友達と声に出して読んでみた〜選挙公報

一月も明日で晦日です、年末だらしなかったのでひと月遅れで取り返そうとしたけど取り返せません、っていうか今月もだらしなかった。あ〜あ・・・。

昨日飲み屋(バンプです)でペーラジオのにーると飲んでまして、カウンターはあぐりちゃんだったのでまあ完全に友達ノリで話してました。

都知事選の選挙公報持ってたので皆で読んでみました、これがそれなりに面白い。ちなみに僕にーると政治的な考えが非常に近いです。そして今回争点と言われてる「反原発」は判断材料ではありません。もっとも今日のエントリはそんなことじゃなく泡沫な楽しさ。


 

以下は昨日の反応と、僕の個人的感想です。選挙公報を読んでない方はこちらからどうぞ。

☆松山親憲氏
手書きっていうのがユニークです、内容はおもに「反原発」なのでスルー。

☆酒向英一氏
けっこうトンデモなこと書いてますがあまり面白くないのでスルー

☆鈴木たつお氏
ベクトルが「反安倍」で内容に乏しいのでは?

☆ひめじけんじ氏
字が小さいよ、だから読んでない、投票率を上げてる世代を考えましょう。

☆宇都宮けんじ氏
・・・

☆根上隆氏
この人のはほぼ全文声に出して読みました、築地の河岸で包丁振りまわしたくだりで大うけ!

☆中川智晴氏
声に出して読んでも意味がわからない、石ノ森章太郎に失礼じゃないか?

☆金子博氏
天国の首都だって

☆細川護煕氏
選挙公報より選挙演説が面白いらしい、だって南極でシロクマが死んでるんだよ。

☆マック赤坂氏
8大革命、皆さんも声に出して読んでみて。僕は恋愛革命に参加したい。

☆舛添要一氏
内容はともかくまとめ方はこれぐらいが見やすいです。

☆田母神としお氏
どちらにしても寄りすぎるとね、ちょっと。

☆五十嵐政一
マレーシアがどうした。

☆ドクター中松
経歴(自慢)が多いです。

☆家入かずま氏
「だろう?」つまり問いかけてディスカッションで作り上げていこうというスタイルは理解できるけど、日本人の政治に対する民度はそんなに高くないってのが昨日の3人の結論。

☆ないとうひさお氏
四つ目の政策の「東京の人口を現在の1/2にする」には僕は若干共感します。遷都すべきだと思うんですよね。文化、経済、外交なんかを札幌、仙台、名古屋、大坂、博多あたりに分散すべきだと思う。オリンピックも日本への招致は賛成だけど、東京じゃない方がいいと思っていたから。


 

それにしても供託金(確か300万円だよね)を出してこれだけの人が参加するって面白いというか、無駄というか・・・。

ちゃかしてすみませんでした、それでもね選挙にはいきましょうね。

Jueves treinta de enero de 2014

遊びでもテレビを観るのにも自分のキャパを越えてはいけない

新年からのドラマが興味あるものが多くて観るのが間に合わずHDDに溜まってく一方です。
ざっとあげてみると(以前から観てるもの含む)、

  • 月曜〜金曜日:ごちそうさん
  • 月曜〜金曜日:ちりとてちん(再放送)
  • 月曜日:隠蔽捜査
  • 月曜日:失恋ショコラティエ
  • 火曜日:紙の月
  • 火曜日:おふこうさん
  • 水曜日:明日、ママがいない
  • 日曜日:軍師官兵衛

単発ドラマ(HDDに眠ってます)

  • 足尾から来た女(前編•後編)
  • 三億円事件(松本清張ドラマスペシャル)
  • 黒い福音(松本清張ドラマスペシャル)

その他、坂本龍一のスコラやタモリ倶楽部も録られていきます。

週末にまとめて観ようと思っても、遊んでたり映画観ちゃったりではかどりません。つまり録る量減らせってことですね、南無。

ところで今日のニュースで、軍師官兵衛のナレーションの藤村志保さんが降板することになったそうです。大怪我をなさったそうで大事になさってほしいです。ただ、あのナレーションはあまりにおどろおどろしく評判が悪かったのでドラマ的にはOKかな。

