よこみたけいちろう のすべての投稿

心にゆとり、時間にゆとり?

なんだろう、ずーとゆとりがなく過ごしています。
今回3連休でちょっとほっとできています。

でも仕事は暇だし、プライベートだってなにも変わってないのに
こころのゆとりが減ってる。

キューバに行ったことが原因でしょうか。
それは十分ありそうだな。

とはいえ自分は自分の道を生きなくっちゃ。

ところで、このあいだ、NHKで「ハゲタカ」の再放送していました。
大森南朋主演のやつです。
(なもさん、武市半平太の最後も良かったなー、いい役者だ)

その中で鷲津(大森)のブレーン役、嶋田久作。
帝都物語がデビューの人ですが、
この人は怪演役者だと思います。

そんなカテゴリーがあるの?って。
伊藤雄之助を思い出しました。

「しとやかな獣」って大映映画。
若尾文子も出ています。
怪演してます。

Domingo diecioche de julio,2010

(Hatena::Diaryより転載)

カメの排泄物

  • さぼってばかりなので今日はmixiの日記コピペ

今日のはあまりきれいな話じゃないので、お上品な方は読まない様に。

前回の日記(注:mixi日記)で左吉君(ミシシッピーアカミミガメ)がエアプランツ(アナナス)を喰いあさったという話をかきました。

今日になって水槽の中に藁くずみたいのが散らばってるんですよ。
水槽は一昨日全掃除したから過去の汚れでなく、
そうそれは左吉君のうんち、アナナスの残骸。

うんちが崩れて柔いとこはフィルターにいったのでしょう。

カメも牛じゃないから草は完全に消化できません、
人間だってニラとかそうでしょう。(失礼!)

昆虫なんかを与えたときも外皮のような固い部分が数日後に発見されます。

4日経ってるから、カメでも消化にそれだけかけるんだね。

ところで、あるサイトを読んだら、
カメは四肢と頭が甲羅に収まらないと肥満です、と書いてました。
左吉君は手足のどれか2つを隠して、
他の手足や頭を押すとその隠したものが出てきます。

ガメラプレイなんができない。

飼い主ともども肥満であります。

Martes,seis de julio 2010

博打

相撲の世界がなんか大変なことになってますが、
数日前、mixiに落語や相撲は博打、花街といったものと切れない文化だって
書きました。

タニマチってものもあってのもんでしょうね。

今回摘発された力士、親方だって「自分は捕まらない、だってみんな」
という意識だったと思いますよ。
これだけ数が出るってことは、よほどの変わり者(?)以外は
手を染めてたはずだから。

私は、賭け事はやらないのですがそれは
•確率的に割りに合わない
•勝った、負けたで金のやり取りをするのがおっくう
の2点で、学生の頃すでに決めていました。

借金があるから博打をやるっていうのは変な理屈で、
通常借金を増やすのが落ち、
賭け事で儲けるには、胴元をやるか八百長(イカサマ)か、

相撲協会は今地獄の一丁目ですね、
きっと自力再生はできない。
石原軍団が西武警察で事故を起こした時のような初期対応が
できてれば良かったのですが。

Jueves,diecisiete de junio 2010

(Hatena::Diaryより転載)

気持ちを復活

キューバ旅行から一ヶ月強。
あれだけ感銘を受けて帰ってきたのに、
最近の私は元に戻ってきてしまっております。

あーだめだめ。
スペイン語の勉強もサボってるし、

仕切り直し宣言!
思い出そうキューバ!

ということで、明日から再度
日本の世俗には惑わされず生きれる自分をさがします。

Martes,cince de junio,2010

(Hatena::Diaryより転載)

食品売り場

熱しやすく冷めやすい質なので、キューバ食材に夢中です。
基本は豆と鶏肉、豚肉ですが、その豆が黒インゲン豆。
英語ではそのまんま「ブラックビーンズ」。

これがなかなか手に入りません。
S&Wというブランドの缶詰があります、
このブランドは私がスーパーに入った頃(20歳)は兼松江商が扱ってて、
色々変わって今はリードオフジャパンという商社が輸入しています。
この仕入れ先の思い出もあるんだけど、それはさておき。

リードオフジャパンでは、乾燥状態のブラックビーンズも
輸入しているのですが、成城石井やカルディでは売っていませんでした。
駒込に「カーニバル」って輸入品に強い店があり、御徒町に豆問屋があるので、
この前上野のライブの後寄るつもりだったのですが、
事情が許さず荻窪まで運転で。
でも、ネットで調べたら豆で在庫はどこもしていないようで、
リードオフジャパンでは通販で扱っていました。
しかし、代金と送料が同じぐらいなので今回は敬遠。

