写真で観る神津島旅行記~最終回~航空写真と総括

5月6日、後半

お天気が良かったので行きより鮮明な航空写真が撮れました。コースもちょっと違います。行きは一番後ろだったけど、帰りは前から二番目、プロペラより前です。

村落、神津島港
村落、神津島港
村落
村落
沢尻湾、温泉
沢尻湾、温泉
長浜、神戸山
長浜、神戸山
神戸山
神戸山
式根島、新島
式根島、新島
式根島、新島、地内島
式根島、新島、地内島
地内島、新島
地内島、新島
新島北部
新島北部
利島
利島
利島(港)
利島(港)
大島南部
大島南部
三原山
三原山
岡田港
岡田港
さるびあ丸?
さるびあ丸?

大島を過ぎたあたりで船を見つけました、午前中に出発したさるびあ丸でしょうか、きっとそうです。

三浦半島(城ヶ島)
三浦半島(城ヶ島)
油壺
油壺
ソレイユの丘
ソレイユの丘付近
佐島、自衛隊武山駐屯地
佐島、自衛隊武山駐屯地
佐島マリーナ
佐島マリーナ
芦名海水浴場、芦名漁港
芦名海水浴場、芦名漁港
横須賀、奥に房総半島
横須賀、奥に房総半島
横須賀海軍施設
横須賀海軍施設
湘南国際村
湘南国際村
八景島シーパラダイス
八景島シーパラダイス
ベイブリッジ
ベイブリッジ
みなとみらい
みなとみらい
新横浜
新横浜
都心方向
都心方向
日本女子大附属高校(生田)
日本女子大附属高校(生田)
よみうりランド
よみうりランド
京王閣
多摩川(川を渡ると京王閣)
矢野口周辺(鶴川街道と京王相模原線)
矢野口周辺(鶴川街道と京王相模原線)
稲城大橋
稲城大橋
小金井南中
小金井南中
野川公園、東八道路、多磨霊園
野川公園、東八道路、多磨霊園
多磨霊園
多磨霊園
機内
降機中の機内
おつかれさま
おつかれさま

歩き過ぎと自転車で足が痛くなったものの全体としてはのんびり過ごすことができました。お天気も良かったし。日頃満員電車にぶーたれ、時間がないといってる身に何か気づかせてくれたものがあると感じます。

島の人はひとあたりが良いというのは書きましたが、ある種達観したというか、この何もない島の中で生きていくことを受け入れてるのか、諦めてるのかわからないけれど自分たちとは違う感性で過ごしてるんだろうって感じました。キューバの人々に感じたものに似ています。

逆に言うとそれは何でも手に入る場所で生きている私たちが忘れてしまったものなのかもしれません。やりたいことを絞り込んで時間を大切にしていきたいと思います。(まあ、すぐ忘れるけど)

とは言うもののアニメイト(初日お昼を食べたスナック)の女の子が「私一回も露天風呂入ったことない」って言ってたのは選択を絞り過ぎなんじゃないかな。

Viernes,trece de mayo de 2016

写真で観る神津島旅行記~その5~汽笛を鳴らして出航

5月5日

この島の携帯事情ですが、4Gと3Gの状態が半々ぐらい。旅館の部屋の中では時々3Gになってました。サイクリングの間でも圏外にはならなかった、もっともこいでる間は見てないからわかりません。

この日も7時朝食、精算して9時前に出発。

最終日の村落
最終日の村落
村を歩く
村を歩く
また来るよ天上山
また来るよ天上山
村中にひっそりと、ほうそう神様
村中にひっそりと、ほうそう神様

飛行機は午後なので暇です。しかし足腰がすっかり疲れて今日は歩きまわったり自転車はパス。なのでバスで多幸湾三浦漁港に行ってみます。今日は船は就航できるけど神津島港ではなく三浦漁港(多幸湾)から出るとのこと。

神津島南部(Google earth)
神津島南部(Google earth)

多幸湾三浦漁港は島の東側、神津島港のサブの港です。桟橋をはさんで北側がビーチ、丸島のある南側も海水浴場です。こちらは漁港が波よけになっておだやかで遊びやすいと思います。


