「WEB・電化」カテゴリーアーカイブ

PYLE PT-649D使用レポート

昨日続きです、まずは取扱説明書見てみましょう。もちろん英語です、でも簡単です。こちとらカセットデッキ使いはじめて40年以上。本来マニュアルなくてもいけるっしょ。

cover

マニュアルはA3の表裏でA4で4ページ。表紙は製品の説明

  • 自動停止
  • 高速ダビング
  • ダイナミックノイズリダクション(後述)
  • 録音レベル調整
  • 110/220電源切替
  • 19インチラック用アダプター付き(後述)

ダイナミックノイズリダクション、いわゆるドルビーやdbxのたぐいなんですが、何の表記もないのでオリジナルのものだと思います。たぶんドルビーBのシステムに似たものでしょう。ライセンス使うと高くなるからオリジナルにしてるんだと思います。

若い人のために書いておくとノイズリダクションはテープの「サー」っていう音(ヒスノイズ)を低減させるためのもので、大雑把に言うと音が小さな時に高音を大きなレベルで録音して再生時には小さくする、その分高音のノイズが減るってやり方です。レコードも録音時にイコライジングをする(RIAA)けどこれは雑音低減と溝の幅を揃えるという2つの目的があります。


19インチラックっていうのはPAなどで使う機器のケースのサイズでそれ用のアダプターがついてます。PAの使用を意識した機種ということ。私は棚に直置きだから使いません、ただし直置きでは少しガタツキがありました、インシュレーターの裏にテープ貼って解決です。

Page1

操作パネル

  1. 電源
  2. カセットホルダー
  3. ダイナミックノイズリダクション
  4. ピークレベル、録音、高速、CrO2/METAL、ERC CrO2各インジケーター
  5. テープカウンター、リセット
  6. 録音レベル調整
  7. カセット操作ボタン
  8. クロームテープ録音ボタン
  9. 高速ダビングボタン
  10. ダビングボタン
  11. クロームテープ再生ボタン

テープには4種類の規格があって、

  • TYPEⅠ ノーマルテープ
  • TYPEⅡ クロームテープ/ハイポジションテープ
  • TYPEⅢ フェリクロームテープ(ほぼSONY DUADを指す)
  • TYPEⅣ メタルテープ

それぞれの説明は割愛しますが、ノーマルとクローム(ハイポジ)は録音再生可能、フェリクロームとメタルは再生可能です。

Page2

操作手順、同シリーズのアンプと繋ぐとリンク機能があるようです。まあこの辺は40年の経験で読まなくても大丈夫。


Page3

仕様

  • ステレオダブルカセットデッキ
  • 4トラック2チャンネル
  • テープスピード 4.8cm/sec
  • 周波数特性(詳細割愛)
  • SN比 58dB
  • ワウフラッター 0.2%
  • クロストーク 40dB
  • 高周波歪 1%以下
  • チャンネルセパレーション 40dB
  • ヘッド Deck A 再生ヘッド、Deck B 録再ヘッド・消去ヘッド
  • モーター DCサーボモーター
  • 入力 ラインイン×2
  • 出力 ラインアウト×2
  • 電源 AC220V,50Hz
  • 電圧 230V,50Hz、イギリス向け 240V,50Hz、アメリカ及びカナダ向け 110V,60Hz

110V,50Hz(東日本仕様)の記載がないのがちょっと不安・・・

  • 電力消費量 W=V×A(P=I×E、中学で習った)
  • 寸法 360mm×128mm×246mm(W×H×D)
  • 重量 4Kg(8.5ポンド)
  • 付属品 ピンプラグコード×2

再生は無難にできましたが、テープをそっと入れてあげないと蓋が閉まらないとかそれなりにコツが要ります。仕方ないね。録音はどうなんだろう。

新品のテープ

近所のクリエイトSDで買ってきました、168円+税。安いんですねテープ。インドネシア製

録音レベルが赤に入るととたんに歪みっぽくなるので抑えめがいいみたい、それなりにきれいな音で録れます。ノイズリダクション試してみましたがはっきり言って×。音がこもってしまいます。

古いミュージックテープでドルビーとの互換を調べたいとこですが今日はここで時間切れ。またの機会に。


告知コーナー!

