「メタルテープ」タグアーカイブ

PYLE PT-649D使用レポート

昨日続きです、まずは取扱説明書見てみましょう。もちろん英語です、でも簡単です。こちとらカセットデッキ使いはじめて40年以上。本来マニュアルなくてもいけるっしょ。

cover

マニュアルはA3の表裏でA4で4ページ。表紙は製品の説明

  • 自動停止
  • 高速ダビング
  • ダイナミックノイズリダクション(後述)
  • 録音レベル調整
  • 110/220電源切替
  • 19インチラック用アダプター付き(後述)

ダイナミックノイズリダクション、いわゆるドルビーやdbxのたぐいなんですが、何の表記もないのでオリジナルのものだと思います。たぶんドルビーBのシステムに似たものでしょう。ライセンス使うと高くなるからオリジナルにしてるんだと思います。

若い人のために書いておくとノイズリダクションはテープの「サー」っていう音(ヒスノイズ)を低減させるためのもので、大雑把に言うと音が小さな時に高音を大きなレベルで録音して再生時には小さくする、その分高音のノイズが減るってやり方です。レコードも録音時にイコライジングをする(RIAA)けどこれは雑音低減と溝の幅を揃えるという2つの目的があります。


19インチラックっていうのはPAなどで使う機器のケースのサイズでそれ用のアダプターがついてます。PAの使用を意識した機種ということ。私は棚に直置きだから使いません、ただし直置きでは少しガタツキがありました、インシュレーターの裏にテープ貼って解決です。

Page1

操作パネル

  1. 電源
  2. カセットホルダー
  3. ダイナミックノイズリダクション
  4. ピークレベル、録音、高速、CrO2/METAL、ERC CrO2各インジケーター
  5. テープカウンター、リセット
  6. 録音レベル調整
  7. カセット操作ボタン
  8. クロームテープ録音ボタン
  9. 高速ダビングボタン
  10. ダビングボタン
  11. クロームテープ再生ボタン

テープには4種類の規格があって、

  • TYPEⅠ ノーマルテープ
  • TYPEⅡ クロームテープ/ハイポジションテープ
  • TYPEⅢ フェリクロームテープ(ほぼSONY DUADを指す)
  • TYPEⅣ メタルテープ

それぞれの説明は割愛しますが、ノーマルとクローム(ハイポジ)は録音再生可能、フェリクロームとメタルは再生可能です。

Page2

操作手順、同シリーズのアンプと繋ぐとリンク機能があるようです。まあこの辺は40年の経験で読まなくても大丈夫。


Page3

仕様

  • ステレオダブルカセットデッキ
  • 4トラック2チャンネル
  • テープスピード 4.8cm/sec
  • 周波数特性(詳細割愛)
  • SN比 58dB
  • ワウフラッター 0.2%
  • クロストーク 40dB
  • 高周波歪 1%以下
  • チャンネルセパレーション 40dB
  • ヘッド Deck A 再生ヘッド、Deck B 録再ヘッド・消去ヘッド
  • モーター DCサーボモーター
  • 入力 ラインイン×2
  • 出力 ラインアウト×2
  • 電源 AC220V,50Hz
  • 電圧 230V,50Hz、イギリス向け 240V,50Hz、アメリカ及びカナダ向け 110V,60Hz

110V,50Hz(東日本仕様)の記載がないのがちょっと不安・・・

  • 電力消費量 W=V×A(P=I×E、中学で習った)
  • 寸法 360mm×128mm×246mm(W×H×D)
  • 重量 4Kg(8.5ポンド)
  • 付属品 ピンプラグコード×2

再生は無難にできましたが、テープをそっと入れてあげないと蓋が閉まらないとかそれなりにコツが要ります。仕方ないね。録音はどうなんだろう。

新品のテープ

近所のクリエイトSDで買ってきました、168円+税。安いんですねテープ。インドネシア製

録音レベルが赤に入るととたんに歪みっぽくなるので抑えめがいいみたい、それなりにきれいな音で録れます。ノイズリダクション試してみましたがはっきり言って×。音がこもってしまいます。

古いミュージックテープでドルビーとの互換を調べたいとこですが今日はここで時間切れ。またの機会に。


告知コーナー!

