takeichiro のすべての投稿

母親の病気、死生観〜その1〜

久しぶりの投稿です、余裕が無いので文章だけのブログでやっていこうかなって考えてます。

GWに水戸に行きました。姪っ子が「茨城大学」に通っていて彼女の自宅(私の妹夫妻の自宅)の取手からは遠いということで水戸で暮らしているので遊びにいったのです。自分でいろいろ観光した後で水戸駅の姪っ子のバイト先の蕎麦屋でお食事、そんなさなかに私の父親から携帯に電話がありました。

電話なんか滅多になく、しかも姪っ子(オヤジからみたら孫)と妹達と飲んでるなんて知らないはずなのに何で?と出てみたら。

おかあさんが階段で転んで頭を打って入院した、とりあえずは大丈夫だけど痴呆が若干あるらしく病院でも素直にしてなくて大変。とのこと

妹と話して明日行こうということになりました。(私の計画では茨城3日目の観光があったけどパス)

見舞いにいくと怪我はたいしたことないのだけど、点滴で繋がれ、若干わからないことを言っている母親がいました。まあみんなの顔はわかるし、言ってることもわざとボケてるのか病気なのかわからない程度。自分はその後東京の仕事に戻りましたが。妹は何度か通って元気になっていく状態を連絡してくれました。

怪我のついでなのかいろいろ検査して、軽い痴呆と肝臓が良くないと指摘されたそうです。半年ぐらい前実家に行ったら「おかあさん、同窓会があったの。長崎からみんな出てきたの」て行ってて、オヤジがそれはそんなの行ってないって話があって(別の日に妹も同じ話聞いてる)ボケてきたんだなって、そのとき最初に感じました。

6月17日、名古屋にライブに行ってたのだけど父の日と翌18日は母親の83歳の誕生日なので父に電話してみたら。「いろいろ検査したんだけど肝臓がどうも良くないらしい、先生が検査の結果がでたら家族の方を呼んでほしいと言っていた」と。

※続きます

Domingo.primero de junio de 2018

わろてんか最終回

NHKの朝ドラ、わろてんかが終わりました。なんだかんだ楽しいドラマでした。葵わかなちゃんがおばあちゃんなのは少し無理があったかな、だったらカーネーションの後半のキャストチェンジはなんだったんだろう。

今回は主役よりこの3人がよかった、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり。

私の知らなかった世界

もう12月です、例年思うけど早いな~。人生あっという間だ。

告知してた通り、先月の23日西荻の「アケタの店」でオカリナのバックでライブしてきました。ここのハコは観に行ったことあるけど出るのはもちろん初めて。1974年からやってて知る人ぞ知るオカリナの聖地なんです。店主の明田川荘之さんはジャズミュージシャンであり、父親の明田川孝さんより続くオカリナの作り手であります(アケタ・オカリーナ)。

アケタの店ステージ

この写真は我々の後に演奏した最後のユニットです。4組のうち最初の2組は発表会的な大人数で、我々トリオ、写真のデュオという流れ。会場に来てみると既にライブが始まっていて客席は一杯なので入れないから事務所を楽屋にして待機。面白いものがあったので紹介しますね。

昔のスケジュール1

これは77年1月のスケジュール。見にくいけど15日に大友義雄さん、16日につのだ☆ひろさん、23日に山下洋輔さんの名前が見られます。

昔のスケジュール2

これは1976年の7月、同様に著名人の名前ちらほら。


オカリナの製造所でもあるのでこんなものが、キャラクターオカリナ。

ハクション大魔王オカリナ
ココロのボスオカリナ
ダヨーンオカリナ

「もーれつア太郎」「おそ松くん」それぞれの名脇役を揃えてるあたりかなりの赤塚不二夫通とみました。

自分はジャズにも疎いし、オカリナなんか買ったこともなければこれから買うこともないと思うのだけどここにはオカリナ吹きがいっぱい集まってます。Amazonで検索すると「アケタオカリーナ」が何種類も出てきます(調により何本も必要なのもあるけど)。