最近新しいバンドに参加させていただいております。大久保以外でも主演する機会ができました。

11月23日(木、祝)

青木ひろみ(オカリーナ)ステージ
(カホンやります)

西荻窪 アケタの家

開演は16:00~、僕が出るのは18:00~

11月26日(日)

なこちぐら

中島みゆきのセッションに顔出してたらバンドに誘われてしまいました。立川のクレイジージャムです。

Chao!

Jueves,dieciseis de noviembre de 2017

日本で探せないから輸入してみたよ

今日は結論を先に書きます、これを買いました。

PYLE PT-649D

デュアルカセットデッキです、PYLE製。知らないよそんなメーカーって、僕も知らなかった。

ことの始まりはアンプを買い替えて繋ぎ変えていたところ、TEAC AD-RW900のカセット部分が反応しないという故障を発見。レトロなAurexを使っていましたが古すぎて凄い音なので新調しようと。

TEAC AD-RW900使用レビュー

TEACのデッキは4年前に買ったものでした、あまり持たなかったね、でも200本ぐらいのカセットをMP3化したのでお疲れ様。

それでネットで探すんだけど、中古品でも数万円するんです。カセットデッキの中古品は何度も手にして壊れて粗大ごみのシールを貼った過去があるのでもうこりごり。新品は日本のメーカーはTEACとTASCAM(同じ会社)しかないみたい、これらも作ってるのは外国ですが。5~6万するし壊れてすぐ同じメーカーって悔しい(TASCAMは信頼できるんですがね)

そんでAmazon眺めてたらメーカー名も載せずにDUAL CASSETTE DECKっていうのがあるんです。

Amazon スクリーンショット

これがPYLE、知らないので調べたら、アメリカの家電やカー用品などいろんな商品を作っているメーカーのようです。

Pyle Audio: Home Audio | Car Audio | DJ Speakers

新品で2万以下、しかし検索を続けていると思いがけないこと発見しました、「セカイモン」ってサイトですごく安く売ってる

セカイモン

(このブルー-の入ったデザインが良かったんだけど旧型みたい)

なんと10,029円

ただしこれは現地(USA)の出品価格です。仕組みとしては小規模な個人輸入で最初にわかるのが

  • 商品総額:10,029
  • セカイモン手数料:1,503
  • 米国内消費税:829

小計 12,361円

これで終わりではありません、米国から発送の際に配送料が確定、成田での通関の際に関税、国内消費税が確定します。

今回の商品の場合配送料が5,139円、関税や消費税はなしでしたので合計17,501円。

結局Amazonより1,642円しか安くなってないけど・・・

セカイモン面白いです、でも送料や関税があるからそれなりのリスクを覚悟して買ったほうがいいでしょう。


到着

うちに届いた姿はこんなかんじ。

設置、使用レポートは次回。


告知コーナー!

最近新しいバンドに参加させていただいております。大久保以外でも主演する機会ができました。

11月23日(木、祝)

青木ひろみ(オカリーナ)ステージ
(カホンやります)

西荻窪 アケタの家

開演は16:00~、僕が出るのは18:00~

11月26日(日)

なこちぐら

中島みゆきのセッションに顔出してたらバンドに誘われてしまいました。立川のクレイジージャムです。

Chao!

