「キューバ」タグアーカイブ

夏休み読書感想文~マフィア帝国 ハバナの夜

マフィア帝国 ハバナの夜
マフィア帝国 ハバナの夜

この夏読んだ中の一冊、今年の新刊本で7月末に入手しました。自分が期待してた革命の話はごく一部で、メインはマフィアの変遷を描いてます。

革命前のキューバはバティスタ大統領という超親米な政権で、キューバ政権はアメリカの裏社会とも結びつき、観光、娯楽さらにギャンブル、犯罪の温床となっていました。その裏社会がマフィアで、その流れは禁酒法時代から続いています。

ハバナをラスベガスを超える大歓楽街にしてその利権を手にしようというそれぞれの思惑の中、革命によってキューバは髭の男(フィデル・カストロ)の支配に落ちてしまいます。

何人ものマフィアのエピソードを時系列で細かく綴っていて読んでて飽きません、難点はカタカナに弱い私には途中で整理が付かなくなってくること。


この本の一部が映画の「ゴッド・ファーザー」なんです。映画(元は小説)だから名前は違ってるけどほぼ近い人物がいます。これも本に細かく紹介されています。ということでまたこの映画観たくなって。

そしたらちゃんとAmazonビデオにあるんですよ。

ゴッド・ファーザー三部作
ゴッド・ファーザー三部作

おかげでここのところ仕込みもしなくてはいけないのにiPadでこれ観る時間が増えちゃって~

パートⅡにキューバ革命のシーンが出てきます、もろハバナの景色だけど当時(1970年代)アメリカ人がキューバでロケなんてありえないのでドミニカでセット作ったそうです。


カストロとゲバラは今でもキューバ革命の英雄ですが本の中ではバティスタと生々しい権力争いをしていることが書かれています、結果的にはカストロがアメリカの支配から開放するわけですが、だからといって100対0で正義とはいいきれません、キューバはこの後経済的には困窮した状態がずーと続くのです。

中国の蒋介石と毛沢東もそうかもしれません、毛沢東は農民に一度は土地を開放して人気を得て農民主体の革命を成功させますが、革命にこだわるあまり経済をおろそかにして鄧小平の改革開放の頃には台湾と大きな差がついていました。

共産主義の欠点として、共産主義は理想なのでそれを実現する犠牲はやむえないと考えていることだと思います。暴力で革命を成就する、反共産主義者は粛清される。これは比較的まもとな共産主義者カストロでも実行した事柄です。

絶対的な正義も逆に悪もないんだな~って、少しでも多くの人が幸せになれる社会がいい社会なんじゃないかなって結論。

Miércoles treinta y uno de agosto de 2016

世間じゃポール、ポール言ってるけど、オレたちはキューバだサルサだぜ!

そりゃポール・マッカートーニーも行きたいけど、なぜかそんなに自分の中で優先順位が上がらないのだよね、なにしろ高いし・・・。そんなんで、オマエほんとにビートルズファンなの?って言われたらゴメンナサイ。

というわけで昨日はキューバ旅行の三人組、まち、ゆこと僕で品川プリンスホテルの「ステラボール」に「RYU’S CUBAN NIGHT」というライブを観にいってきました。

ダウンロード

RYUっていうのは作家の村上龍氏で、有名なキューバ通です。彼のプロデュースするキューバンライブでなんと今年で20周年とのこと。今年は、NG LA BANDA(エネヘ・ラ・バンダ」というバンドが出演。
(※Nはスペイン語で「エネ」Gは「ヘー」です、ちょっとなじみがないですよね。)

今回は90年代初頭のメンバーということで平均年齢は若干高め。メンバー全員のクレジットはわかりませんが、

  • ホセ・ルイス・コルテス(リーダー):ボーカル、フルート
  • トニー・カラ:ボーカル
  • マジート・リベラ:ボーカル(ゲスト)
  • タニア・パントーハ:ボーカル(ゲスト)