多幸湾、丸島
多幸湾三浦漁港の丸島
多幸湾
三浦漁港
多幸湾海水浴場(北側)
多幸湾海水浴場(北側)
天上山(大崩壊地)
天上山(大崩壊地)

天上山の南東部、おとといアップした地図で大崩壊地となっていた場所です。平成12年の地震で崩壊したそうです。この日も風がつよいので砂埃が舞ってました。

到着する飛行機
着陸する飛行機

南側では空港に降りる飛行機が見えます。

入港する船
入港する船

船が入港してきました、大型客船の「さるびあ丸」です。この船は夏に東京湾納涼船でも使われてます。

客船「さるびあ丸」
客船「さるびあ丸」
桟橋に並ぶ人
桟橋に並ぶ人
さるびあ丸航路
さるびあ丸航路
桟橋
桟橋(陸方向を臨む)

4日が全便欠航だったため非常に多くのお客さんが並んでいます。

自転車を組み立てる人
自転車を組み立てる人
島内へ出発
島内へ出発
自転車を持つ人
自転車を持つ人

レンタサイクルでなく自前の自転車に乗っている人はどうやって持ってきたんだろうと不思議だったのが解けました。こうやって分解して船でくるのですね。これだと追加の料金はかからないようです。

IMG_0676
さるびあ丸出航
カジキマグロの像
カジキマグロの像
三浦漁港待合所
三浦漁港待合所
売店
売店

僕が周った限りでは村落以外で物が買える場所は温泉とここの売店だけでした。

釣りをする人
釣りをする人
多幸湧水
多幸湧水

多幸湾海水浴場の片隅に湧水がありました。

IMG_0682

湧水
湧水

IMG_0684

さて今度は小さな船が入港、ジェットフォイル「セブンアイランド」です。

ジェットフォイル入港
ジェットフォイル入港
出航
出航

バスで村落に戻って、ちょっとお金が足りなさそうなので郵便局へ。役場や郵便局はちょっと高台。ATMは郵便局のみ、クレジットカードが使えるところもあまりないと思います。

神津島村役場
神津島村役場
昼食(藤屋ベーカリー)
昼食(藤屋ベーカリー)

お昼は島内唯一のパン屋さん「藤屋ベーカリー」で購入したかつサンドとクリームパン。

村落からバスがあるのかと思ってたらバスは朝の一便のみとのこと仕方ないからタクシー呼びました。タクシーの運転手さんが色々話してくれて、飛行機のプロペラの話なんかも教えてもらいました。この人「私が東京行くときも飛行機使うんですよ」って感じで話すのですが、僕はその度「ここも東京」って心の声で返しておりました。

チェックイン
チェックイン

早めに着いたのだけどチェックインしてくれません。調布飛行場では早くてもOKだったけどここでは出発の40分前からしかダメみたい。しかも飛行機が15分ほど遅れているということで何もない飛行場でマンガ読んでます。

JA34CA
JA34CA

ようやく搭乗、行きと同じ機体です。

機内のパンフレット
機内のパンフレット
離陸
離陸

次回は帰路の航空写真です。

Jueves,doce de mayo de 2016

写真で観る神津島旅行記~その4~海を眺める露天風呂

5月4日、後半

いったん村落に戻って昼食は昨日入らなかったそば屋さんに行ってみました、11時台でまだ早かったけどお昼から天上山登ろうと。

おそば屋、まいとりぃ
おそば屋、まいとりぃ
つけ鴨せいろ
つけ鴨せいろ

さて天上山標高537m

天上山ガイド(神津島観光協会ブログ  ~島だより~より)
天上山ガイド(神津島観光協会ブログ ~島だより~より)

非常に甘く考えていたんです、2時間ぐらいで行ってこれるだろうって。村落から「黒島登山口」に向かいました。

登山口に向かう
登山口に向かう
登山口に向かう
登山口に向かう

登山口までが自転車を押さなければ進めない坂、途中から昨日の歩き過ぎと午前中のサイクリングの疲れで腰も痛くなってきてます。40分ぐらいかかって登山口に到着。自転車を停めて登り始めますが・・・

