「ソテツ」タグアーカイブ

GWは歩くためにあります、写真で観る旅行記~最終回-高松うどん食べ歩き、こんぴらさん篇

最終回です、オジサンのひとり旅で6回も引っ張ってごめんなさい。大島うどん終えて、こんぴらさんに向かうので再度琴電に乗ります。

琴電琴平行き
琴電の線路

駅の対向以外は単線

なんかすごく池が多いように感じました、高松に多いのか香川県に多いのか、四国に多いのかはわからん。

琴平町観光案内版
こんぴらさん参道口

着いた!お天気は降りだしそう雲行き、もし降ったら途中でビニール傘買いましょう。

参道
宗家 金毘羅饂飩 狸屋
生醤油うどん

本日の3杯目、生醤油うどん、ここからビールも参加です。

振り子時計

宗家で狸だけあって、渋いお店でした。

中野うどん学校

ここはうどん打ちが体験できるらしい、そんな時間ないけど

ソテツ!

ここにもありました!見事な枝ぶりです。

登り始めます

しばしばこういう門が出てきます、ここまでの様に感じるけどもちろん終点はずっと先

五人百姓

ブラタモリでもやってたけどここから先は神聖な場所で商売ができるのはこの5つの出店だけです。ただここで売ってるのと同じ飴が下のお店でも売ってました。

旭社

登って、登って~

御本宮
御本宮近くからの眺め

到着!登るのは30分かかりませんでした。降りてから知ったのだけどここまで785段、奥社(おくしろ)っていうのがあってそこは1368段なんだって。そっちまで行かないと本当に登ったことにならないのかな~

それにしてもこの高さまで社や階段を人力で作り上げたんだよね、途方もない

トウカイ・スタント号
月琴号
モルツマーメイド号

奥社のことを知らないのでささっと降ります、でも行ってたら雨に降られたし時間も足りなかったでしょう。

登るときはわりと一気に、帰りはゆっくり降りました。

紀の国屋本店

青山のスーパーではなく

舟々せんべい

おせんべいやさん

行きにソテツを写した場所なんだけど、ここで籠が控えてます。奥社まで往復6500円だって。

中野うどん学校
てんてこ舞

本日の4杯目、中野うどん学校の店舗てんてこ舞にてぶっかけ(熱)にお揚げと温玉、地ビールもオーダーしました。ここのうどんは腰があってもちもち。

いよいよ帰路です。

JR琴平駅

琴電待つ間JRの駅も見学

シゴハチの動輪

昔の蒸気機関車の動輪、国鉄規格だから狭軌です。

3度めの琴電、この乗車中だけやや強い雨が降ってましたが結果的に傘はなしで済みました。

空港通り駅

ここの駅からバスターミナルに行けるはず。

石丸うどんの看板

この石丸のさぬきうどんはブームになるはるか昔から乾麺で売ってるの知ってました。

バス停

バスターミナルだと思っていたらバス停があるだけでした。待ち人も3人ちゃんと来るのか不安。

ことでんバス

ちゃんとしたバスが来て無事空港に着きました。

さぬき麺業 空港店

本日の5杯目、わかめうどん、一番搾り生付き。

かけを食べてなかったのでおつゆが張ってあるのはこれが最初で、つゆの美味しさを実感しました。いりこが強いのかな、好きです。


空路羽田、ハイウェーバスで調布へ。これにて私のGW旅行は終了しました。

5月6日のレコード

両足の親指の爪の内出血という思いでを残した旅行でした、今回、人間はタイムマシンは作ることはできないけれども、旅をして想像することによって過去を感じることができるんだなって感じました。

日本の国土は森林が8割を占めていて住めるとこは多くが川が開いだ扇状地。だからこそ水に恵まれて、比較的豊穣な場所になるんですね。ブラタモリ勉強になります。

Jueves,dieciocho de mayo de 2017

GWは歩くためにあります、写真で観る旅行記~岡山篇

5月5日(金)