楽器隊は、ピアノ、ベース、ドラム、パーカッション、アルトサックス、テナーサックス、トランペット×2


18時開場、19時開演なので18:40分頃開場に着いたのですが、会場はまだ閑散としていて静かな雰囲気。料金は指定席が10000円(予約9000円)、スタンディングが6000円(予約5000円)です。後方に一段高く指定席があり前方がスタンディングのエリアになっています。ビールを飲んで話しながら待っていると、19時をまわって龍氏が登場。ややぶっきらぼうにバンドを紹介するとライブの始まりです。

その頃になってくると満員電車のように人が入っていてトイレに行くのも一苦労なほど、みんなリズムをとっていて、中にはそんな中でもサルサを踊りだす人も!僕なんかよりはるかにキューバやキューバ音楽に詳しい人がいっぱいいるようで、曲が始まるごとに大歓声(僕などは、あっ聞いたことがある程度・・・)。その熱気でこちらも興奮してきて楽しくなります。

気がつくと、21:30を過ぎていて最後の曲の紹介はなかったのだけど、龍氏が再登場してタニアに花束を渡したところでセット終了~アンコール、ノンストップでほぼ2時間半のステージを演奏してくれました。バラードも数曲あったけどほとんどがアップテンポのサルサだからミュージシャン、特にドラムの人凄いです。

そして僕たちの、そして会場みんなのキューバンナイトは終わっていきました。感想はいつの如く「またキューバに行きたくなっちゃった

日が明けて今日からは日曜日のセッションとリハに向けて追い込みです。


メンバーやセットが違うけどこのバンドです。


Podcast「ペーラジオ」よろしくお願いします。

ペーラジオ

ライブ、セッション日記 2013その21

8月11日 「第11回 聖子・明菜セッション」 at bumpcity

恒例の「聖子・明菜セッション」今年3回目、僕の担当は依然として明菜の曲が多いです。

松田聖子

  • 青い珊瑚礁
  • 裸足の季節
  • 瑠璃色の地球
  • Rock’n’roll Good-bye

中森明菜

  • I missed “The shock”
  • 北ウィング
  • 恋路
  • サザンウィンド
  • TANGO NOIR(Ver2010)
  • Desire
  • 難破船
  • 1/2の神話(EAST LIVE)
  • 二人静
  • ミ・アモーレ
  • LA BOHEME
  • 乱火
  • 十戒

 

で、このセッションの後に「モヒートパーティー」を開催。ちょっとモヒートのこと書きます。

昨年あたりからバカルディー社がキャンペーンやったり製品としても出てきてていろんなところでモヒートが飲めます。先日いった「すみだジャズ」でも屋台で売ってました。

売り子のお兄さん慣れてないようで周りのスタッフにレシピを聞いて作っていました、まずシロップ(バカルディー社で作っていると思われる)を入れてミントを入れ潰してラムを入れて氷入れてソーダ入れる。

レシピとしては僕のとあまり変わりません、出来上がりは甘みが少なく、酸味もライムというよりはスプライトなんかで感じるクエン酸のような酸味。キューバで飲んだモヒートはもっと自然な甘酸っぱさがあったのだけど、バカルディーは要するに人工的な味なんですね、これは出来合いのシロップによるのでしょう。

自分の記憶が曖昧なのかな?思い出してみましょう。

モヒート作る

これは2011年のキューバ旅行後に自宅で作った材料

  • レモンバーム
  • 粉末黒糖
  • レモン果汁
  • ラム
  • ソーダ

ミントに葉の形が似ているからレモンバーム使っておまけにレモンだったのでかなり酸っぱいものが出来ました。ちなみに現在の僕が作るものは、

  • ペパーミント or スペアミント
  • 黒糖から作ったシロップ
  • ライム(ポッカ焼酎ライム)
  • ラム
  • ソーダ

と変化(進化)しています。

コスト的なことで変えているのか他に理由があるのかわかりませんが、あえていいます、あれはニセモノ。

ハバナ、壁に書かれたイラスト

共産主義国にはプロパガンダといって壁や看板に絵やスローガンを書いたものがたくさんあります。キューバでもいたるところで観ることができます。多いのは革命や体制に関わるものでさすがに赤い国だと気付かされます。