キャスティングも役者の晩節をけがすようなことは止してほしいと願います。

住んでるところの今昔航空写真

最近新しいダイエットを始めました、内容は内緒です。っていうかまだ効果が出てないどころかマイナス(つまり増えているありさま)なので結果が出るのか不安・・・。

ところで、前から入手してたんだけど自分の住んでいるところの昔の航空写真があるので現在のGoogle Mapのものと比較してみます。

◆まずは現在の自宅(調布市柴崎)

38

昭和38年の写真です、私の住んでいるマンションはつつじヶ丘ハイムの下(南)で、ハイムからうちのマンションのあたりは、日本針布って会社の工場が戦前から建っていて、この会社は「風船爆弾」の材料を作っていたらしいです。

風船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)において日本陸軍が秘密裡に開発した気球に爆弾を搭載した兵器である。陸軍少佐であった近藤至誠が、デパートのアドバルーンを見て「風船爆弾」での空挺作戦への利用を思いつき、軍に提案をしたが採用されなかったので、軍籍を離れ、自ら研究を進めた。その後、近藤は病死するが研究は進められ、神奈川県の陸軍登戸研究所で開発されている。 「ふ号兵器」という秘匿名称で呼ばれていた。戦果こそ僅少であったものの、ほぼ無誘導で、第二次世界大戦で用いられた兵器の到達距離としては最長であり、史上初めて大陸間を跨いで使用された兵器となった[1]。なお、「風船爆弾」は主に戦後の用語で、当時の本来の呼称は「気球爆弾」であった。

(風船爆弾:Wikipedia

shiba-2

これが現在、比べると畑がなくなって高層住宅が増えています。大きな区画整理はサれていないので道は昔のまんまです。


◆もういっこ行きます、千葉の実家(千葉市稲毛区宮野木)

48

これは昭和48年頃、僕が親と千葉に引っ越した頃。中央辺りの家は京成が企画した建売住宅で、この時代に開発~売りだされたのです。左下に見える高速道路が京葉道路で写ってないけど先に「宮野木ジャンクション」があります。中央ちょっと上プールが写っているのが、宮野木小学校で僕が小4~卒業まで在校していました。小学校の先あたりは窪んだ田んぼや林があってまだ開発されていません。田んぼでおふくろと野草を摘んだ思い出がありますから。学校の敷地も周りは林や崖で秘密基地を作るのに最適な環境でした(最後はすべて見つかってしまったけど)。

2014

はい、そして現在。公園などで緑地は残っているものの見事に宅地化されています。学校の校庭もスクエアに整備されゆるい管理ではなくなってしまいました。窪んだ田んぼは全部埋め立てて新しいお家が建ってます。地盤は大丈夫なのかと心配したんだけど311では全く問題なかったようです。

というお話でした。

Martes,veintiocho de enero 2014

忘れ物で気づいたよ~今週もラジオの更新が遅れます。

気温は低いのだけど17時過ぎまで明るいっていうのは少し嬉しくなりますね。

昨日飲み過ぎてフラフラでbumpにいろんな物を忘れてきてしまいました。ペーラジオの音源も忘れたので今週は週の後半まで更新ができません

忘れたものの中にLightningケーブルもありまして、iPhoneの充電ができない。以前のdocケーブルなら自宅にも職場にも転がってるんだけど、新しいのは1本しかないのだ。Amazonでは安いもので50円くらいから売ってますね、怖いよ~。しかし急を要するので田町駅のテックサイト(ヤマダ電器)に行ってみました。

するとお店の中がガランドウで「2月2日に閉店するので商品の入荷がありません」って張り紙がしてあります。あ~閉まっちゃうのだ。僕なんかでもこの店出来てから数回しか買い物したことないものな。オフィス街だから一定の需要はあるようだけど、Amazonやアスクルでコト足りちゃうんですよね。