岡山の朝は薄曇り、今日は歩く量をセーブしながら高松への移動の時間まで観光を楽しみたいと思います。

岡山駅
岡山観光マップ

とりあえず岡山城と後楽園を目指します。

路面電車

岡山にも路面電車があるんだけど

桃太郎大通り

行きは桃太郎大通りを歩きます

さる
少女
若き日の母

いろんな銅像があります、桃太郎に関係あるのやらないのやら

路面電車
路面電車
石山公園

お城近くの公園に到着

後楽の森
平和の像 大桐國光作
旭川と岡山城

お城が見えてきました、対岸に後楽園があります

岡山城
岡山城案内
岡山城案内
昔の石垣
石垣説明
ソテツ

ソテツ好きなので見事なのがあるとうれしくなります

城門

それではお城へ

岡山城近影
岡山城近影

入館時刻(午前9時)直後なので列ができてます僕も並ぼう。

つつじ

並んでる時に撮ったツツジ(サツキかも)、きれいです。

金鯱

岡山城は宇喜多秀家が築城しました。元からこの地に宇喜多家がありましたが、秀家が秀吉の養女(前田利家の娘、豪)を嫁に迎え後に豊臣の大大名になります。この豪華な金鯱(きんしゃち)も豊臣恩顧の証だとか。ただし今の岡山城は再建です。

秀家は関ヶ原で西軍で敗北、流罪となり。小早川秀秋が入城、しかし早世のため断絶しその後は池田家の支配となりました。

天守より

天守から後楽園が見えます、そちらへ行ってみましょう

後楽園石碑
岡山城

後楽園側から見る岡山城が美しい

後楽園南門

おお!ここにもソテツ

ソテツの花

花嫁、花婿

結婚式らしい

茶畑
岡山城を借景に
おかやま観光キャラバン隊
カメ

いましたカメくん、前にいるのがミドリガメ、登ってきてるのがクサガメだと思われます。可哀想だけどこういう公園のミドリガメは駆除したほうがいいと思うな。

後楽園正門

日本三名園と言われているのが金沢の兼六園、ここ、水戸の偕楽園です、この話高松篇でまた触れます。

岡山城、後楽園、夢二郷土美術館(+路面電車とバス)のチケットのセットを購入しました、次は美術館へ

鶴見橋と柳

朝は薄曇りでしたがこの時間は晴天になりました。

夢二郷土美術館
美術館内部

館内はここ以外は撮影禁止

蓬莱橋

蓬莱橋美術館へ旭川を渡すこの端に竹久夢二の絵が展示してあるのでそちらをご覧ください。

旭川と蓬来橋
夢二の詩

川沿いのタクシー乗り場付近に紛れこんでました、前半の目的を達したので、路面電車で駅に戻ります。その傍ら今回の旅行であまり見てなかった鯉のぼりをたくさん発見

橋から岡山城

路面電車

これは反対方向

夢二記念デザイン
路面電車

岡山駅到着

ビストロ HOT DININNG
ビストロ HOT DININNG
ランチ

午後池田動物園に行こうかと思ったのですが、バスの乗り継ぎが悪く、歩けないこともないんだけど午前中もそうとう歩いたし足痛くなってるのでこの辺を徘徊することにしました。

桃太郎

桃太郎撮るの忘れてた、いぬ、さる、きじ、はと

地ビール、瀬戸のしずく

商店街で「ゴールデンフェスタおかやま」っていうのやってました、このビールはなんかクセがありました。

バンド演奏
キューバサンド

キューバサンド食べたかったけどお腹いっぱいなので

試飲会

3杯か5杯かを1000円で飲める、すごい種類

美容院に楽器
アカペラグループ

そんなわけで岡山とお別れする時間も迫ってきました、次回は瀬戸大橋渡って高松へ。chao!