Miércoles,quince de noviembre de 2017

デジタルオーディオとりあえずの完成

前回の「続く」から2ヶ月近く経ってしまいました。その間にチョロチョロいじってとりあえずデジタル化が完成しました。

システム全景

どのように繋いでいるか下手くそなお絵かきで解説します。

配線図

RCAっていうのはいわゆるピンジャックでレコードとカセットは昔ながらのアナログ接続。赤い線がデジタルです。

レコードプレーヤー

TechnicsのSL-1200 MK3、カートリッジはDENONのDL-103

カセットデッキ

TEACのAD-RW900を使っておりましたがCDは再生できるのにカセット部分がうんともすんともいわなくなりました。修理に出そうかとも考えてるのだけど、とりあえず職場の移転時に拾ったAurexのPC-X10Mってやつを設置してます。Aurexは東芝のオーディオ用のブランド。詳しくはわからないけどメタルテープ対応でアナログのVUメーターなので1980年前後の製品かと思われます。カセットについては新プロジェクト進行中なので後日ご報告。


ここからデジタル篇、そもそもこの作業は買ったアンプにデジタル入力があったのがきっかけで、ずっと古いアンプ使ってたからずいぶん遅れたことやってると思ったらそうではなかった。ピュアオーディオではデジタル端子にあまり積極的でないようでまだそんなに多くないです。このmarantzのアンプのライナップは5005,6006,7005、8005とあるんだけど、5005と8005はデジタル入力がありません。下位モデルはコスト的なことだろうけど上位モデルはこだわりだと思います。結局どの段階でD/A(デジタル/アナログ)変換するかという話で、そんなコンピューターみたいな回路をアンプに組みたくないってことじゃないかな?

Mac Express、デジタル変換器、BDプレーヤー

ではご紹介に戻って、この辺は新調したもの。白い四角いのがAirMac Express、iMacやiPhone、iPadの操作で音楽が流せます。これを光デシタル(optical)でアンプに繋いでます。

ディスクを再生する装置としてPioneerのBDP-3140-Wを購入しました。13,000円ぐらい恐らく最安値で買えるデジタル出力のついたBDプレーヤだと思います。音声はopticalの出力がついています。

黒い四角いのはoptical、coaxialの変換器、opticalは光ファイバーでデジタルデータを転送、coaxialは金属の同軸ケーブルでデジタルデータを転送します。配線については後述。

J:COMのセットボックス

時計は関係ないです、以前はテレビの下にいたセットボックスをこの度こちら側に招待いたしました。これもopticalの音声出力。

ここで問題が、アンプの入力はoptical(光)が2、coaxial(同軸)が1なのに用意したのはみんな出力がopticalのみ。なのでBDは変換器を中継してcoaxialにしてアンプに繋いでおります。


ここから映像篇

EPSONプロジェクター

ホームプロジェクターとテレビ、同時では使わないけど両方につなぎたいので切替器で接続してます。

切替器

水色のやつ、HDMI入力1で左側がプロジェクター、右側がテレビに繋がっています。この状態ではセットボックスから入力。左のつながってないのがBDプレーヤーから来てるやつでここだけは手動で繋ぎ変えです。

プロジェクターの場合は本体の音がしょぼいのでアンプから音出してます。テレビはどちらでもいいんだけどアンプ経由のはほんの僅か音が遅れます。両方出しててるとディレイかけてるようになる。遅れたやつで観てるとズレが気になる時とならない時とあって大体は本体で音出してます。プロジェクターで見るのは多くが映画だけどこちらは気になりません。

今のところデジタル化でお腹いっぱい。ハイレゾなんかはまた気が向いたらやってみよう。

chao!

Lunes,treinta de octubre de 2017

 

ネットワークオーディオについてお勉強そしてとりあえずの策は

昨日の日記ではマランツ(Marantz)を「マラソン」とそら目した方が多かったようです、54歳はマラソンしなさいっていう天のお告げでしょうか?

