僕はハロウィンに興味がない、なんでなんだろうかと考えてみた

今日は10月の終わりの日でハロウィンです。「ハロウィーン」って書くのが本式だみたいな向きもありますがどうでもいいです、僕は「ハロウィン」で覚えたからこれでいきます。世間ではディスプレイやお祭騒ぎに盛んですが、僕はイマイチこの日に興味がありません。なんでかなって考えてみました。アマノジャクなので世間でわーわーやっているとひいちゃうっていうのは多少あるのですがそれだけではないようです。

ネットで「ハロウィン」について調べると、イギリスやアイルランドのアングロ・サクソンの地方が発祥の行事で、今では主にアメリカで行われているということ。アメリカ文化に俗された地域にも伝わってて、最近ではヨーロッパや南米なんかでも行事として行われてるみたいです、我が国もね。もっともバレンタインデーにしてもこのハロウィンにしても「祭り」としての文化が伝わったというよりは季節のイベントとして販促なんかにしている要素が高いですから。昔、読んだ知識だとハロウィン~感謝祭Thankusgiving day)~クリスマスというのがアメリカの秋冬のイベントの流れらしいのだけど、サンクスギビングは日本じゃほとんどイベントとして扱われないでしょう、まあ商売にならないですもんね。


僕が育った環境(千葉及び東京)だと盆踊りは近くの学校で、秋祭りは近くの神社でどこの町でもやってるもので、遊びに行ける時は行きました、でも積極的に毎年必ずじゃなかったな。氏子だとかお祭りに熱心な人達はそれは熱心で、お神輿担がないと気がすまないし、その時期は当然仕事より祭りなんて感じです。そういえば以前働いていたスーパーには、下北の鮮魚店の息子がいたのだけどその人がお祭り好きで、もう一週間ぐらい前からはそわそわしてたし、お囃子が聞こえたら飛び出していきそうな雰囲気でした。


環境や時代でいろいろ変わってくるものなのでしょう。僕らは核家族でおよそ無国籍じゃないかと思うような文化の中で育ってますから、地場に根ざしたものや地域のコミュニティーに郷愁をあまり感じられないのだと思います。

反面、なんでもいいかというとそれなりに経験、想い出がないとピンとこない。クリスマスお正月は子供の頃からの想い出があって、プレゼントやお年玉がもらえるっていう「現金」なことだけでなく、なんかワクワクしたものでした。だから育った時代によって違ってて現代っ子だったらハロウィンにもワクワクするのかもしれません。

節分の「恵方巻き」に馴染めないのも同じ理由かな。

ライブ、セッション日記 2013その25

10月27日 「天野月子セッション vol.1」 at bumpcity

天野月子」現在は「天野月」という名前で活動しています。彼女の曲だけをやるセッションです。僕が仕込んでいったのは6曲。

  • ニワカアメ
  • 時計台の鐘
  • 青紫
  • サンドリヨンの番犬

6曲なのですが、大概は1曲を2〜4回演奏しているので、全演奏は20曲分ぐらいでした。少し疲れたけど楽しかったです。参加してくれた皆様ありがとう。

ライブ後は日本シリーズなど見ながら、だらだらと中央線の終電近くまで飲んでしまいました、これも楽しかった。

しかしつくづく知らない曲には弱いなーって感じます、全然入ってこない。キャンディーズユーミンなんか恐ろしい程聞いているから、コピーうんぬんの前に十分曲を知っているのですよね。なんか曲の雰囲気似ているっていうのもあるのだけど、聞き込んでないとダメです、反省!

ひとつ終わったので、キャンディーズとユーミンに向けて。

マーベリックス

Macの新OSがリリースされたのでダウンロード、インストールしています。僕のMacbookは2010後期で今回はまだ対応機種でした。LIONで最後だと思ってたんですけどね、以外と早く新しいのが出ました。でも最強のOSはCatとネーミングして欲しかったな。

ダウンロードから3時間半まだ終わりません、これはiPadで書いてます。結果報告は後日。

iPhoneのメールが化ける

週末にかけて台風が来ますね、今回はちょっとそれるみたいですけど気をつけましょう。

ここのところある相手にiPhoneで返信したメールが文字化けするという現象が起こっていました。相手のメールをそのまま引用して送るときに起きてます。ちなみにiPhoneは返信の際、元のメールの引用の有無を選択できないので多くはそのまま引用して、引用なしの場合せっせと手作業で消してます。