天上山、1合目
天上山、1合目

1合目(211m)でふらふらしてしまいました、日差しも強いしこのまま登って行ったら倒れると判断し

断念

実はこのくだりは恥ずかしいからブログに書くのよそうかと思ってたんだけどまあ記録だから。というわけでそうそうに下山して温泉行きます。


神津島温泉
神津島温泉

露天風呂は混浴で水着着用、水着持ってないので内風呂だけでいいやと入場したのだけど

露天風呂入口
露天風呂入口

やっぱり入りたいよね、ということで受付で水着購入(2,000円)

少露天風呂
少露天風呂
少露天風呂から海岸を眺める
少露天風呂から海岸を眺める
少露天風呂
少露天風呂
少露天風呂源泉
少露天風呂源泉
大露天風呂
大露天風呂
IMG_5708
大露天風呂
大露天風呂、奥は展望露天風呂
大露天風呂、奥は展望露天風呂
大露天風呂源泉
大露天風呂源泉
展望露天風呂
展望露天風呂
展望露天風呂
展望露天風呂
展望露天風呂
展望露天風呂

塩水の温泉(ナトリウム塩化物強温泉)です。とても気持ちよかった。


ちょっと周って自転車を返します。

あいかわらず波が高い
あいかわらず波が高い
天草
天草
天草
天草

あちこちで天草を干してます。収穫した時は赤いんだけど真水で洗って干す作業を繰り返し色が抜けるそうです。

オリジナルフィルター
オリジナルフィルター

宿の近くのおうちで見かけました、上の小さな水槽がフィルターになってるんだ。


ということでご帰還!まだ16時だけど2時間ほど昼寝いたしました。今回昨日も今日も登山を断念してしまったけど、もう少し覚悟決めてかかないとダメですね、山をなめてました反省。

夜ごはん
夜ごはん
今日の焼酎
今日の焼酎

盛若が空いたので「思馳」、これもおいしい

神津島ダイヤアイス
神津島ダイヤアイス

昨日は勝手がわからなくて氷なしの水割りで飲んでたのだけど今日は氷買ってきました、島の水の氷。ちなみに島の水は美味しいけどそちらは商品にはなっていません。

サイクリング記録
サイクリング記録

距離は21.2kmとたいしたことないけど高低差が630m、土曜日の大久保往復の287mの倍以上でした。

Miércoles,once de mayo de 2016

写真で観る神津島旅行記~その3~サイクリング♪サイクリング♪

5月4日、枕が変わった上に大荒れの天気で夜中何度も目が覚めましたがそんな夜も明け7時に朝食。その時点ではまだ雨が降っていて強風が吹いていました。空では雲が凄い速さで動いてるので雨雲が去れば晴れてくるのかなと待機。

9時過ぎには雨が止んだので出かけることにしました。天上山に登ろうと思ったのだけどまだぬかるんでいるだろうからまずは自転車を借りてひと漕ぎして、午後に山に行こうという計画。

宿の近くから港を臨む
宿の近くから港を臨む

神津島地図
神津島地図

本人は行ったからわかって書いてるけど読んでる人にはわかりにくいから地図アップします。既に書いた分では飛行場から三浦湾周って村落に来ました。今日は自転車で北の橋の赤崎遊歩道のあたりまで行きます。ちなみに多幸湾より北の島の東側は道がありません。周るとしたら南と西側になります。

MTB
MTB

この自転車を借りました、前2段、後5段の10段変速なんだけど、前は固定で乗ってくれって言われてて後ろも重い方の2段が使えなかったので実質3段変速。それでも多少の坂はこなせます。

海、時化
海、時化

晴れてきてますが、強風なのでこの日の船は全便欠航になってます。

うず巻岩
うず巻岩
うず巻岩
うず巻岩
キャンプ客
キャンプ客
温泉付近
温泉付近
神津島温泉
神津島温泉

温泉、とりあえず通過して後で入りに来ます。

小浜とメッポー山
小浜とメッポー山
亀の形の岩山
亀の形の岩山
メッポー山
メッポー山
海岸線
海岸線
神津本道
神津本道
タモリさんに見せたい地層
タモリさんに見せたい地層
赤崎遊歩道
赤崎遊歩道