新しいアンプがデジタル対応でハイレゾなども再生できちゃうということで興味がわいてきました。いままではアナログ接続一本やりだから。あ、昔はCDとMDを光デジタルで繋いでたかな。

そんでもっていろいろネットサーフィン。NASのハードディスクだのUSB-DACだのDSDだの知らない言葉がいっぱい。ちょっと整理してみよう

ハイレゾの種類(規格)

  • DSD
  • FLAC
  • WAV
  • AIFF
  • ALAC

機器によって扱えるものが違うらしい、一般的に新しいものほどいろいろ扱える。

こんなプレーヤを使うとそれができる

Marantz NA6005

デザインがアンプと合いますね。これならデジタルでつなげる。そしてNASにデータを入れてタブレットなどで操作もできるということ、いいじゃない。

ところがヤフオクで中古を探していたところ、2013年の機種が出てきてそれは既にファームウエアーが現行のmacOS Sierraに対応してないとのこと。だからって全然使えないわけじゃないだろうけどなんか寿命が短そうで怖い。オーディオよりはPC機器の仲間に入るんだろう。

USB-DACというのはPCのUSBからデータを受け取ってアナログ変換する装置、KORGとかもやってる。いい音の機種もようだけど今回の目的とは違う。


つまるところMacとアンプがデジタル接続できればいいんだろうと、するとあるページに「Macの音声出力端子は光デジタルに対応しています」ということが書いてあります。てっきりミニステレオだけの端子かと思っていたらデジタルで繋げるんだって。

しかし光ケーブルは長くのばせないのでMacをアンプの近くに持っていかなくてはなりません。今もそれがいやでBluetoothで飛ばしてアンプに送ってるから(これはアナログ)。

それはね、AirMacを使ってAirPlayということが出来るんだよ。って解説もみつけました。これだよこれ、ネットワークオーディオプレーヤーよりはるかに安く出来る。というわけで以下の商品を待って次へ進みます。(続く)

Chao!

Viernes,primero de septiembre de 2017

自分からのお誕生プレゼントは人生二度目のマランツ

先日ドラムの譜面起こしのためアンプのスイッチを入れたら「ポン」と小さな音がしてそれっきり鳴らなくなりました。接続その他複雑なので色々調べた結果アンプの出力がいかれたと判断。

KENWOODのKA-V7500という恐らく1990年頃のもの中古で買ったのだけどうちに来てからも10年以上は経ってると思います。わかる人なら部品数点で直せるのでしょうがもうここは諦めて新調します。

かねてからDENONのPMA-390に目をつけていましたが各メーカーの低価格機種を調べてみるとMarantzがいい感じ。DENONは安い機種は1モデルに絞っちゃってるんだけど、Marantzはそこそこ安いもので数機種ある。そして実はこの2ブランド今は同じ経営なんですよね。

なので

オーディオセット

PM-6006というのを買いました。いや全然いい音です、やっぱ30年近く使ってるものはあちこちくたびれてたのか、最近の回路がいいのか。この写真では「アビーロード」のピクチャーレコードを聞いてます、中学生の頃に買ったもの。CD(ビートルズBOX)のものと比較してました。DeAGOSTINIでビートルズの重たいレコードが出てるらしいけどそれも欲しくなっちゃう。


過去のシステム

これ2009年の写真ですが、左が上から

  • JCOMのセットボックス
  • PHILIPS のCDプレーヤー
  • SONYカセットデッキ
  • Marantz PM-80a

PM-80aは新品で買ったもので私の最初のMarantz、今回が二代目

右が

  • SHARP HDレコーダー
  • SHARP HD-BDレコーダー
  • 東芝 VHSデッキ
  • Victor AVセレクター
  • (不明)DVDデッキ
  • KENWOOD KA-V7500

その右のテーブルにレコードプレーヤー

たくさん繋いでます、アナログ接続なので全部まとめてました。今はテレビとかがHDMIなのでケーブルを長くできなくて映像関係とは離してます。(ただしプロジェクターの音声は繋いでる)


最近は音楽はiMacからBLUETOOTHで飛ばして聞くのが主、映像はHDDが主。機材がどんどん減ってます。

ずーと古いアンプ使っててアナログ端子ばっかだったけど、今回の機種はデシタルもいろいろあります。ハイレゾなんかもいけちゃうのでやってみたくなります。ネットワークオーディオへ関心が向いている54歳の幕開けなのです。


お誕生日がダイアナ妃の命日でして、20年前実家から帰る車の中で訃報を聞いたのを覚えております。その時34歳だったのが信じられない。

Ghao!

