「高齢化」タグアーカイブ

迫りくる高齢化社会、お年寄りへの親切を考える

昨日ビールなんかを買いに近くのスーパーに行って戻ってきたらマンションの前に手提げ袋が放置してあって、誰のだろう?って思ってたたら道の反対側からおばあちゃんがやってきました。

あーおばあちゃんのかって理解して部屋に戻ろうとしたら彼女僕に話しかけてるんです。歯が少なくなっちゃって聞き取りにくいのだけど、

「このマンションの3階に住んでるのだけど、駅に行きたいのでタクシー呼んでくれ」というような内容。確かに見覚えのある方なので京王タクシーに電話して配車してもらいました。乗せるまで見送ろうと待っている間に「あなたにいくら払えばいい」なんて聞くから、そんなのいいですよって会話

一旦戻って、今度はクリーニング屋に行って帰ってきたら電話が鳴ってて(近くなので電話持たずに外出)出ると、先程のタクシー会社からで「H林さんですか?」と。H林はタクシー呼ぶ時おばあちゃんが名乗った名前です。

それで、僕はH林じゃないんだけどその名前でさっき配車してもらいましたよと回答、するとおばあちゃん駅までいったらお金持ってなくて引き返してそのままマンションの部屋に帰って行ってしまったみたい。仕方ないから代金は僕が建て替えますからってまた玄関でタクシー待ち。

向かいのおうちで休んでたにゃんこ

タクシーの運転手さんに謝って、数カ所蚊に刺されて無駄な親切が終了しました。おばあちゃん惚けてるのかな?乗せてはいけなかったのかな?まあ、家族の方に聞いてみましょう。


夜になって一階下のH林さんの所に行きました、よく考えてみたらここのお宅僕が犬の鳴き声がうるさいってクレームつけてたとこでした(関係は悪くない)。ご主人に事情話したところ、タクシー代と丁寧なお詫びの言葉をいただきました。やはり93歳なのでちょっと惚けてて普段は部屋を出ないんだけど今日はタクシーに乗せてもらったと話してたとのこと。

乗せないほうが良かったですかね?と聞いたら、いやそんなことなです。というので一応安堵しました。高齢化が加速するとこんなこともよく起こるだろうからケーススタディとして記憶しておきましょう。なにより近所の人のこともっと知らないとだめかな。


話変わって、ゴーヤが収穫時期です。今年は売ってるのほどじゃないけどわりと大きい実が成ってます。というのもすごく単純なミスをこれまでしてて、二種類以上の種を使ってたんです。「大願寿」と「あばし」とか、それで交配して雑種の小さい実になってしまったのではないかと。

今年のゴーヤ

Lunes,treinta y uno de julio de 2017

桑名正博さんのことで思う

今日の内容は故人に対して大変礼を失しております。桑名さんのファンの方はお怒りになるかもしれません、あらかじめお断りしておきます。

桑名正博さんが亡くなりました、日本のロックの創世記に「ファニー・カンパニー」を結成し、その後「セクシャルバイオレットNo.1」の大ヒットを飛ばしました。
まだ59歳で、才能あふれる人の死は悲しい事です。

ただ、今回思うのは7月に脳幹出血で倒れられて、それから3ヶ月程延命治療がおこなわれたことが、これからの社会を考えると悩ましいかなって。
ネットの記事での情報なんだけど、ご家族も一度は延命をあきらめかけたけど、気管切開を選択し延命を続けた そうです。その時その時に色々なことが交差して決断しているのだろうと理解します。

今後、高齢化、医療費の増加の中で延命治療にかかる費用割合が必ず問題になってきます。 いわゆるスパッゲティというチューブだらけのような状態でただ命だけがつながっている。本人にも家族にもそれは幸福なことではありません、ただほんの少しでも復活する希望があれば打ち切りたくはない。

悲しい事ですが、この先それができない時代になるでしょう。延命打ち切りの基準を作ることとか、生前の意思確認とか難しい事ばかりですが、僕はむしろそれを進めるべきだと思っています。