「ハバナ」タグアーカイブ

夏休み読書感想文~マフィア帝国 ハバナの夜

マフィア帝国 ハバナの夜
マフィア帝国 ハバナの夜

この夏読んだ中の一冊、今年の新刊本で7月末に入手しました。自分が期待してた革命の話はごく一部で、メインはマフィアの変遷を描いてます。

革命前のキューバはバティスタ大統領という超親米な政権で、キューバ政権はアメリカの裏社会とも結びつき、観光、娯楽さらにギャンブル、犯罪の温床となっていました。その裏社会がマフィアで、その流れは禁酒法時代から続いています。

ハバナをラスベガスを超える大歓楽街にしてその利権を手にしようというそれぞれの思惑の中、革命によってキューバは髭の男(フィデル・カストロ)の支配に落ちてしまいます。

何人ものマフィアのエピソードを時系列で細かく綴っていて読んでて飽きません、難点はカタカナに弱い私には途中で整理が付かなくなってくること。


この本の一部が映画の「ゴッド・ファーザー」なんです。映画(元は小説)だから名前は違ってるけどほぼ近い人物がいます。これも本に細かく紹介されています。ということでまたこの映画観たくなって。

そしたらちゃんとAmazonビデオにあるんですよ。

ゴッド・ファーザー三部作
ゴッド・ファーザー三部作

おかげでここのところ仕込みもしなくてはいけないのにiPadでこれ観る時間が増えちゃって~

パートⅡにキューバ革命のシーンが出てきます、もろハバナの景色だけど当時(1970年代)アメリカ人がキューバでロケなんてありえないのでドミニカでセット作ったそうです。


カストロとゲバラは今でもキューバ革命の英雄ですが本の中ではバティスタと生々しい権力争いをしていることが書かれています、結果的にはカストロがアメリカの支配から開放するわけですが、だからといって100対0で正義とはいいきれません、キューバはこの後経済的には困窮した状態がずーと続くのです。

中国の蒋介石と毛沢東もそうかもしれません、毛沢東は農民に一度は土地を開放して人気を得て農民主体の革命を成功させますが、革命にこだわるあまり経済をおろそかにして鄧小平の改革開放の頃には台湾と大きな差がついていました。

共産主義の欠点として、共産主義は理想なのでそれを実現する犠牲はやむえないと考えていることだと思います。暴力で革命を成就する、反共産主義者は粛清される。これは比較的まもとな共産主義者カストロでも実行した事柄です。

絶対的な正義も逆に悪もないんだな~って、少しでも多くの人が幸せになれる社会がいい社会なんじゃないかなって結論。

Miércoles treinta y uno de agosto de 2016

夏休み絵日記(すみだジャズ)

今年の夏休みの絵(写真)日記を何日か紹介します。まずは一番最近、この前の日曜日、8月18日の「すみだジャズ」から。

すみだジャズ、正式には「すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル」。今回で第4回目、錦糸町駅周辺及びスカイツリーソラマチ)周辺の多数の会場でジャズの生演奏が行われるというイベント。2日開催で今年は8月17、18日でした。
ちなみに第1、2回は錦糸町周辺のみでスカイツリー開業後の昨年第3回からスカイツリー周辺も加わりました、今年は33会場

実は17日も知ってる方が出られていたので行きたかったのですが、2日ともは厳しく18日に決めてしまいました。


にーると13時に錦糸町北口で待ち合わせ、駅周辺を探索。路上の会場にいくつかバンドが出て演奏していますがメイン会場がある錦糸公園に向かいます。

すみだジャズ スカイツリー

ハイネケンステージで生ビールを買って(ハイネケンじゃなくてキリン一番搾り)バンドを鑑賞。やはり駅前よりステージも大きく迫力があります。そうこうしているうちにメインステージが賑やかなので移動。

メインステージでは「オカザえもん」登場とのこと、僕はそのキャラを知らなかったのですがにーるは知っていました。

オカザえもん1

オカザえもん2


屋台でモヒートを買って公園を出ました。今回はスカイツリーの方の会場に足を伸ばす気はないので、またしても駅前探索。お酒を飲みながらいたるところでラテン音楽が聞こえるって楽しい。ハバナとは違うけど日本も捨てたもんじゃないですよ。