ロックやポップスばっかだとあまり経験できない世界がここにあるんだなーって感じました。Lost&Foundの活動でもハワイアンとかスラッキーギターとか独特の世界があったり、アイリッシュの演奏聞けたりとそれも楽しく。門外漢ながら課外活動的で楽しいです。


演奏はそれなりに頑張ったと思いますが、ハコのリハなし、ユニットの練習不足がちょっと心残りかな。またやりたいです。

Viernes,primero de diciembre de 2017

PYLE PT-649D使用レポート

昨日続きです、まずは取扱説明書見てみましょう。もちろん英語です、でも簡単です。こちとらカセットデッキ使いはじめて40年以上。本来マニュアルなくてもいけるっしょ。

cover

マニュアルはA3の表裏でA4で4ページ。表紙は製品の説明

  • 自動停止
  • 高速ダビング
  • ダイナミックノイズリダクション(後述)
  • 録音レベル調整
  • 110/220電源切替
  • 19インチラック用アダプター付き(後述)

ダイナミックノイズリダクション、いわゆるドルビーやdbxのたぐいなんですが、何の表記もないのでオリジナルのものだと思います。たぶんドルビーBのシステムに似たものでしょう。ライセンス使うと高くなるからオリジナルにしてるんだと思います。

若い人のために書いておくとノイズリダクションはテープの「サー」っていう音(ヒスノイズ)を低減させるためのもので、大雑把に言うと音が小さな時に高音を大きなレベルで録音して再生時には小さくする、その分高音のノイズが減るってやり方です。レコードも録音時にイコライジングをする(RIAA)けどこれは雑音低減と溝の幅を揃えるという2つの目的があります。


19インチラックっていうのはPAなどで使う機器のケースのサイズでそれ用のアダプターがついてます。PAの使用を意識した機種ということ。私は棚に直置きだから使いません、ただし直置きでは少しガタツキがありました、インシュレーターの裏にテープ貼って解決です。

Page1

操作パネル

  1. 電源
  2. カセットホルダー
  3. ダイナミックノイズリダクション
  4. ピークレベル、録音、高速、CrO2/METAL、ERC CrO2各インジケーター
  5. テープカウンター、リセット
  6. 録音レベル調整
  7. カセット操作ボタン
  8. クロームテープ録音ボタン
  9. 高速ダビングボタン
  10. ダビングボタン
  11. クロームテープ再生ボタン

テープには4種類の規格があって、

  • TYPEⅠ ノーマルテープ
  • TYPEⅡ クロームテープ/ハイポジションテープ
  • TYPEⅢ フェリクロームテープ(ほぼSONY DUADを指す)
  • TYPEⅣ メタルテープ

それぞれの説明は割愛しますが、ノーマルとクローム(ハイポジ)は録音再生可能、フェリクロームとメタルは再生可能です。

Page2

操作手順、同シリーズのアンプと繋ぐとリンク機能があるようです。まあこの辺は40年の経験で読まなくても大丈夫。


Page3

仕様

  • ステレオダブルカセットデッキ
  • 4トラック2チャンネル
  • テープスピード 4.8cm/sec
  • 周波数特性(詳細割愛)
  • SN比 58dB
  • ワウフラッター 0.2%
  • クロストーク 40dB
  • 高周波歪 1%以下
  • チャンネルセパレーション 40dB
  • ヘッド Deck A 再生ヘッド、Deck B 録再ヘッド・消去ヘッド
  • モーター DCサーボモーター
  • 入力 ラインイン×2
  • 出力 ラインアウト×2
  • 電源 AC220V,50Hz
  • 電圧 230V,50Hz、イギリス向け 240V,50Hz、アメリカ及びカナダ向け 110V,60Hz