それで売れ残りの中に純正を含めいくつか品揃えあったのだけど、高いからやめてローソンでサードパーティーのモノを購入、それでも1680円。アンドロイドのケーブルや昔のdocケーブルよりずっと高いのじゃないか?上納金が含まれてるんだよねきっと。

そんなわけで無事充電

写真 2014-01-27 17 19 10

Lunes,veintisiete de enero de 2014

 

将来は思い出をどうやって語りあうのだろう

昨日は帰宅時間に京王線が止まってしまって迂回して帰りました。一昨日は小田急の窓から飛び出した人がいたそうで、なんか続いてます。

  • 13:20渋谷発の井の頭線、各駅停車に乗る
  • 下北沢に着いた頃、18:21に千歳烏山で人身事故があり京王線が止まっているとアナウンス
  • 明大前に着く前に再開は19:30頃と京王のメールサービスで知る
  • 明大前で時間を潰すか、振替か迷ったけど、吉祥寺から帰る事に決める
  • 振替バス券2枚もらい、バスを乗り継いで帰宅

いつもより30分くらいの遅れで家に着きました。運転再開は結果的に20時頃になったらしいので明大前で待ってたらストレスでした。

さて、ちょっと思い立って昔の写真をスキャンして写ってた友人にFBで見せたりしています。自分が20代前半だったりのものもあり、懐かしがってくれてこちらも楽しく感じます。行った先がどこだったか、一緒に写ってるのが誰だったか細かい記憶が曖昧になってたりして。約30年って時間はなかなか長いものです。

現在はイベントがあるとSNSにぱっぱと写真とコメントアップできるし、ブログに書くこともできる。なによりデジカメだから銀塩の写真より保存や閲覧が楽。

さあこれが時間が経つと果たしてどうなるのでしょう?周りの人間の多くがインターネット始めた頃(2000年前後かな)にはメーリングリストなんかはやって夢中でやってたけど、見返すこともないし。ウェブではもっぱら掲示板でこれはこれで楽しかったのだけど振り返ることもないですね。

ネットにアップするデーターはタイムリーでコンテンツも充実してるけど、昔の一枚の写真のような重みがないのかもしれませんね。今の20代の子たちが50歳ぐらいに鳴った頃、何を見ながら思い出を語り合うのかって、ふと感じました。

Sabado,veinticinco de enero 2014

TEAC AD-RW900、カセットのデジタル化

寒い、寒いと言っていたらなんか暖かい陽気、2月があるからまだ油断はできませんが、井の頭線沿いの紫陽花の下に若い芽が生えてきたりして春の訪れを感じます。

さて最近は、昨年末に購入した「TEAC AD-RW900」でカセットテープをコツコツとデシタル化しています。

写真 2014-01-11 12 05 05

これは「カセットテープ」から「SDHCカード」にダビングしている図です。フォーマットはMP3でビットレート128kbpsです。オーディオ的には最低ですが、カセットの音質から考えれば充分だと思います。今のデジタルで聞くとカセットの音は周波数も狭く回転も怪しいです、なのでヘッドホンで聞くよりスピーカーで聞くほうが良い。

そんな中感じたのは、ミュージックテープ(販売用、ソフト)はさすがに劣化が目立たないものの、比較的新しい(といっても20年以上前だが)ものよりも僕が中学生ぐらいに録音していたテープの方が安定した音で残っているのです。その頃はハーフ(カセットのがわのこと)は白いものが多く、早送り、巻き戻しをすると「キュルキュル」って音がするような精度だったのですが、それなりに技術とお金を使って作っていたのでしょうか?まあ高かったし。僕らが大人になった頃からはハーフの精度は格段に上がり、価格もすごく安くなったんだけど大量生産で耐久性は二の次にしちゃったのかな? ~わかりません感覚の話だから。

「ペーラジオ」のファイルなんかでも128kbpsのMP3なら1分=約1MBです。60分テープ1本なら60MB、テープはC-46からC-180ぐらいまであるけど、自分のコレクションだと平均C-60ぐらい。そうすると1GBで60/1000=16.666本、16GBのSDHCカードを使えば266本録音出来ちゃう。