Jueves,treinta y uno de agosto de 2017

悲報、Windowsムービーメーカー終了してた・・・

WindowsでYouTubeに上げるソフト何?って聞かれたので、ムービーメーカーのサイト探したら

Windows Essentials終了

1月で終了してて、既にダウンロード不可になってました。

詳細説明

ダウンロードはできない、すでにダウンロードしたアプリは継続して使えるがセキュリティーリスクが高くなる、代替の機能は「フォト」なのか?

フォトのインターフェース

確かに動画をトリミングしたり、スライドショーにする機能はあるみたい。ただしYouTubeにアップするには別途「TubeUp」ってアプリをインストールして共有から操作しなければなりません。

ムービーメーカーのインターフェース

やっぱり、こっちのほうが全然本格的です。


自分はMacのiMovieを使うかiOSから直接上げちゃってます、iMovieの方が更に洗練されてると思うし、最初からMacに付属してます。恐らくAppleがサポート終了なんてこともないでしょう。

Windowsのネイティブアプリで動画ソフトを発表するって話もあるらしいですが空白期間作っちゃたらダメでしょう。それにネイティブアプリって起動が遅くていまいち好きになれない。Edge使ってる人見たことない(シェア4.7%ぐらいだそうです

まあ今からユーチューバーも流行らないだろうから時代的にはこれでいいのかな、よくわからな~い。

Martes,primero de marzo de 2017

家政婦を見た!ロボット掃除機の働きっぷりをご紹介

みくりさんを雇えないプロの独身にとって、掃除機をかけるという作業は悩みのタネでして、昨年12月のAmazonのセールでロボット掃除機を買いました。

eufy Rovovac 20、29,800円→22,500円になってました。ルンバが代名詞になっているこの手の商品ですが、最近はいろんなメーカーが参入してて盛りだくさん。勝手に分類してみると

  1. ダイソン、パナ、日立、東芝、シャープなど、安くて3万円台、高級機だと10万円を超えるクラス
  2. 他の家電ではあまり聞かないメーカーが多く、1~3万円程度のクラス←ここ
  3. 1万未満のランク

実は2011年に3.のクラスのもの購入してるんです。

ROBO1

ツカモトエイムのROBO1、7,625円でした。スイッチのオン・オフしかないシンプルなもの。だから在宅中かちょっとだけ出かける時にしか使えない。何かぶつかると方向変えたりバックしたりするんだけどムーンウォークみたいにバックを繰り返して後方の障害物に当って止まっちゃうこと多々あり。他にもちょっとしたことでよく止まるので結局在宅中しか使い物にならないやつでした。そうすると休日しか使えないんですよね、夜は音が大きくて近所迷惑よりTVも見られなくなっちゃうので不可。

2年ぐらい使ったらバッテリーがダメになりました。その後もバッテリーを買い直して延命しましたがついに世代交代というわけです。


RoboVac 20

この子はホーム(ドッグ)が付いていてタイマー運転もあり、掃除のモードもたくさんついています。月曜日から金曜日の9:00~11:00にタイマーで掃除をするようにセットして使っています。土日は気分次第。

帰ってきてホームに収まってればお仕事完了。いない場合はどこかで不慮の事態に遭遇したということで、半分以上は無事終わってます。最近その確率がさらに上がってきててうれしい。障害にあうとそこで動き続けず電源が切れるので充電するとどれぐらい動いて事故ったかがわかります。すぐ充電が終わると掃除初めてすぐにやっちゃったってこと。