すみだジャズ

こちらはなんかニューオリンズ風のイカしたバンドでした。


さて時間は15時過ぎ、疲れてきたのでひとやすみ。南口に移動し楽天地ビルの「金の蔵・東方見聞録」に行こうとしたら17時から営業とのことで入れません、こんな日には早くオープンすれば稼げるとおもうのだけど。
そうそう金の蔵と東方見聞録は似てると思ったら同じ経営なのですね。仕方なく一階下の「土風炉」でビールと日本酒、やはりまあまあお客さん入ってました。


気分が良くなったところで今日の目的、高校の友人「宮原君」のバンド「Knights of the night」を鑑賞。日の傾きはじめた下町に女性ボーカル、壁谷洋子さんの歌うスタンダード・ナンバーが響きます。

knights of the night 1

knight of the night 2

knights of the night 3

にーると「ジャズもいいね」なんてすっかり感動しました。
大きなステージ以外は17時で撤収なので再び公園に向かってみると、「電撃ネットワーク」のステージ。

電撃ネットワーク

これのどこがジャズ?ってツッコミもあるのでしょうが、変わらない姿に満足して錦糸町を後にしました。


その後新宿に移動し「思い出横丁」で一杯、ラジオ収録。最後はバンプに乱入して夏休みの最後の日が終わったのでした。

モヒート 2.0

ハバナのバーでバーテンさんがモヒートを作っているのを舐めるように観察してきたので、帰国後早速作っています。
2010年5月16日の写真なので帰ってきて1週間後です。

IMG_1966

この時の材料です。
黒糖の粉砂糖
ミント:レモンバーム
レモンジュース
ラム(ハバナ・クラブ

レモンバームはキューバに行く前からずっとベランダで栽培していて、見た感じが似ていたから代用しました。
ジュースは何使ってたのかわからなかったのでレモン。
IMG_1970

飲んだ感じまあまあ似ていたけど、レモンバームとレモンジュースで酸味が強くなっちゃいました。あと粉砂糖は溶けにくい。

http://d.hatena.ne.jp/takeichiro/20100516

その後何度か人前で作ったり、自分で楽しんだりしているうちになんとなくレシピができて、それなりの評判をもらったりしていました。
ただ、自分の中では甘みに納得がいかず、市販安いのガムシロップ(異性化糖)より砂糖のほうが美味しい、でも溶けない。なので今回は沖縄で買っていきた黒糖でシロップを作ろう!という作戦にでました。

IMG_0793

名付けて「たけモヒート2.0」レシピ公開です。

1.シロップ
・砂糖(黒糖)を倍の重量の水に溶かす(溶かしきらなくてもよい)
・それを火にかけ、沸騰してきたら中火で5分煮る
・冷ます

今回は黒糖80gで作りました、モヒート10杯分くらいです。

2.モヒート(200mlグラス)
・シロップ25ml、ライムジュース25mlにミントを加え、ミントの葉を潰すように混ぜる
・ラム50ml、氷を入れ縁までソーダを加え軽くステア。

実はこれだけなんです、でもその辺のバーで飲むより美味しいですよ。

 

モヒートもいいけどビールもね

ワイン作りにはぶどうの栽培が欠かせませんが、ビールは必ずしも大麦ホップの産地である必要がなくあちこちで醸造されています。ぶどうは収穫後すぐに使わなくてはなりません、一方ビールの材料は乾燥させて運搬できます。だから日本でもたくさん作られています。ワインが農業的なのに対しビールは工業的、どこでもちょっと近代化するとビール工場ができます。

キューバのビールはCRISTALBucaneroもメーカーは同じ(国営なのであたりまえか)でタイプがfuerte(英語のstrong)です。熱帯のビールはおおよそそうですが水代わりに飲むような軽いタイプのビールです。Bucaneroも文字通り黒いけどさほどコクはないです。アルコールは強め
バルだとモヒートを頼むことが多いいです。ビールを頼むとグラスやサーバーの生でなく、かなりの率でこれらが缶や瓶で出てきます。