110V,50Hz(東日本仕様)の記載がないのがちょっと不安・・・

  • 電力消費量 W=V×A(P=I×E、中学で習った)
  • 寸法 360mm×128mm×246mm(W×H×D)
  • 重量 4Kg(8.5ポンド)
  • 付属品 ピンプラグコード×2

再生は無難にできましたが、テープをそっと入れてあげないと蓋が閉まらないとかそれなりにコツが要ります。仕方ないね。録音はどうなんだろう。

新品のテープ

近所のクリエイトSDで買ってきました、168円+税。安いんですねテープ。インドネシア製

録音レベルが赤に入るととたんに歪みっぽくなるので抑えめがいいみたい、それなりにきれいな音で録れます。ノイズリダクション試してみましたがはっきり言って×。音がこもってしまいます。

古いミュージックテープでドルビーとの互換を調べたいとこですが今日はここで時間切れ。またの機会に。


告知コーナー!

最近新しいバンドに参加させていただいております。大久保以外でも主演する機会ができました。

11月23日(木、祝)

青木ひろみ(オカリーナ)ステージ
(カホンやります)

西荻窪 アケタの家

開演は16:00~、僕が出るのは18:00~

11月26日(日)

なこちぐら

中島みゆきのセッションに顔出してたらバンドに誘われてしまいました。立川のクレイジージャムです。

Chao!

Jueves,dieciseis de noviembre de 2017

日本で探せないから輸入してみたよ

今日は結論を先に書きます、これを買いました。

PYLE PT-649D

デュアルカセットデッキです、PYLE製。知らないよそんなメーカーって、僕も知らなかった。

ことの始まりはアンプを買い替えて繋ぎ変えていたところ、TEAC AD-RW900のカセット部分が反応しないという故障を発見。レトロなAurexを使っていましたが古すぎて凄い音なので新調しようと。

TEAC AD-RW900使用レビュー

TEACのデッキは4年前に買ったものでした、あまり持たなかったね、でも200本ぐらいのカセットをMP3化したのでお疲れ様。

それでネットで探すんだけど、中古品でも数万円するんです。カセットデッキの中古品は何度も手にして壊れて粗大ごみのシールを貼った過去があるのでもうこりごり。新品は日本のメーカーはTEACとTASCAM(同じ会社)しかないみたい、これらも作ってるのは外国ですが。5~6万するし壊れてすぐ同じメーカーって悔しい(TASCAMは信頼できるんですがね)

そんでAmazon眺めてたらメーカー名も載せずにDUAL CASSETTE DECKっていうのがあるんです。

Amazon スクリーンショット

これがPYLE、知らないので調べたら、アメリカの家電やカー用品などいろんな商品を作っているメーカーのようです。

Pyle Audio: Home Audio | Car Audio | DJ Speakers

新品で2万以下、しかし検索を続けていると思いがけないこと発見しました、「セカイモン」ってサイトですごく安く売ってる

セカイモン

(このブルー-の入ったデザインが良かったんだけど旧型みたい)

なんと10,029円

ただしこれは現地(USA)の出品価格です。仕組みとしては小規模な個人輸入で最初にわかるのが

  • 商品総額:10,029
  • セカイモン手数料:1,503
  • 米国内消費税:829

小計 12,361円

これで終わりではありません、米国から発送の際に配送料が確定、成田での通関の際に関税、国内消費税が確定します。

今回の商品の場合配送料が5,139円、関税や消費税はなしでしたので合計17,501円。

結局Amazonより1,642円しか安くなってないけど・・・

セカイモン面白いです、でも送料や関税があるからそれなりのリスクを覚悟して買ったほうがいいでしょう。


到着

うちに届いた姿はこんなかんじ。

設置、使用レポートは次回。


告知コーナー!