これまではdocomoの相手だけでおこってたのでキャリア間の仕様の違いだと考えていたら、昨日iPhone(しかもSoftbank)でおきました。

このようなメールを受け取って

受信メール

そのまま返信

受信メール

相手から「全部化けてる」と指摘を受けました。調べた結果、原因は文字コードで(あたりまえだけど)、①(まるいち)という機種依存文字がいけないようです。試しに自分のPCに送ってみるとこのようなヘッダ情報が得られました。

PCに来たメール

Content-Type: text/plain;
charset=cp932

機種依存文字や絵文字を引用すると文字コードが「cp932」になり、これがスマホやiPhoneで読み取れず化けるという仕組みらしいです。

以前のdocomoの友人のメールも絵文字を引用して送っていました。

携帯とスマホ、PCなどでいろいろな文字コードを変換する必要があるのだけどそれに漏れてしまっている問題のようです。

解決してほしいけどそれまでは使い方注意かな。

 

あわただしい一日

Macの新機種が発表になりました。iPadは小さく軽くなるし、iPad miniはRetinaになるし、欲しいな〜、わかってます、iPhone変えたばかりでそんなことできる身分じゃありません。

ところで、今日は仕事は普通通りっていうか、午後はちょっと忙しかったのだけど。アフターが、

18時に仕事終えて、ドラムレッスンへ(19:00)。
20時に終えて高円寺から新宿のスタジオへ、21-23でバンドリハ。
友人が「しょんべん横丁」で飲んでいるというので30分合流
(実際は45分程)

今帰宅中の京王線です。

今日のリハは、AKN。11月にまたユーミンやります。

ちりとてちん

あまちゃん」が終わって「ごちそうさん」に変わって早いもので3週間経ちました。あまちゃんより数字が良いらしい、不思議ですね。悪くはないのだけど、ちょっとリアリティー感に不満があります。

  • 明治後期から大正にかけてあんなに豊かであったのか?
  • 電気やガスが一般的でなかった時代、ご飯炊くのだって簡単じゃない。その重労働感がない。
  • やはり「め以子」も「西門」もでかすぎる

朝のBSでは現在のドラマの前に過去ものの再放送をやってまして。こちらは1週間ずれて「純情きらり」に変わって「ちりとてちん」が始まっています。

実は僕が朝ドラに傾倒したのは「ちりとてちん」で終わりの頃から見だしたので、その後DVDセットを購入してせっせと全作を観たものでした。ちなみに「ちゅらさん」はNHKオンデマンドでせっせと観ました。
本放送は今から6年前の2007年10月から、話としては妄想癖のある何かにつけてダメな女の子が落語家になる夢に向かって生きてゆく物語です。2~3回は観ているのだけどまた頭から観ると新鮮です。続けざまに見るより一日15分を楽しむのが大切なのかもしれません。

何回も観るっていえば、寅さん社長シリーズ刑事コロンボなんか何回も全作観てます。特にそれぞれ1作目とか10回を超えているのではないかな。つくづくもっと時間を大切に使えばいいのではないかと思うけどそれも糧になっているのかしら。

ちりとてちんは貫地谷しほりが主役なんだけど、それ以上に母親、糸子役の和久井映見がいいのですよ、何回観ても面白い。母と娘、ライバルの友人、夢を求めて都会に出てゆく、あたりの設定は「あまちゃん」と似てるものがあるのかな。

という具合に私の1日30分のドラマ鑑賞は続きます。

石垣島に行ってきました、その5(旅を終えて)

僕は今日ぐらい寒いと滅入っちゃうぐらいで、暖かい方が好きです。旅行も出来るなら南に行きたいと思っています。だから年に一回ぐらい沖縄方面へ続けていきたいです。なんでも国内線で一番お客さんが多いのは羽田ー新千歳なんだとか、北海道も綺麗で美味しいもの多いのだけど自分としては好んでは向かいません。
石垣島は那覇から飛行機で1時間、距離的には東京ー大阪ぐらい。地図で見るとわかるけど台湾の方がずっと近い、気候的にも文化的にもそちらを考慮しないと理解できないです。沖縄本島とは似ているような全く違うような、そこが魅力なんじゃないかな。気候では本島より暑く湿度も高く感じました。