CDやレコードで音源を持っているものは省いて作業しているので、16GBのカードで余裕で片付きそうです。実物の容積比にしたらすごいことだと思う。

写真 2014-01-23 7 17 06

今のシステム、左下はプロジェクターの音に切り替えるセレクター。

Viernrs,veinticuatro de enero de 2014

ライブ・セッション日記2014-02~ごちゃまぜライブ at Bumpcity

1月19日 ごちゃまぜライブ at Bumpcity

まさにその名の通り系統の違うバンド2つに出ました。対バンもベイ・シティ・ローラーズのカバー、J-POP、ハードロックなど百花繚乱。


★Lost&Found

世界のグッドミュージックを演奏していくことを目標にしているバンドで、ハワイアン、アメリカン、アイリッシュ、沖縄、アジアなど多彩にやってます。今回はちょっと絞って。


★潮騒のアクビーズ

バンド名でネタバレなこのバンドは「なんでもトリビュートセッション(NTS)」からうまれました。コンセプトは楽しい曲をやる!ついにキョンキョンに手を出してしまいました。

楽しい1日でした~。

Jueves,veintitres de enero de 2014

 

ライブ・セッション日記2014-01~第15回 J-Divaセッション

MacBookはもう一度部屋を温めて何度か繋ぎかえたらあっさり充電できるようになりました。もうあんまり外さないことにします、でも繋ぎっぱなしでも時々消えるからな~。何にせよ危なっかしいのでしばらくしたら新しいの買おうと思っています。ノート型はProにしてもAirにしてもHDDじゃなくなってストレージが割合小さいので、選ぶならiMacかな?


さて、今年一発目のセッションは「第15回 J-Divaセッション
毎度!って感じなのですが、参加者の顔ぶれが変わってきておりまして、少し新鮮に楽しめました。

  • 月に負け犬/椎名林檎
  • Bi-Li-Li Emotion/Superfly
  • Oh! Can Not Angel/Judy&Mary
  • LOVER SOUL/Judy&Mary
  • クラシック /Judy&Mary
  • Over Drive/Judy&Mary
  • 雲路の果て/Cocco
  • あなたへの月/Cocco
  • ポロメリア/Cocco
  • タイムマシンにお願い/木村カエラ(サディスティック・ミカ・バンド)

+「おかわり」で数曲。

いつもながら案外難しい曲が多くて少し苦労しましたが、終わると快感です。

Miércoles veintidos de enero de 2014

MacBookの電源が繋がらなくなっちゃって

うっかり10日以上も更新が空いてしまった・・・、少し元気が無かったり週末のお遊びが忙しかったりで。今年のライブ活動をそろそろ書こうと思っていたのだけど、急遽PCに緊急事態が発生したのでそちらを。


愛用のMacBookの電源が繋がらなくなってしまいました。MagSafeっていう本体に接触する部分が点滅しない。充電ができなくてバッテリーの残りが数%、風前の灯火です。

写真 2014-01-20 21 08 48

前からちょくちょくあったことなんだけど、いろいろやってるといつの間にか直ってました。今回はちょっと厳しい。

19日の日中はOKで、その夜帰宅して蓋をして(スタンバイ)20日の朝から通電してませんでした、とりあえず仕事にいって帰ってきてもダメ。webで調べると、

  1. 端子を引っ張ったりねじったりする
  2. 部屋を温める(10°C以下では作動しないらしい)
  3. アダプターを外して時間をおいて再接続
  4. SMCのリセット
  5. バッテリー交換

などが有効な回復方法らしい、1.と2.はこれまで何度か成功していることでもちろん試したけどNG、3.も1分、10分、1時間どれもダメ。4.もウンともスンともいわない。バッテリーはこちらのサイトによると「ノートブックコンピュータもiPodもiPhoneも、バッテリーの充電を何回も繰り返すことができます。」とあって、このあいだまででも100%の充電ができてたのでまだ大丈夫だと思います。