最近新しいバンドに参加させていただいております。大久保以外でも主演する機会ができました。

11月23日(木、祝)

青木ひろみ(オカリーナ)ステージ
(カホンやります)

西荻窪 アケタの家

開演は16:00~、僕が出るのは18:00~

11月26日(日)

なこちぐら

中島みゆきのセッションに顔出してたらバンドに誘われてしまいました。立川のクレイジージャムです。

Chao!

Miércoles,quince de noviembre de 2017

冬が来る前に

今年のカレンダーがあと二枚、朝晩などはめっきり冷えてきて晩秋から冬に移っていくんだなーって感じます。

夏が好きな私は冬はあまり得意ではありません。寒いのもちろんいやなんだけど、夏みたいにうかつに生活できないのが面倒です。

ここ数年は手の特に親指の爪の左右が割れます、痛くて力が入らない。クリーム塗ってもなかなか治らない。今年も既に一回発生しました。何か対策はないかと検索したところ

ヒビケア軟膏

「ヒビケア軟膏」これがいいらしい、早速購入して塗り続けたところ解消しました。それより思ったのはハンドクリームにしても対策として使う回数が少ない上に遅かったんです。水仕事も手先を使うことも多いのにこれまではクリーム塗るのせいぜい日に2~3度。今年は手を洗う度にユースキンを使い、いざという時はヒビケア軟膏に頼ろうと思います。静電気防止にもなるし。

布団なんかも例年は寝てる間に「寒い」って感じて押入れから出してる始末だから。今年は今のところベッドスプレッドに安全ピンで毛布貼り付けて落ちないようにしています。加湿器も出しました。週末は厚い布団とホットカーペット出します。

この歳になってようやく気付いたっていうか、若いうちは迂闊でもなんとかなってたって事でしょう。


左吉さんですが餌をあげないと暴れるので昨日までは少しだけど食べさせてました。今日から給餌止めます。冬眠のセットは12月初旬かな

chao!

Miércoles,primero de noviembre de 2017

デジタルオーディオとりあえずの完成

前回の「続く」から2ヶ月近く経ってしまいました。その間にチョロチョロいじってとりあえずデジタル化が完成しました。

システム全景

どのように繋いでいるか下手くそなお絵かきで解説します。

配線図

RCAっていうのはいわゆるピンジャックでレコードとカセットは昔ながらのアナログ接続。赤い線がデジタルです。

レコードプレーヤー

TechnicsのSL-1200 MK3、カートリッジはDENONのDL-103

カセットデッキ

TEACのAD-RW900を使っておりましたがCDは再生できるのにカセット部分がうんともすんともいわなくなりました。修理に出そうかとも考えてるのだけど、とりあえず職場の移転時に拾ったAurexのPC-X10Mってやつを設置してます。Aurexは東芝のオーディオ用のブランド。詳しくはわからないけどメタルテープ対応でアナログのVUメーターなので1980年前後の製品かと思われます。カセットについては新プロジェクト進行中なので後日ご報告。


ここからデジタル篇、そもそもこの作業は買ったアンプにデジタル入力があったのがきっかけで、ずっと古いアンプ使ってたからずいぶん遅れたことやってると思ったらそうではなかった。ピュアオーディオではデジタル端子にあまり積極的でないようでまだそんなに多くないです。このmarantzのアンプのライナップは5005,6006,7005、8005とあるんだけど、5005と8005はデジタル入力がありません。下位モデルはコスト的なことだろうけど上位モデルはこだわりだと思います。結局どの段階でD/A(デジタル/アナログ)変換するかという話で、そんなコンピューターみたいな回路をアンプに組みたくないってことじゃないかな?

