオキャプチャーを繋いだのですが、動きません。オーディオキャプチャーはアナログの音をPCに入力できるデータに変換する機械で、EDIROLのUA-3FXというものを使っています。USBで繋ぐタイプのものです。

何が悪さをしているのか考えたのですが、そういえばOSをMountain Lionにアップデートしているんです。 もしやと思い検索してみたら前のLionの時点で非対応になってました。
いや、家では使えたけどな? まあ何にしろもうお役ご免ということです。
2003年に出たモデルで恐らくそんなに経ってない時期に買っているから、かなりお世話になりました。主な使い道はレコードカセットの音をPCに取り込む事でしたが、いろんなエフェクトがついてて便利だったんです。
SHUREのV15というカートリッジの時はLOW(低音)を少し上げて録音、DENONのDL-103の時はフラットで録るとかできたんました。

さて、ないと困ってしまうから新しいものを探して買おうかと検索しました。
ケーブルだけの安いモデルだと数千円であるのですが、ちょっといいやつでピンとくるものがないんですよね、ROLANDでは後継機にあたるものがないようだし・・・。
10年ぐらい前と違って ニーズが減っちゃったのかな?

そうやってネットサーフィンしてると他に欲しい物が出て来ちゃって危険です。そんな中TASCAMのページを見たところこの前、iPhone、iPad用に購入した、iU2でも目的が果たせそうです。確認が必要ということでネットのウインドウショッピングは終了です。