ハバナでは落書きも多く、そいういう点では多少ゆるいというか、自分としては一度ピョンヤンのプロパガンダを見て比較してみたいのですよね。まあそれはさておき、今日はハバナで見たかわいい壁書きイラストを紹介します。

ハバナ イラスト

これ、落書きなのかなにかのメッセージなのかわかりません、子供が持っているフキダシ(風船?)の中に手書きで、TE QUIEROって書いたのは多分観光客のいたずらでしょう。(”Te quiero”は、”I love you”)

ハバナ イラスト2

これは壁に貼ったタイルに書いてある物で、有機農法のプロパガンダです。ソ連崩壊の経済危機(スペシャピリオドperiodo especial)を乗り越えるのにキューバは観光と有機農法に力をいれたことになってますが、実際は肥料(石油)が買えないのをしのいだらしいです。まあこれぐらいの誇張はこういう国につきもの、よしとしましょう。

 

モヒートもいいけどビールもね

ワイン作りにはぶどうの栽培が欠かせませんが、ビールは必ずしも大麦ホップの産地である必要がなくあちこちで醸造されています。ぶどうは収穫後すぐに使わなくてはなりません、一方ビールの材料は乾燥させて運搬できます。だから日本でもたくさん作られています。ワインが農業的なのに対しビールは工業的、どこでもちょっと近代化するとビール工場ができます。

キューバのビールはCRISTALBucaneroもメーカーは同じ(国営なのであたりまえか)でタイプがfuerte(英語のstrong)です。熱帯のビールはおおよそそうですが水代わりに飲むような軽いタイプのビールです。Bucaneroも文字通り黒いけどさほどコクはないです。アルコールは強め
バルだとモヒートを頼むことが多いいです。ビールを頼むとグラスやサーバーの生でなく、かなりの率でこれらが缶や瓶で出てきます。

20130508-181409.jpg

20130508-181506.jpg

バラデロのホテルはオールインクルーシブ(込み込み料金)でした、。ビールは缶ではなく生をサーバーからプラカップに入れてサービスしてくれます。
生ビールのサーバー使った事があるとわかると思うのですが、しばらく使ってなかったり、ビールが切れてくると泡ばかり出るときがあります。そういう時はそれを捨ててきれいなのが出るまで待つのですが、キューバは違いました。

ピッチャーに泡だらけのビールを入れて、そこにを入れてガチャガチャ混ぜます、それをカップに入れて差し出されました。

「???ありっ???」

まあね、それでも飲みましたよ。でもね飲み終わってもそのピッチャーにはまだ氷ビールが残ってたから、二杯目はモヒートにしました。

世界遺産、ハバナ旧市街

富士山世界遺産に登録されることになりました。一方鎌倉は今回、選に漏れたようです。世界遺産であろうがなかろうがいい場所にかわりはないので、自分は鎌倉は今のままでいいと思います。

20130502-164324.jpg

ハバナは旧市街が世界遺産に登録されています。世界遺産の中で人々が暮らしているのです。主にスペイン統治時代のコロニアル建築の建物で、いくつか要塞もあります。この島が大国のパワーバランスの中でどういう存在だったのか想いは大航海時代に遡ります。

 

20130502-191457.jpg

 

石で建物を作ってある上に、日本のように地震が多くないから古い建物をまだ利用できているのでしょう。しかしそれぞれはだいぶガタがきていて修理をしながらだましだまし使っている一面もあるようです。

我が国の政治家は「ハコモノ」を作るのが大好きで、おかげでどこの街も似たようなビルで囲まれてます。その代わり個性が少ないですよね。

大きな災害がなく過ぎていけば100年後、200年後霞ヶ関ビル、東京都庁、六本木ヒルズなんかが歴史的建築物になるのでしょうか?無理かな。

メーデーの日に会った変な親子

今日は「労働者の祭典、メーデー」(こんな言い方最近しないのかな)です。3年前は本物の共産国にいたのかと思うとなんとも感慨深いです。
前にもメーデーの事書きましたが、道に迷って革命記念広場についた時には式典は終わっていたのです。