Mac Express、デジタル変換器、BDプレーヤー

ではご紹介に戻って、この辺は新調したもの。白い四角いのがAirMac Express、iMacやiPhone、iPadの操作で音楽が流せます。これを光デシタル(optical)でアンプに繋いでます。

ディスクを再生する装置としてPioneerのBDP-3140-Wを購入しました。13,000円ぐらい恐らく最安値で買えるデジタル出力のついたBDプレーヤだと思います。音声はopticalの出力がついています。

黒い四角いのはoptical、coaxialの変換器、opticalは光ファイバーでデジタルデータを転送、coaxialは金属の同軸ケーブルでデジタルデータを転送します。配線については後述。

J:COMのセットボックス

時計は関係ないです、以前はテレビの下にいたセットボックスをこの度こちら側に招待いたしました。これもopticalの音声出力。

ここで問題が、アンプの入力はoptical(光)が2、coaxial(同軸)が1なのに用意したのはみんな出力がopticalのみ。なのでBDは変換器を中継してcoaxialにしてアンプに繋いでおります。


ここから映像篇

EPSONプロジェクター

ホームプロジェクターとテレビ、同時では使わないけど両方につなぎたいので切替器で接続してます。

切替器

水色のやつ、HDMI入力1で左側がプロジェクター、右側がテレビに繋がっています。この状態ではセットボックスから入力。左のつながってないのがBDプレーヤーから来てるやつでここだけは手動で繋ぎ変えです。

プロジェクターの場合は本体の音がしょぼいのでアンプから音出してます。テレビはどちらでもいいんだけどアンプ経由のはほんの僅か音が遅れます。両方出しててるとディレイかけてるようになる。遅れたやつで観てるとズレが気になる時とならない時とあって大体は本体で音出してます。プロジェクターで見るのは多くが映画だけどこちらは気になりません。

今のところデジタル化でお腹いっぱい。ハイレゾなんかはまた気が向いたらやってみよう。

chao!

Lunes,treinta de octubre de 2017

 

ネットワークオーディオについてお勉強そしてとりあえずの策は

昨日の日記ではマランツ(Marantz)を「マラソン」とそら目した方が多かったようです、54歳はマラソンしなさいっていう天のお告げでしょうか?

新しいアンプがデジタル対応でハイレゾなども再生できちゃうということで興味がわいてきました。いままではアナログ接続一本やりだから。あ、昔はCDとMDを光デジタルで繋いでたかな。

そんでもっていろいろネットサーフィン。NASのハードディスクだのUSB-DACだのDSDだの知らない言葉がいっぱい。ちょっと整理してみよう

ハイレゾの種類(規格)

  • DSD
  • FLAC
  • WAV
  • AIFF
  • ALAC

機器によって扱えるものが違うらしい、一般的に新しいものほどいろいろ扱える。

こんなプレーヤを使うとそれができる

Marantz NA6005

デザインがアンプと合いますね。これならデジタルでつなげる。そしてNASにデータを入れてタブレットなどで操作もできるということ、いいじゃない。

ところがヤフオクで中古を探していたところ、2013年の機種が出てきてそれは既にファームウエアーが現行のmacOS Sierraに対応してないとのこと。だからって全然使えないわけじゃないだろうけどなんか寿命が短そうで怖い。オーディオよりはPC機器の仲間に入るんだろう。

USB-DACというのはPCのUSBからデータを受け取ってアナログ変換する装置、KORGとかもやってる。いい音の機種もようだけど今回の目的とは違う。


つまるところMacとアンプがデジタル接続できればいいんだろうと、するとあるページに「Macの音声出力端子は光デジタルに対応しています」ということが書いてあります。てっきりミニステレオだけの端子かと思っていたらデジタルで繋げるんだって。

しかし光ケーブルは長くのばせないのでMacをアンプの近くに持っていかなくてはなりません。今もそれがいやでBluetoothで飛ばしてアンプに送ってるから(これはアナログ)。

それはね、AirMacを使ってAirPlayということが出来るんだよ。って解説もみつけました。これだよこれ、ネットワークオーディオプレーヤーよりはるかに安く出来る。というわけで以下の商品を待って次へ進みます。(続く)

Chao!

Viernes,primero de septiembre de 2017