神津島の有名スポット「赤崎遊歩道」に到着、ほぼ北端です。時期になると飛び込みとかできるんだけど今日は遊泳のお客さんはいませんでした、そもそも海開きしてないのかな。

赤崎遊歩道
赤崎遊歩道
赤崎遊歩道
赤崎遊歩道

まだ先があるのだけれど、ここで立ち入り禁止

遊歩道から海を眺める
遊歩道から海を眺める
村営バス
村営バス

雨で動けなかったらこのバスで移動しようと考えてました。

大黒根トンネル
大黒根トンネル

赤崎遊歩道の少し先で立入禁止、トンネルの先にも道があるようなのだけどとりあえず終点なので引き返します。

海難事故の慰霊碑
海難事故の慰霊碑
みずがしりの泉
みずがしりの泉

神津島は湧水が多く、お水がおいしいです。山があって緑も多いので保水力があって、自然のろ過に優れているんだと思います。

おや、あんなところに人がいる
おや、あんなところに人がいる
しかし、立入禁止
しかし、立入禁止
IMG_0600
長浜海岸

帰りはちょっと山側の道で行きます。

長浜展望台より
長浜展望台より
小浜を上から
小浜を上から
小浜とメッポー山
小浜とメッポー山
小浜
小浜

行きの海岸線はあまり起伏がなかったのだけど、帰りはだいぶ高い所通っています、自転車も途中から漕げずに押してます。天気はすっかり快晴になり暑いです。このサイクリングで私は上腕と顔がかなり日焼けしまして、5月10日現在皮がむけかかっております。

お昼以降のお話は次回。

Martes,diez de mayo de 2016

写真で観る神津島旅行記~その2~ひたすら島を歩く

5月3日後半

神津島空港、カウンター
神津島空港、カウンター

空港は調布よりさらに殺風景です、1路線しかありませんからね。

神集島の像
神集島の像

もとは「神集島」と綴っていたようです。

空港
空港

飛行機が遅れたのでお昼時ですが空港には何もなく神津島港の村落まで歩くことにしました、途中で展望台とかあるからそこで軽食でもって考えたんだけどあてがはずれました、村落まで店もないし人にもほどんど会いませんでした。

三浦湾展望台
三浦湾展望台
三浦湾展望台
三浦湾展望台
展望台から海を臨む
展望台から海を臨む
展望台から
展望台から

歩き始めて気づいたんだけど島だから坂ばっかり。距離は大したことなくても登ってるか下ってるかだから大変。なんか雨も心配だし、村落までの道のりが不安になってきます。

ガクアジサイ
ガクアジサイ
長々と続く坂
長々と続く坂

そういえば秩父山に登る予定だったのだけど、入口を見失ってしかも予想以上のハードな道なので、断念。

村落
村落

ようやく人のいるところに来ました。地図を見ていたら少女が「どこに行くんですか?」って尋ねてくれて、何か食べるとこあるかな?って聞いたら「こっちにおすし屋さん、こっちにラーメン屋さんがあると思います」、ラーメン屋さんの方に向かったのだけどお寿司屋とそば屋があって、なんかそば屋さんも混んでるみたいなので定食やってると表示がある店に入りました。ちなみにラーメン屋さんはその後も見ることがありませんでした。

川を泳ぐこいのぼり
川を泳ぐこいのぼり
アニメイト
アニメイト

このアニメイトって店で「生姜焼き定食」を頼んだんだけど、営業するの今日からなんですって。ここスナックでいつもは夜だけ営業してるのだけど、坂の上のそば屋が混んじゃうのでこちらも連休中は営業するってことみたい。慣れてないからキャベツの千切りが下手で申し訳ないとおまけしてくれました。終いには「お客さんなんでおそば屋さんに行かなかったの?あそこ美味しいのに」だって。

島の人は先程の少女のように概ね愛想がよいです。この店もママと女の子でやってましたが色々話しかけてくれました。今回の旅行「どこから来たの?」って質問に東京って答えないように注意してました、だって島も東京だもんね。調布っていうと、飛行機ですかって話続くので便利です。