新空港が出来て観光客は増えているようです。市街地から距離もあるのでタクシーやレンタカーの需要も伸びてるんじゃないかと。それで俗化していくのは諸刃の剣でいかんともし難いですね。いつまでものんびり牛がいる島であって欲しいですけど。

今回はBさんの案内で楽しい石垣の夜を過ごせました。100 冊のガイドブックより1人の知人ですね。

いつもながら品川に着いて何故かほっとして(羽田はまだ旅気分)、翌日から満員電車に乗ってる自分が悲しいです。

石垣島に行ってきました、その4(悲しいかな短い旅は終わり篇)

昨日の盛り上がりで酔いつぶれて起きたら朝食ギリギリ。チェックアウトして宿の近くの「唐人墓」へ。面白くもなさそうだから行きたくないって言ってたのだけど多数決で。

唐人墓

はいはい見ましたか〜納得しましたか〜、なんて言ってるときに事件がおきました。駐車場に停めてた車をそのまま前に出したらうっかり車止めに乗り上げてしまい、すぐにバックしたのだけど砂地で空回り。どうにかして車止めをこえなければ脱出できない状態です。Mさんが材木探して来たけどダメ、観光客を乗せたバスの運転手さんも手伝ってくれたけどダメ。レンタカー屋に電話したら保険屋に連絡してくれって、それで保険屋に電話している最中に地元のタクシーの運転手さんらが。「おーい持ち上げるぞ」って。あっさり抜け出しました。感謝!
その後、保険屋に事の仔細を伝えると、レンタカーの返済時にこの件を伝えることと警察へ連絡してくれと言われました。公道でもないのに警察はないだろうって拒否しましたけどね、もちろんレンタカー返済時には全部細かく説明しました。

気をとりなおして空港へ、途中寄り道写真。

徳洲会病院

O君の働いてた「石垣島徳洲会病院


カーナビのせいにするわけじゃないけど、新しい空港がナビにいれられない。何回も昔の空港ぐるぐるしました。

どうにか到着、空港のコインロッカーに荷物を置いて、泡盛工場見学。運転手が試飲できないためレンタカーでは行きませんでした。請福酒造をめざします。

石垣はタクシーの初乗り480円、それなりに乗ってもまあ安い。空港から市街地までは3000円弱です。東京の運賃なら5000円超えるよね。それで、着いた請福酒造がまさかのお休み・・・。
運転手さんにすすめられ急遽「八重泉」に変更。酒造りのビデオ観て、試飲。

八重泉

八重泉試飲

試飲、ちょこ

おいしかったよ〜


 

空港、食堂

空港に戻って、職員の人にレストランてどことどこにありますって聞いたら、従業員さんも使う(ふつうのお客はあまり来ない)場所を教わりました。

搭乗

手続きを終えて搭乗を待つ時間です。なごり惜しいけど楽しかった。ありがとう、石垣、竹富。

 

石垣島に行ってきました、その3(食べ歩き、飲み歩き篇)

昨日のエントリーの追加情報です、私達を案内してくれた水牛は「ワカちゃん」でした。だいたいはメスが曳いてるみたい。

水牛、ワカちゃん


竹富から帰ってきて、三人で行動開始。ちょっと遅目のお昼は軽く「島そば」を食べようということになりました。ガイドブックたよりに探しますが一軒目のお目当ては日曜定休(商売っ気がない)。で、市役所の近くの「島そば一番地」へ

島そば一番地

島そば

ごくシンプルな島そばをいただきました、500円。島とうがらしの泡盛漬と「ピパーチ」っていう薬味を少しずつ入れていくと味が変わって面白いです。


別腹ということで、Cさんが行きたがってた「ミルミル」というジェーラトハウスへ

ミルミル、ジェラート

海が見える緑の丘の上に建っています。外にもテーブルがあって開放感抜群。僕は「シークワーサー」と「塩黒糖」のダブルを食べました。軽食やビールもあります。

ミルミル、風景


ホテルに帰って見ると部屋がまだ清掃中で仕方なくレストランでビールを飲んだりしながら時間つぶし、その後身支度。
17時に居酒屋「ひとし本店」に向かいました。実はもう少し遅い時間が良かったのだけど、東京から予約した時点で空きがなく、19:30迄ならという話になっています。