20130508-181409.jpg

20130508-181506.jpg

バラデロのホテルはオールインクルーシブ(込み込み料金)でした、。ビールは缶ではなく生をサーバーからプラカップに入れてサービスしてくれます。
生ビールのサーバー使った事があるとわかると思うのですが、しばらく使ってなかったり、ビールが切れてくると泡ばかり出るときがあります。そういう時はそれを捨ててきれいなのが出るまで待つのですが、キューバは違いました。

ピッチャーに泡だらけのビールを入れて、そこにを入れてガチャガチャ混ぜます、それをカップに入れて差し出されました。

「???ありっ???」

まあね、それでも飲みましたよ。でもね飲み終わってもそのピッチャーにはまだ氷ビールが残ってたから、二杯目はモヒートにしました。

世界遺産、ハバナ旧市街

富士山世界遺産に登録されることになりました。一方鎌倉は今回、選に漏れたようです。世界遺産であろうがなかろうがいい場所にかわりはないので、自分は鎌倉は今のままでいいと思います。

20130502-164324.jpg

ハバナは旧市街が世界遺産に登録されています。世界遺産の中で人々が暮らしているのです。主にスペイン統治時代のコロニアル建築の建物で、いくつか要塞もあります。この島が大国のパワーバランスの中でどういう存在だったのか想いは大航海時代に遡ります。

 

20130502-191457.jpg

 

石で建物を作ってある上に、日本のように地震が多くないから古い建物をまだ利用できているのでしょう。しかしそれぞれはだいぶガタがきていて修理をしながらだましだまし使っている一面もあるようです。

我が国の政治家は「ハコモノ」を作るのが大好きで、おかげでどこの街も似たようなビルで囲まれてます。その代わり個性が少ないですよね。

大きな災害がなく過ぎていけば100年後、200年後霞ヶ関ビル、東京都庁、六本木ヒルズなんかが歴史的建築物になるのでしょうか?無理かな。

ハバナで観たキューバ音楽(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ)

カフェ・タベルナ看板

これがカフェ・タベルナで観たライブの看板で、ロベルト・ファズというバンドとブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのメンバーとのコラブです。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブはライ・クーダーの編集したアルバムと映画があまりにも有名です。映画のヒットで一時期は日航がハバナへの直行便を就航させたと聞いています。(曖昧な情報です、すみません)

映画から10年以上経つのでコンパイ・セグウンドなど亡くなられた方も多く、この看板のメンバーは当時の若手だったと思われます。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

まあ若手といっても老練ミュージシャンを描写したアルバムであり映画ですからこのようにそんなに若くはありませんが・・・。

ハバナで観たキューバ音楽(Cafe Taverna en Habana)

ハバナでそれなりのライブを観たいと思い行ったのが「Cafe Taverna」。スペイン語のお勉強を始めると「食べるな居酒屋」みたいに覚えるのですが、大雑把にカフェは喫茶店、バル(bar)、タベルナは飲み屋さん。それにレスタウランテ(restaurante)も加わると日本人の感覚では区分しにくいです。まあそのカフェとタベルナの両方を名前にもつお店。

夜のステージで入場料が50cuc。1cuc(互換ペソ)はおおよそ1ドルで当時は90円ぐらいでしたが手数料など考えて1cuc=100円で考えていました。
この値段どう思います?はじめはちょっと高いかなって思ってました。

カフェ・タベルナ(1)

こちらは店内のカウンター、古い店なので重厚な内装で天井も高いです。ドリンクも結構いろいろ置いてあります。多くの人はまずモヒートをたのみますが。
席についてからわかったのですが、ディナー込みで50cucでした。だったら安いですね(後でもっとお得感を味わいます)。

カフェ・タベルナ(2)

ステージ全体ははこんな感じ、奥に立っているのが演者です。そんなに広いハコではないのできっちりPAやっているわけじゃありませんが、迫力はバッチリ!
ジャンルはキューバのソンです、構成は管楽器とパーカッション、トレス(ギターを小さくしたようなやつ)など。

次回へ続きます。

Crisis de los misiles en Cuba(クリシス・デ・ロス・ミシレス・エン・クバ)