最近新しいバンドに参加させていただいております。大久保以外でも主演する機会ができました。

11月23日(木、祝)

青木ひろみ(オカリーナ)ステージ
(カホンやります)

西荻窪 アケタの家

開演は16:00~、僕が出るのは18:00~

11月26日(日)

なこちぐら

中島みゆきのセッションに顔出してたらバンドに誘われてしまいました。立川のクレイジージャムです。

Chao!

Jueves,dieciseis de noviembre de 2017

デジタルオーディオとりあえずの完成

前回の「続く」から2ヶ月近く経ってしまいました。その間にチョロチョロいじってとりあえずデジタル化が完成しました。

システム全景

どのように繋いでいるか下手くそなお絵かきで解説します。

配線図

RCAっていうのはいわゆるピンジャックでレコードとカセットは昔ながらのアナログ接続。赤い線がデジタルです。

レコードプレーヤー

TechnicsのSL-1200 MK3、カートリッジはDENONのDL-103

カセットデッキ

TEACのAD-RW900を使っておりましたがCDは再生できるのにカセット部分がうんともすんともいわなくなりました。修理に出そうかとも考えてるのだけど、とりあえず職場の移転時に拾ったAurexのPC-X10Mってやつを設置してます。Aurexは東芝のオーディオ用のブランド。詳しくはわからないけどメタルテープ対応でアナログのVUメーターなので1980年前後の製品かと思われます。カセットについては新プロジェクト進行中なので後日ご報告。


ここからデジタル篇、そもそもこの作業は買ったアンプにデジタル入力があったのがきっかけで、ずっと古いアンプ使ってたからずいぶん遅れたことやってると思ったらそうではなかった。ピュアオーディオではデジタル端子にあまり積極的でないようでまだそんなに多くないです。このmarantzのアンプのライナップは5005,6006,7005、8005とあるんだけど、5005と8005はデジタル入力がありません。下位モデルはコスト的なことだろうけど上位モデルはこだわりだと思います。結局どの段階でD/A(デジタル/アナログ)変換するかという話で、そんなコンピューターみたいな回路をアンプに組みたくないってことじゃないかな?

Mac Express、デジタル変換器、BDプレーヤー

ではご紹介に戻って、この辺は新調したもの。白い四角いのがAirMac Express、iMacやiPhone、iPadの操作で音楽が流せます。これを光デシタル(optical)でアンプに繋いでます。

ディスクを再生する装置としてPioneerのBDP-3140-Wを購入しました。13,000円ぐらい恐らく最安値で買えるデジタル出力のついたBDプレーヤだと思います。音声はopticalの出力がついています。

黒い四角いのはoptical、coaxialの変換器、opticalは光ファイバーでデジタルデータを転送、coaxialは金属の同軸ケーブルでデジタルデータを転送します。配線については後述。

J:COMのセットボックス

時計は関係ないです、以前はテレビの下にいたセットボックスをこの度こちら側に招待いたしました。これもopticalの音声出力。

ここで問題が、アンプの入力はoptical(光)が2、coaxial(同軸)が1なのに用意したのはみんな出力がopticalのみ。なのでBDは変換器を中継してcoaxialにしてアンプに繋いでおります。


ここから映像篇

EPSONプロジェクター

ホームプロジェクターとテレビ、同時では使わないけど両方につなぎたいので切替器で接続してます。

切替器

水色のやつ、HDMI入力1で左側がプロジェクター、右側がテレビに繋がっています。この状態ではセットボックスから入力。左のつながってないのがBDプレーヤーから来てるやつでここだけは手動で繋ぎ変えです。

プロジェクターの場合は本体の音がしょぼいのでアンプから音出してます。テレビはどちらでもいいんだけどアンプ経由のはほんの僅か音が遅れます。両方出しててるとディレイかけてるようになる。遅れたやつで観てるとズレが気になる時とならない時とあって大体は本体で音出してます。プロジェクターで見るのは多くが映画だけどこちらは気になりません。

今のところデジタル化でお腹いっぱい。ハイレゾなんかはまた気が向いたらやってみよう。

chao!

Lunes,treinta de octubre de 2017