Jueves,once de mayo de 2017

GWは歩くためにあります、写真で観る旅行記~灰ヶ峰登山、岡山行き篇

登山開始です、ルート案内があるけど山の上に行く道はひとつだろうと確かめもせずに進んでいきました。

灰ヶ峰ルート案内図

アスファルトの道から左側に「灰ヶ峰へ(尾根ルート)」って看板があったので迷わずにそちらへ。

登山路

写真ではわかりにくいけどかなりの勾配の坂道がずーと続いています。勢い良く登り始めたものの10分ぐらいで汗が吹き出てきて動悸も上がってキツイ状態。20分ぐらい歩いたら道端で少し休んでまた登り始め、坂のキツさは変わらないのでそのうち5分進んだら5分休んでるような状態、しかも上からも下からも誰ともすれ違わないので終いには道の真ん中で座り込んで・・・

これを1時間半とか無理だよな~降りちゃおうかなってくじけそうになったけど、降りるは降りるで急な坂を下るわけで転びそう。

灰ヶ峰(google map)

この地図の白い道が舗装された道で、私は一般人はあまり使わない登山用のルートを選んでしまったらしい。しかし位置情報によるともう半分は過ぎたし、先に行くと道が少し広くなるので傾斜が和らぐのではと前向きに考え、休みながらiPadで場所を確認しながら前進します、もう引き返すことはできません。

広場到着

登山開始50分頃、山道の視界が開けはじめて人を発見しました。そしてこの先は展望台、到着です。

灰ヶ峰から呉中心街を望む
阿賀方面

結果、約一時間で登山完了。この時点でかなり消耗しており展望台撮ったりするの忘れました。展望台までは車で来ることもでき、数人の人がおりました。オートバイの人もロードバイクの人もいましたが、自転車は大変だろうな~

登ったら食べようと駅のセブンイレブンでお弁当買ってあったけど食欲ゼロ。ひと休みして数枚写真を撮って下山することにしました。

山頂の気象レーダー

神山峠へ(尾根ルート)

つまり車が通れる道は勾配は急じゃないけど距離が長い、こちらだと1時間30分はかかる、うっかり登って来たのは登山道でショートカットだけどキツイ。帰りどうしようかってあの山道はもう見たくないので車道でのんびり下山します。

帰りはのどかで車は時々通るけどやはりすれ違う人もいなくて好天の山の中気持ちよく歩いています。

標識

下山30分後ぐらい、あと3.6kmだから50分ぐらいかな。

休憩所
中国自然歩道
休憩所

こっちのルートはいくつも休憩所があって便利

下山の途中で

あの上りの急斜面では1枚しか写真撮ってないのに帰りは撮りまくり。こっちで登れば良かったかなとも思えますが、どちらも経験できて良かったのではと。

神山峠バス停付近

下山は1時間20分ほどでした、帰りのバスが来るまで1時間以上あるのでここでお弁当食べちゃおうと思うのですが、ベンチは破壊されています、さっきの休憩所で食べとけばよかった。

お墓の一角

道端で広げるのも気が引けて、付近にあったお墓の一角をお借りしました。

バス停近くの棚田
虫刺され

右足に痛みが、どうもブヨに刺されたみたい。検索したら悪化するかもって書いてあって怖い~。(腫れたけどさほどではありませんでした)

足の疲労がこの頃からけっこう来てまして、この先はあまり歩かないで済む作戦にしようと考えてました。


バスで駅まで、行きにもかかったんですが「本通り7丁目」てバス停の案内に「千福一杯いかがです」って歌が入るんです。

千福醸造元

千福は呉のメーカーだったんですね。

唄:ダークダックス、作詞:サトウハチロー、作曲:いずみたく

長崎ちゃんめん

「長崎ちゃんめん」西日本では有名なの?


呉から岡山行きのバスがある紙屋町へ。広島駅からは広島電鉄の路面電車です。

広電、路面電車
路面電車
チケット

予約してたチケットを購入し出発までの間原爆ドームを見に行きます。


ビールフェア

なんですかこれは、ドームの隣の公園でオクトーバーフェスト的なことをやってます。行きたいでも時間がな~い。

ドーム敷地のソテツ
演奏会

ドームの横の川の対岸でなんか演奏してました。

路面電車
路面電車

バスセンターに戻って岡山へ

バスからビールフェアを

バスに乗り込んでも未練がましくビールフェアを見てます。

ビールとおつまみ

これでがまんしなさい

バスセンターの自販機

どうもすみません

5月4日のレコード

よく歩きました、岡山篇は次回。chao!

Martes,nueve de mayo de 2017