Crisis de los misiles en Cuba:キューバ危機

北朝鮮がミサイルを発射するのではといわれてここ数日音沙汰なしです。できれば安穏に済んでくれればいいと思います。ただ、北朝鮮は遅かれ早かれ国体の変化が必要ですからそれに向けた混乱が隣国である我が国に影響するのも避けられないかと思います。

考えてみればわずかしか離れていない国がコントロールが出来ていると思えない核兵器を手にしているってうすら怖ろしい事ですよね、なんとなく慣れてきちゃった気がします。

1964年に世界が実際の核戦争に突入するかもしれない事件がありました、キューバ危機です。
ソ連のフルチショフとキューバのフィデル・カストロがアメリカに反発しキューバ国内に核ミサイルを配備し、対応に苦慮したアメリカはジョン・F・ケネディの指示のもとフルチショフとの交渉で危機を脱しました。

fidel

トリニダのバスターミナルに飾ってあったフィデル(taquillaはチケット売り場という意味です)。彼は存命中は銅像などをつくらないようにという方針で、街中のプロバガンダにゲバラやホセ・マルティのものは多くありますが、カストロは多くありません。

話は戻って、フィデルは自分の頭越しのソ連とアメリカの和解に不満だったそうで、核攻撃を本気で望んでいた節があります。当時、フィデルが37歳、過激な共産主義者の一面がうかがわれます。ちなみにケネディ大統領は45歳。若い指導者達が世界戦争の鍵を握っていたのですね。

今回の北朝鮮の指導者は更に若いです。

tank

ハバナの革命博物館の前に飾ってある戦車、メモリアルで自国の成り立ち、防衛なんかを認識しておくのは大切だと思います、日本でも靖国神社に行けばいろいろ見られるのですが。

Estudiante(エストゥディアンテ)

estudiante 学生

昨日キューバの医療水準にふれました。共産主義は運用によっては平等に教育を施すのに適した制度で、実際キューバではそのようになっています。

Wikipedia:識字率による国順リスト

これによるとキューバが一位、その下にはG8といわれる先進国ではなく旧ソ連の国家が頻繁にでてきます。日本などは同率23位の99%です。この数字について言うと、我々の周りで文盲なんて感じませんよねそんな水準だと思います。恐らく95%を切るぐらいから「字が読めない人」の存在を感じるんじゃないかな。

小学校

ハバナの小学校と思われます、制服が可愛いですね。インターネットはほとんど繋がらないし、日本のようにゲーム機などありませんから、ある意味子ども達には幸せなのかもしれません。

スクールバス

これはハバナのスクールバスですが、形や色がアメリカのバスに似てますよね。実際アメリカ製で革命前って程古くない。なんで?
確証があるネタじゃないのですが、アメリカの団体が寄付いたものらしいです。ハバナだけじゃなく全土で走ってますからそれなりの台数が入ってるみたいです、さすがに教育のためだから許可されたのでしょう。

 

Música en la calle(ムシカ・エン・ラ・カジェ)

música en la calle ストリートミュージック

ハバナの旧市街では街をあるいていると自然と生バンドの音楽が聞こえてきます。日本でも駅前などにストリートミュージシャンがいることはあるのですが、いくつかの点でハバナのストリートは印象的です。
ラテン音楽であること、日本に比べ人口的な雑音が少ないこと、いろんな立場の人が演奏してると思うけどほぼ皆が職業で、日本の様に将来プロに成ることを目指してストリートに立つなんてことはないはずです。そんな体制の国ですから、おのずと演奏レベルも高い。

カテドラル広場のバンド

ハバナのPlaza de la catedral(カテドラル広場)で見たバンドです。テントの奥が店になっていて客引き用にも店内BGMにもなります。
バンドのスタイルはパーカッションとギターは必ずいますが、あとは管が入ったりいろいろです。アフリカのリズムとスペイン由来のギターが融合したというラテンのルーツを考えると当然なのかもしれません。

ホテルの中庭

こちらはストリートでなくホテルの中庭、パーカッションがボンゴ、カウベル、ブロックとか使ってますね。注目はボンゴの黒い皮、何でも資材不足のキューバではレントゲンのフィルムが使われているそうです。医療大国である別の顔も感じさせる光景です。