帰還の動画、自室公開です。(iMacのカメラで撮りました)

結構ゴミが取れるもので、1週間弱でこんな量です。

ゴミの写真(汚いのでリンクです見たい方はクリック)

前のマシンでもそうでしたが、うまく働いてもらうにはこちらも工夫が必要です。ラグ・カーペットはテープで床に貼ってます、鉄アレイが置いてあるのはそれでも角っこが剥がされちゃうから防止で。電源やオーディオなどのケーブルは家具の下に入れるか壁にフック付けてぶら下げたりしています。何より服を脱ぎっぱなしとかゴミの放置をしないこと。ゴミ箱やギターもソファーに避難させてお出かけです。

相手が機械でもコミュケーションは大切です。

Jueves,dieciseis de febrero de 2017

19歳と53歳のコピー機事情

大学生の姪っ子がおりまして茨城大学に通っております。自宅が取手なので遠いのか来年から水戸で一人暮らしをするそうです。それで連絡が来て「おじちゃんとこで使ってない家電ない?」って。

私は最近押し入れのダイエットを始めましてとうの昔に使えなくなった電灯とか腹筋のマシンとかMDデッキとかを粗大ゴミにしました。20年前のオイルヒーターも未だ居座っておりますので近々粗大ゴミ予定。概ね家電って壊れそうになってから買い換えるものでスペアなんかないでしょう。そういう点ではエアコンや冷蔵庫、洗濯機などがいつ逝ってもおかしくない時期にあり、人にあげるどころではないのです。

どんなものが欲しいの?と聞いたら
「コピー機とか炊飯器とか」

コピー機?

コピー機(Xerox)

最近の大学生はこんなもの家に置くのか?場所とるしうるさいし。なんて一瞬マジで思いましたが。

コピーを取れる機械=コピー機、と気づきました。

小型複合機

こんなのね。

以前はプリンターとスキャナーは別々に買っていたものですが最近は一体でしかも安くなってますものね。ただおじさんはこれはあくまでプリンターの進化したものでコピー機という認識ないんです、もちろんコピーがとれることは知ってるけど自宅でコピーをとったことは一度もないです。

でもこれがあれば友達呼んできてお互いにコピーとりながら試験勉強もできるわけだ。便利な時代、そもそも僕は大学で勉強してないからその経験も共感できない・・・

ということで小型複合機と炊飯器は新品をプレゼントすることにいたしました。

Miércoles,primero de febrero de 2017

NO TABLET,NO LIFE~IPADの画面が壊れちゃった~「修理に行ったよ」篇

前回のダイジェスト

  1. iPadの画面に筋が入った
  2. 数日で画面全体が見えなくなった
  3. タブレットのない人生なんて→Amazon fire HD8 購入
  4. ちょっと期待はずれ

iPadの修理をもたもたしてたのはあくまで正規で修理するつもりだったから、1年以内だからもしかしたら保証きくかななんて期待もあって。

10日の土曜日、ライブの前に新宿のビッグカメラにあるアップル修理センターに寄りました。以前iPhoneのガラス交換した所、担当してくれたのも「クドウ」さんという女性でした。

「前回もクドウさんでしたね~」って口を滑らしそうになったけど、数ヶ月前にiPhoneのガラス割って今液晶の壊れたiPadを持ち込んでるバカ野郎が言うべきじゃないと慎みました。

結果、落とさないとこうならない(保証のの字もでなかった)ので液晶交換、35,586円(税込み)ということ。高いよね、「考え直します」と店を出ました、この時点でアップル以外での修理を決意しております。

ところで僕の前に並んでた女の子、「画面が真っ暗なんです」ってiPhoneをスタッフに渡したところ強制再起動であっという間に復活!え~そんなんでここまで来たん?