食事の後まだ時間があるので村内をぶらぶら

島の中心?
島の中心?
神々が水の分配を決めたといわれる碑
神々が水の分配を決めたといわれる碑
神津島港
神津島港
あぜりあ号、下田行きフェリー
あぜりあ号、下田行きフェリー
前浜海水浴場
前浜海水浴場
恩馳島
恩馳島
ジュリア墓地
ジュリア墓地
食品、資生堂、本屋
食品、資生堂、本屋
駐在所は立派
駐在所は立派
郷土資料館
郷土資料館
島、模型
島、模型
島、地図
島、地図
黒曜石
黒曜石

古代はこの黒曜石が神津島の特産品で重用され本州にも運ばれていたそうです、ガラス質の石なのでナイフや矢尻にしたのだとか。

あたあジュリア
おたあジュリア

流人墓地もありますが、ここは八丈などより軽い犯罪主に改宗を拒否した人が流されてたようです。おたあジュリアも朝鮮出身ですがキリスト教を改宗しなかったため流されこの地に眠っています。旅行の前に松坂慶子の出てる「るにん」って映画みました、それは八丈島が舞台で殺人や放火をした人が流されていたお話。それぞれに歴史があるものです。

物忌奈命神社
物忌奈命神社
物忌奈命神社
物忌奈命神社

ここは夏にかつおの収穫祭りがあるそうです。

宿へと向かう道
宿へと向かう道

ぶらぶらの途中でお昼食べた店のママにあって「まだ宿行ってないの?」ってあきれられました、そろそろ向います。

泊まる旅館は村内をだいぶ登っていったところで、もう少し進むと天上山の登り口に繋がります。

天上山
天上山
ふもと屋
ふもと屋

こちらに泊まりました。釣宿っぽいけどお客さんは学生風の女子2人組、同じく男子2人組、カップル2組、みんな若い人。おじさん浮いてました。

夕食
夕食

やり慣れてないから、ごはん写すの下手だなあ。主に海の素材です、写ってないけど亀の手の味噌汁ありました。

盛若
盛若

晩酌は村の酒屋で買ってきた盛若。麦焼酎を樽で熟成させておいしい!外は猛烈な風と雨で、明日どうなるんだろうと不安を抱きながら夜が更けていきました。22時頃トイレいったら全部の部屋の電気消えてて、僕も早寝といたします。

Fitbit
Fitbit

よく歩きました。

Lunes,nueve de mayo de 2016

写真で観る神津島旅行記~その1~調布飛行場から出立

先日書いたように三連休で神津島に行ってまいりました。たいしたことはしてないのだけど例によって写真だけはいっぱい撮ってきたのでそれを貼りながら旅行記を作っていきたいと思います。

5月3日、朝は晴天でした。調布駅からバスで飛行場へ

調布駅のねずみ男
調布駅のねずみ男
調布飛行場
調布飛行場
管制塔
管制塔

ユーミンが「調布基地をおーい越し」と書いているのはまさにこの辺のことです。曲が発表された1976年より前の1972年にアメリカからは返還されていて民間使用が検討されてたのだけど飛行場として使われ始めたのは1979年だから狭間の時期だったのです。

チェックインカウンター
チェックインカウンター

ここから飛んでいるのは大島、新島、神津島、三宅島の四島。

おみやげ自販機
おみやげ自販機

機内持ち込みも含め手荷物が5kgを超過すると300円/kgの料金をとられます。お酒1本買ったらそれで300円。それ考えるとびん詰のおみやげなど躊躇します、なのでこれも便利なのかな。

神津島ポスター
神津島ポスター

大型客船で約12時間、ジェットフォイルで3時間45分、飛行機35分。船は等級があるけど安い席なら飛行機の半額以下で行けます。竹芝桟橋まで行くのが私には遠いです。

ただ船は荷物がかなり自由なので分解できる自転車なら追加料金かかりません(3日目の記事に詳しく書きます)、目的によっては断然船なのかな。

ボーディング(味スタを臨む)
ボーディング(味スタを臨む)

バスの関係で結構早くチェックインしたので暇です、飛行場はなんにもありません。退屈しますのでなるべくギリギリに来るのがよろしい。40分前がベター。この日は神津島便が遅れて更に1時間待ち。iPadにマンガ入れててよかった。