人の流れの方に歩いていたつもりが、それはもう引き返す人たちだったのです。そんな中、一人の男性と会話が始まりましてた。キューバ人ではなく旅行者のようですが見るからに中南米の人、ジャマイカンとかプエルトリカンじゃないかと思います。自分たち的には革命広場に行きたいのだと伝えているはずが、お互いあまり出来ない英語とこちらは更につたないスペイン語でコミュニケーションしようとするのだから無理があります。

なんか、モヒートが美味しいみたいな話をしてるうち、いい店があるから連れて行ってやるってことになって、革命広場に行きたいという話が全然伝わってなかったことに気づいて別れました。

変な親子

ということで記念撮影、左は彼のお母さん。
結局、革命記念広場の回りを一周してたどり着いたという始末。

ゲバラ

革命記念広場のゲバラ。ここで女性二人連れに「一緒に写真撮ってください」って言われました、珍しい事もあるものです。
聞いたらボリビアから来てるそうです。エルネスト・ゲバラ(チェ・ゲバラ)の没した土地ですね。そんな話も出来ればいいのだけど、すでに言語能力とにコミュケーションで敗北していた我々は広場から立ち去ったのです。

トリニダの滝で泳いできた

出かける時点で泳ぐかもしれない、いやきっと泳ぐからと水着を着こんでタオルも持参してきたのですが、どんなところかわかってないのでなんか実感がありませんでした。

20130425-184756.jpg

 

キューバは熱帯の島国ですが日本と違って湿度は高くありません。ただ気温は高い!山道のようでいて歩いていても汗だくです、それでもこういうのを見ると気分爽快になります。

20130425-184923.jpg

 

ここが溜まりになっていて、何組か泳ぎに来ていました。僕らもぽちゃんと楽しみました。水はまあまあキレイです、足はつきません、適当に右や左に泳いでみました。
もっと泳いでいたかったのですが、タクシーの待ち合わせ時間までに戻らなくてはいけないので渋々引き上げました。

トリニダの滝の番人おじさん

滝までの 道のりは徒歩で30分程、山道というわけではありませんが、それなりに起伏があります。ひーこら言いながら進んで行きます。
実はこの日私はお腹の調子が良くなくて、日頃は丈夫なのだけど旅先では時々こうなります。
そんな我々をサッサ〜と追い越してゆくおじさんがいました。ここの人かな、さすがだな、なんて感心しながらこちらはゆっくり前進。

小屋

道程の半分ぐらいのところで小屋を発見。すると先程のおじさんが招き入れてくれて、小屋の中でお茶をご馳走になりました。こういう場合なにか売りつけられたり、請求されたりが嫌だったりするのですが、特にそういうこともなく少しチップを渡してでOKでした。
お腹が危機を迎えていた私はトイレを借りたのだけど、それは穴を掘った上に板を渡したような素朴な造りでした。あっ、もちろん屋根、壁はありましたよ。

ミント栽培

これがもてなしてくれたおじさん、ミントの世話をしています。植木鉢は空き缶。

さてお腹もすっきりしたし、滝を目指します。

トリニダの滝でキューバの歴史を知る

トリニダの観光で滝に行きました、宿からタクシーで1時間ぐらい。駐車場で戻ってくる時間を決めて(迎えに来てもらう)、そこから徒歩です。

歴史の足あと

「Sendero huellas de la historia、歴史の辿った足あと」みたいな意味でしょうか。左側の図はキューバとアフリカの形を合わせています。右の地図は滝までのルート。

奴隷船

これは奴隷船で連れてこられたアフリカからの人たちでしょう。三角貿易(スペイン→アフリカ→中米)とかプランテーションなんて社会科で習ったことを思い出します。
さとうきび。ラム酒っていうのがこの辺の生産物で、連れてこられた奴隷たちが農場で働かされていたんでしょうね。

植民地の風景

これが当時の労働者の生活のひとこまだと思います。唯一の楽しみは太鼓を叩き。踊りを踊ることだったのでしょう。

蛇足ですが南米では太鼓(丸いもの)を叩くことが禁止され、椅子や木の箱を叩き始めたことから、カホン(Cajon:スペイン語で箱)という楽器が産まれています。