「あまちゃん」タグアーカイブ

花粉よりもオジサンを泣かせてます~あさちゃんさようなら

ぽかぽか陽気で風が強いです、まさに春の日です。春といえば波留ちゃんの「あさが来た」も今週で終わりです。千代ちゃん(小芝風花)の結婚あたりから毎日泣いてますが、月曜からはずっと泣き通しで、こんなのあまちゃん以来。数字的にも成功なようでオジサン感動しています。

波留ちゃんの老け役も後半はなんとかはまってきたし、玉木宏も絶妙でした。それにくらべると柄本佑はちょっと甘かったかな。波留ちゃんも将来、宮崎あおいのように別の朝ドラに登場する日がくるかなって想像すると今から楽しみです。五代様ことディーン・フジオカも今後引っ張りだこのようです。

千代(小芝風花)
千代(小芝風花)

わたし的には今後、千代ちゃんの小芝風花ちゃんの時代が来ると思います、あまちゃんの後の有村架純とか松岡茉優みたいに。のぶちゃん役の吉岡里帆ちゃんも広がるといいね、メガネ取るとドラマとイメージ違うし。


ラスト近くになって平塚らいてう大島優子)が登場してます。平塚らいてうが1886年(明治19年)生まれで、村岡花子が1893年(明治26年)生まれだから、おおよそこの後が「花子とアン」で描かれてた時代になるわけです。

朝ドラ時代

最近の朝ドラは近代劇が多いです。その中でも「あさが来た」は江戸から明治なので古い方です、始まりの頃はみんな和装で髷結ってたけど終わりは洋装が増えてるし髪型も変わってます。

次回作「とと姉ちゃん」はヒロインが大正の終わりごろの生まれみたいだから、おひさま梅ちゃん先生と同じぐらいの時代かと思われます。

あさ、千代、のぶ、平塚らいてうなど、この時代の女性の地位や役割に関するそれぞれの考え方がこのドラマのひとつの問いかけだったと思うんだけど、人ぞれぞれだし時の流れで少しずつ変わっていくものだと思います。

昨年あたり騒がれた夫婦別姓性同一性障害、現代になるまでは問題にならなかったことも現代の多様化された社会の中では苦しんでいる人もいるわけだと思います。ただ逆に考えてる人もいるはずなので何かが正しいって押し付けるものよくないかと感じています。法律は守らなくてはいけませんが。

今年に入ってからはマスコミは不倫報道だらけ、これも当事者の問題でこんな話題ばかりだと辟易します。安村なんかどうでもいいでしょう。一夫一妻制だって人間の歴史の中でわずかな時間しか経験してないことだから慣れてないんですよきっと。不倫してる時も本人たちは大真面目に好き合ってると思うし。もっとも法律は守らなくてはいけませんが。

ということで、まとまらない年度末でした。

Jueves,treinta y uno de marzo de 2016

ちりとてちん

あまちゃん」が終わって「ごちそうさん」に変わって早いもので3週間経ちました。あまちゃんより数字が良いらしい、不思議ですね。悪くはないのだけど、ちょっとリアリティー感に不満があります。

  • 明治後期から大正にかけてあんなに豊かであったのか?
  • 電気やガスが一般的でなかった時代、ご飯炊くのだって簡単じゃない。その重労働感がない。
  • やはり「め以子」も「西門」もでかすぎる

朝のBSでは現在のドラマの前に過去ものの再放送をやってまして。こちらは1週間ずれて「純情きらり」に変わって「ちりとてちん」が始まっています。

実は僕が朝ドラに傾倒したのは「ちりとてちん」で終わりの頃から見だしたので、その後DVDセットを購入してせっせと全作を観たものでした。ちなみに「ちゅらさん」はNHKオンデマンドでせっせと観ました。
本放送は今から6年前の2007年10月から、話としては妄想癖のある何かにつけてダメな女の子が落語家になる夢に向かって生きてゆく物語です。2~3回は観ているのだけどまた頭から観ると新鮮です。続けざまに見るより一日15分を楽しむのが大切なのかもしれません。

何回も観るっていえば、寅さん社長シリーズ刑事コロンボなんか何回も全作観てます。特にそれぞれ1作目とか10回を超えているのではないかな。つくづくもっと時間を大切に使えばいいのではないかと思うけどそれも糧になっているのかしら。

ちりとてちんは貫地谷しほりが主役なんだけど、それ以上に母親、糸子役の和久井映見がいいのですよ、何回観ても面白い。母と娘、ライバルの友人、夢を求めて都会に出てゆく、あたりの設定は「あまちゃん」と似てるものがあるのかな。

という具合に私の1日30分のドラマ鑑賞は続きます。