JA35CA
JA35CA

乗るのは新中央航空の所有するドルニエ228という飛行機、ドイツ製です。島のタクシーの運転手さんに「飛行機新しいのと古いのあって羽の枚数が違う」と教えてもらいました。後で調べたらJA31CA、32CA、33CAがドルニエ社生産のドルニエ228-212、4枚羽。34CAと35CAはドルニエ社が倒産した後ドイツのRUAG エアロスペース社が生産するDo228NG、5枚羽でした。これはNGの方です、新島に飛んでいきました。

JA34CA
JA34CA

これが私たちが乗った機、NGでした。

JA32CA
JA32CA

これは私たちが乗る頃控えていた機で228-212の方、4枚羽ですね。大島行きになるみたい。

ドルニエ228,室内
ドルニエ228,室内

座席は左右8組と最後部が3席で19席、私は最後部の左側。飛行機を使っている人たちは子連れの夫婦やお友達同士の二人組みなどで帰省する人が多いのかなって感じました。確かに小さい子連れて長時間の船はやっかいだもんな。なので待合室では子供が大騒ぎ。


ジェット機に比べるとかなり低いとこ飛ぶので割りと鮮明な航空写真が撮れました。

離陸
離陸
中央フリーウェイ
中央フリーウェイ
中央道、調布入口
中央道、調布入口
翼の奥に新宿を臨む
翼の奥に新宿を臨む
国領、菊野台付近
国領、菊野台付近

これ偶然なんだけどうちのあたりです、真ん中辺の大きなマンションがつつじヶ丘ハイム。うちのマンションは低いから写ってないですが。

多摩川(登戸周辺)世田谷通りと小田急線
多摩川(登戸周辺)世田谷通りと小田急線
東名高速東京料金所
東名高速東京料金所
日産スタジアム
日産スタジアム
横浜みなとみらい
横浜みなとみらい
鎌倉
鎌倉
葉山(長者ヶ崎)
葉山(長者ヶ崎)

だいぶ雲が出てきましたこれで本州から離れます。

大島
大島
大島
大島
利島(としま)
利島(としま)
鵜渡根島
鵜渡根島
新島と地内島
新島と地内島
式根島
式根島
神津島北側
神津島北側
神津島西側(温泉付近)
神津島西側(温泉付近)
神津島西側
神津島港、村落付近
南端の空港へ旋回
南端の空港へ旋回
神津島空港
神津島空港

到着!今日はここまで、次回はこの日の後半書きます。

Viernes,seis de mayo de 2016

3連休で島にいってくるぜ

私は今年はカレンダー通りなのですが、2日と6日が仕事って想像していた以上にまぬけな感じです、ふにゃっとしちゃう。それでも明日からは連休中盤なのでちょっくら旅行に行ってきます。

行き先は神津島。調布に住んでいるのに調布飛行場使ったことがなかったから一度乗ってみたいとおもって挑戦です。調布から飛んでいるのは三宅島、大島、新島、神津島、神津が一番西側です。147kmを45分ぐらいで飛ぶらしいです。

ネットで飛行機の予約ができるのが1ヶ月前からで4月の頭に申し込めたんだけど、その前に宿とらなくちゃいけなくってそちらはネット対応がほとんどなくって5~6件電話してようやく民宿をひとつ押さえました。

島に行く人の多くがダイビングか釣りのようですが自分は行くことが目的みたいな感じなので、散歩(山登り)したりサイクリングしたりしようと思ってます。

調布付近と神津島
調布付近と神津島

これうちのあたりの地図に同縮尺の神津島の地図(ピンクの部分)を貼ってます。南北が柴崎から吉祥寺ぐらい、東西が柴崎から上北沢ぐらい。

神津島の面積は18.48キロ平米で全国78位(本州、北海道、九州、四国、北方領土含む)だとか。日本の島って6000以上あるからそれでもかなり上位なんだけど調布市(21.58キロ平米)より小さいです。上記のように自転車で一周とか楽勝だと思います。ただそれを計画してる4日が大荒れの天気予報が出てるんですよね。温泉だけになっちゃうかな~まあ現地対応で。

Lunes,dos de mayo de 2016