というわけで、本日帰宅したら開けて電源のとこチェックしてみようと思います。それでダメなら買います。こいつも頑張ってくれたけどもう4年以上働いてるもんね。ただ買い換えるとなるとMacBookが死んでるのでデータの移行はHDDを取り外してってことになっちゃいます。メンドクサ。

Martes,veintiuno de enero de 2014

 

タクシーのニュースより~キューバの車社会を再考してみました

キューバタクシーの法律が変わるというニュースを見たので、ちょっとその辺について書こうと思います。これまでは全員公務員だったものを自営業者に変えてゆくということです。ちょっと前には輸入車の個人所有を許可する法律変更があり、確実に開放路線へ向かっていることが見えます。もっとも当の車の値段が2000万円以上とかで、全く手が出る状態ではないようです。

わかったような事をかいていきますが、たかだか数日旅行をして本を数冊読んだだけ。この国の車事情は複雑を理解しきれてるわけではありません、でも現時点で自分の知識をまとめておきます。間違ってる点や補足できることがありましたら是非コメントください。


キューバといえばアメリカ車の旧車です。50年以上前の車が生き残っている理由は、

個人間で取引できるのは革命以前に輸入された車だから

ヨーロッパの車も日本の車も走ってますがそれはそれなりの理由がある車で、一般民は旧車を大切にせざるをえないのです。それでも車を手に入れられるにはそれなりの職種と階級が必要だそうで、「金」だけでない共産主義の一面も感じます。

IMG_1730

IMG_0431

上記2枚はハバナにて、このような旧車のタクシーは旅行者でも乗ることができますが多くは「乗合タクシー」として機能しているようです。

我々が一番多く乗ったのは旧ソ連製の「ラーダ」、この写真はタクシーではありませんが2台とも「ラーダ」です。元々がフィアットのノックダウンということでイタリアンデザイン。

IMG_1199

この昔のカローラのような顔をした車も旧ソ連製、トリニダにて。これもイタリアチック。

唯一乗ったアメ旧車がこの「キャディラック」、バラデロのホテルで呼んでもらいました。ちなみに残念ながら旧車の多くはエンジンを積み換えており、サスペンションもガタガタでワクワクして乗るような代物ではありませんよ。

IMG_1618

バラデロはリゾートで、基本的には働いている人と観光客(外人)しかいないので、こんな旧車もサービスで置いてあるのかもしれません。


日本でも白ナンバー、緑ナンバーなどいくつか色分けがありますがキューバでは、

白は、   政府高官
黄色は、  キューバ人の個人所有の車
オレンジは、外国企業所有の車か、そこに勤める人のもの
赤は、   レンタカー
水色は、  キューバの国営企業のもの
緑色は、  軍関係
エメラルドグリーンは、内務省
茶色は、  政府関係
黒は、   大使館所有の車か、外交官のもの

 こちらのサイトより引用いたしました)

ここで上の写真をもう一度みていただきたいのですが、ハバナとトリニダの車は「個人所有」、バラデロは「国営企業」のものとなります。じゃあハバナのタクシーは個人事業なんじゃないの?って思ってしまうのですが、先のニュースでは違う(国営)ようです。車は持ち込みで身分は公務員なのでしょうか?この辺はわかりません。


IMG_1760

ハバナにて、「シトロエン」(右端はラーダ)。オレンジナンバーだから、きっとフランスの企業関連のものでしょう。

IMG_1739

ハバナの博物館近くで、ルノー4(カトル)、青ナンバーなので国営企業所有ですね。


カラフルでバラエティーに富んだキューバの車たちに対し、プリウスとフィットばかり走ってる日本の道路の方が よほど共産主義っぽいのですが、ぱっと見るのと中身は大違いで、実際の事情は大変なようです。なにしろ未だ「個人の移動の自由」がない国ですから。

書くだけ書いたら、そうです「また行きたくなっちゃった」

Jueves,nueve de enero de 2014