バンプの近くにiPhone修理の店があるよということで覗いてみたら。

修行の旅

修行の旅でお休み、ライブの参加があるのでこの日はここまで。

翌日も新宿に出る用事があったのでネットで調べた修理屋へ

カラオケ館

小滝橋通りのこのビル、いつも前通ってます。こんなところにあるのかな~

ダイオウビル

この入口から入って8階

修理ジャパン

このマンションの一室のようなとこらしい、中はまさにワンルームマンションでした。

状態を見せたら、液晶交換23,540円也。まあこれでも痛いけど仕方ない。以後アップルのサポートは受けられないのとリセールバリューが下がるのを覚悟で依頼しまいた。

その後下のチキン亭でご飯食べて2時間のバンドリハーサルをやっている間に修理は完了。データ消されることもなく十日前の状態で渡されました。アップルだと数日かかる上に必要なくても初期化されたりするからその点はありがたい。

ということで楽しいiPad Lifeを取り戻しましたとさ。

ところでこのビル、頻繁にキレイな女性が行き来してるのでなんでだろうとテナントの一覧みたらネールサロンなんかがいくつも入ってるんです。駅近くだし、ワンルームでできるもんね。


こうなっては更に存在感の薄くなったfireタブレットですが、やっとGoogle playをインストールしました。

fireタブレット

これでAndroidのアプリが使える、活躍乞うご期待!

Viernes,dieciseis de diciembre de 2016

NO TABLET,NO LIFE~iPadの画面が壊れちゃった~「代りにこいつ」篇

始まりは12月2日の夜、生声ライブでカホンを叩いてる時でした。Dropboxに入れてある譜面を確認しようとiPadを開いたら画面に筋が入っていて

iPad画面-1
iPad画面-1

現場は暗くてこれは翌日にとったもの、液晶が壊れちゃっているようなので再起動しても消えず。画面が多少隠れても見る分にはこまらないが、タブレットの場合操作もここでしなくてはならないのではなはだ不便。そのうち修理に出そうとやや呑気に構えていたら。

iPad画面-2
iPad画面-2

12月5日にはこんな状態、なにも見えない。

iPad画面-3
iPad画面-3

ツボを押すとちょとだけ映ります、放すと元の木阿弥。No tablet ,no lifeということで直るまで代りにするものを買おう。

Fire tablet
Fire tablet

Amazon中毒の私が発注したのはこれ、プライムで4000円引きです。

Fire
Fire

開封してネットに繋ぐとこのようにアカウントが設定済み、fire TVの時もそうだったけどこれは嬉しい。

外出した時はiPhoneでデザリングすればOKという計画。


しかしいろいろ期待ハズレで、まずFire OSのアプリが少ない。もともとはAndroidだったのでやり方はあるらしいけどめんどくさいのでまだやってません。

そういうわけで、TVerも見られない。ブラウザで「逃げ恥」のページ開いて見逃し配信をクリックすると「TBSオンデマンドのアプリを入れてください」って表示、だからそれがないんだって。対応してるのはFOD(フジテレビ)だけ。悦っちゃんの最終回も観られない。

一応出来ること

  • インターネット
  • YouTube
  • Twitter
  • mixi
  • Facebook
  • Evernote
  • Amazonの各種サービス(あたりまえだ)
  • Googleのサービスはブラウザ経由で一部可能
  • One drive

Dropbox、LINEはNG。

ブラウザの検索がbingで探したいものがまったく見つかりません、ブックマークにGoogle入れて使ってます。

そのうち良くなるのか?でもFireの規模じゃ伸びないよな~って、なんだかんだiOSは偉大だと感心します。

並べて
並べて

iPhoneのデザリング、ギガモンスターだから容量はまったく心配ないのだけど、デザリングしてる間って結構バッテリーを食うのです。他にもiPadの使えない分の負担がiPhoneにかかっているからバッテリーの減り方が半端なくって。充電器携帯してる人の気持がわかりました。

次回は「修理に行ったよ」篇です。

Lunes,doce de diciembre de 2016