豆から煮るのはよして、しばらくは缶詰を使います。
というわけで、今日は渋谷のフォードショー内の成城石井の、
S&Wの缶詰を買い占めてきました。(たった5缶だけどね、先週は2缶買った)。

今日はアロス•コングリ(豆ごはん)と豆スープ(再挑戦)を作りました。
コシナクバナは続く。

(Hatena::Diaryより転載)

Musica cubana

「キューバでどんな音楽聴いた」って聞かれて答えられない。
「キューバの音楽」、あるいは「ラテン」。

サンバ、ボサノバはおおよそ「これ」っていうのが自分の中にあるが、
他のラテン音楽はジャンル訳する能力がない。

タンゴだろう、とかペルーっぽいとか、
そんなのはあるんだけど、ちゃんとは勉強していないし。

でも当人達がこれはこれって演奏しているわけでもないから、
実際は「キューバの音楽」としか言いようがないのかもしれない。

それでも私は、実はラテン音楽が大好きで、
ブラジルの音楽以外でも昔からよく聴いていた。
だから、今回の旅行でもキューバの音楽は心から楽しかった。

「百聞は一見にしかず」というが、
今は「聞」も「見」も道具で体験出来る。

「百録は一生にしかず」かな。

Domingo,seis de junio 2010

(Hatena::Diaryより転載)

ひまつぶし

キューバ旅行はこれまでの旅行で一番遠く、なおかつ期間も長かったので、
「寂しくなるかな」と、iPhoneにたっぷりと歌謡曲と落語を入れていきました。
本はガイド的なもの2冊、スペイン語のテキスト、辞書。
意識して普通の本を持っていくのをよしました。

日頃、電車の退屈に新聞、雑誌、本。あわせてiPhoneを聴いています。
たかだか片道一時間なんだけど。
退屈に耐えられない、ですね。

昔は、時間の方が遊ぶものより多かったから、
将棋や囲碁で時間をつぶすもの大変貴重なものだったはずです。
子供の頃正月にいとことやった「ダイアモンドゲーム」は楽しかった。

なにかのひまつぶしにゲームをやるのはきっと有意義なんだけど、
今は、ゲームや娯楽の方が過剰で、「寝る間を惜しんで楽しむ」
様になってしまいます。
ひどいものになると、それだから仕事も社会生活もままならない。

これじゃあ「ひまつぶし」どころじゃないわけです。
ゲームだけじゃなくって、このネットもそうです。
これは「退屈に耐えられない」からなのかなと思います。

キューバで「乾き」が必要だと感じました。
お金に、物に、情報に、そして娯楽もそう。
われわれの生活は過多で消化不良です。
足りないから欲しくなる。こういう状態を意識してゆきたいと思います。

Viernes,cuatro de junio 2010

(Hatena::Diaryより転載)

キューバ料理に挑戦!

モヒートは自分なりにまあできる様になったので、
今日は料理に挑戦。

まずは、むこうで一番うまいとおもった「黒インゲン豆のスープ:potaje de frijoles negros」

出来はまあ旨いのだけど、見直しの余地あり。
再挑戦。

レポートはおあずけ。

Jueves,tres de junio 2010

(Hatena::Diaryより転載)

だめだめ

21日に書いた内容が実践されないまま日々が経ってます。
今月は3日しかブログ書いていません。

キューバの経験があまりに衝撃的だったのと、
ゆっくり整理するつもりが、日本の俗に流され、
だめだめの日々を過ごしてしまいました。
まあ、しょうがない。

月が変わるからリセットするつもりです。
いつのまにかはてなのedit画面も変わってるし…

Lunes,treinta y uno de mayo 2010

(Hatena::Diaryより転載)

キューバの思いで

ようやく日々のブログに復活しようかと思います。
ある種のカルチャーショックを受けたもので、1週間はほぼ放心状態。
今週になって日本人として再生しています(?)。

でも、こうやってペースを取り戻すことがすなわち旅の貴重な記憶を
失ってゆくことにつながるのだなと感じています。
しばらく、旅の記録や感じたことを書いてゆきます。
ゆくゆくは撮ってきた写真と文章で形に残すつもりです。
その草稿みたいなものです。
退屈でしつこい内容になりますが、どうかご容赦を。
また、文体も変えますのでおことわりしておきます。

Viernes,veintiuno de mayo 2010

(Hatena::Diaryより転載)