ひとし本店

ここでMさんの旧友Bさんと合流、昔バンドやってた仲間で30年ぶりの再会だそうです。Bさんは25年ほど前に石垣に移住、現在もこちらで仕事、生活なさっています。それとこの店に来た理由というのが、僕の中学、高校の同級生のO君が一時期石垣に住んでいて、その時馴染みだったと聞いたからです。O君はこの島に永住する気だったのだけど病気で関東に帰ることになって、残念ながら先月亡くなってしまいました。

O君を知るスタッフのたまちゃんと、建造くんに想い出を尋ねました。

たまちゃん

たまちゃん

健造くん

健造くん曰く「Oさんはひとりでカウンターに来たり静かに飲んでいらしたんだけど、奥様がにぎやかで楽しい方でした」うん、そうだね。

まぐろの有名なお店なので刺身食べて、他にチャンプルやらグルクン、ミミガーと沖縄っぽく。締めにBさんがいかすみチャーハン生うにそーめんちゃんぷる~を選んでくれてこれが特に美味しかったです。


まだ20時前なので、民謡酒場に行きたいと言ったらBさんが案内してくれることになって市街地へ、しかし・・・

民謡酒場

まだ、開いていません。こちらでは一度帰って食事をしてから飲みに来る方が多いらしく、21~22時くらいから始まるんですって。じゃあジャズでも聞きながら少し飲みましょうって。

すけあくろ

すけあくろ」というジャズバーにきました。カウンターに泡盛が並んでいる以外は島にいることを忘れてしまうようなお洒落なバーです。地下にステージがあるというのでぞろぞろとおじゃま&常連さんにカメラ頼んで記念撮影。

すけあくろ、ステージ

すけあくろ、セッション

オーナーがピアノ弾き出したので合わせられるかなとおもったのだけどスキル不足でセッションならずでした。


そろそろいい時間なのでさっきの店へ

芭蕉布

芭蕉布」というお店。そのうちみんなが立って踊りだしてとても楽しかった。一昨年、那覇の国際通りで買った「三板(さんば)」というカスタネットみたいな楽器持参してたので、教わりながら鳴らしたり、踊ったり。

旧友

30年ぶりのお二人も1曲ずつ歌ってすっかりご機嫌!

そんな風に石垣の夜は更けていったのであります。

石垣島に行ってきました、その2(竹富島篇)

泊まったのは「フサキリゾートヴィレッジ」という市街地から車で15分程のところ。初日はホテル内のレストランで懐石風アレンジの島料理をいただきました。
2日目の朝食前のお散歩で撮影、宿はコテージになっております。

フサキリゾートヴィレッジ

今日の予定は午前中は竹富島観光、午後はFさん別行動で観光&飲み。まずは石垣港より船路で竹富へ

石垣港


島到着、まずは民家が集まった一帯「集落」へ、低い石垣サンゴの砂の道。昔は石垣島もこんな風景だったそうです。この島は景観保護で現在は赤い瓦の一階建ての家しか建てられないとか。

竹富島の道

竹富島、赤瓦

そんな島の一番高い場所がここ、あか山丘の「なごみの塔」。島全体が展望できます。階段があまりに急なので僕は怖くて登れませんでした、パノラマ撮ればよかったのだけど・・・。

あか山丘

僕らはマイクロバスで移動しましたが、島はそんなに広くないので自転車で十分回れます、レンタサイクルで観光する人も大勢いました。

自転車で観光


集落を一周する水牛車があるので乗ってみました。

竹富島、水牛車

実はいままで書いてきたことはこの水牛車のガイドのおじさんが話してくれたことです。他に現在の島の人口は361人、小中学生が37人だそうです。牛の見事な操縦で観光、最後はおじさんと「新安里屋ユンタ」というこの地にちなんだ島唄を合唱しました。(iPhone5Sにて撮影)


さて、集落を後にして島の最後はコンドイ浜、ここもびっくりするほどキレイです。

コンドイ浜、ビーチ

コンドイ浜、海

では、明日は食べ歩き、飲み歩き篇をお届けします。