ライブ、セッション日記 2013その21

8月11日 「第11回 聖子・明菜セッション」 at bumpcity

恒例の「聖子・明菜セッション」今年3回目、僕の担当は依然として明菜の曲が多いです。

松田聖子

  • 青い珊瑚礁
  • 裸足の季節
  • 瑠璃色の地球
  • Rock’n’roll Good-bye

中森明菜

  • I missed “The shock”
  • 北ウィング
  • 恋路
  • サザンウィンド
  • TANGO NOIR(Ver2010)
  • Desire
  • 難破船
  • 1/2の神話(EAST LIVE)
  • 二人静
  • ミ・アモーレ
  • LA BOHEME
  • 乱火
  • 十戒

 

で、このセッションの後に「モヒートパーティー」を開催。ちょっとモヒートのこと書きます。

昨年あたりからバカルディー社がキャンペーンやったり製品としても出てきてていろんなところでモヒートが飲めます。先日いった「すみだジャズ」でも屋台で売ってました。

売り子のお兄さん慣れてないようで周りのスタッフにレシピを聞いて作っていました、まずシロップ(バカルディー社で作っていると思われる)を入れてミントを入れ潰してラムを入れて氷入れてソーダ入れる。

レシピとしては僕のとあまり変わりません、出来上がりは甘みが少なく、酸味もライムというよりはスプライトなんかで感じるクエン酸のような酸味。キューバで飲んだモヒートはもっと自然な甘酸っぱさがあったのだけど、バカルディーは要するに人工的な味なんですね、これは出来合いのシロップによるのでしょう。

自分の記憶が曖昧なのかな?思い出してみましょう。

モヒート作る

これは2011年のキューバ旅行後に自宅で作った材料

  • レモンバーム
  • 粉末黒糖
  • レモン果汁
  • ラム
  • ソーダ

ミントに葉の形が似ているからレモンバーム使っておまけにレモンだったのでかなり酸っぱいものが出来ました。ちなみに現在の僕が作るものは、

  • ペパーミント or スペアミント
  • 黒糖から作ったシロップ
  • ライム(ポッカ焼酎ライム)
  • ラム
  • ソーダ

と変化(進化)しています。

コスト的なことで変えているのか他に理由があるのかわかりませんが、あえていいます、あれはニセモノ。

1980年代

あまちゃん」平日は平均2回観ています、土曜日や夏休みの間は3回とか4回とか・・・。なんと、あとひと月で終わってしまいます、悲しいですね。
数字がいいということでいろんな人がこのドラマ観ているようなのですが、特に自分と年の近い連中にウケがいいようです。役者さんの年齢やなによりも春子の青春時代の設定が自分たちの記憶と重なるのでしょう。

今回「春子の部屋」というオムニバスのCDが発売されました。ドラマの中で挿入された曲を始め、若春子(有村架純)の部屋で聞かれていたようなものを選りすぐっています。版権の関係かソニー編とビクター編それぞれ発売されています。

  • ビクター編

まっ赤な女の子/ 小泉今日子
セーラー服と機関銃 /薬師丸ひろ子
時をかける少女/ 原田知世
卒業 / 斉藤由貴
銀河鉄道999 /ゴダイゴ
君に、胸キュン。(浮気なヴァカンス) / YMO
ハイスクールララバイ / イモ欽トリオ
い・け・な・い ルージュマジック /忌野清志郎+坂本龍一
飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜
TVの国からキラキラ / 松本伊代
青いスタスィオン / 河合その子
涙のリクエスト / チェッカーズ
モニカ / 吉川晃司
こっちをお向きよソフィア / 山下久美子
炎の聖書(バイブル)/ クラッシュギャルズ
不思議 Tokyo シンデレラ / セイントフォー
Forever – ギンガム・チェック Story
六本木純情派 / 荻野目洋子
チェック・ポイント / 藤井一子

  • ソニー編

風立ちぬ/松田聖子
初恋/村下孝蔵
魅せられて/ジュディ・オング
情熱☆熱風■セレナーデ/近藤真彦
すみれSEPTEMBER LOVE/一風堂
LOVE、かくし色/森山達也
DJ in my LIFE/シブがき隊
ぶりっこ ROCK’N ROLL/紅麗威甦
夏色のナンシー/早見 優
ハートブレイク太陽族/スターボー
ジェームス・ディーンみたいな女の子/大沢逸美
俺ら東京さ行ぐだ/吉 幾三
ラ・セゾン/アン・ルイス
君は1000%/1986 OMEGA TRIBE
ニュー・エイジ/佐野元春
21世紀まで愛して/水谷麻里
冬のオペラグラス/新田恵利
バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ
じゃあね/おニャン子クラブ

懐かしいでしょう、ジャケットの裏側はそれぞれのメーカーのカセットテープの写真という凝りよう。SONYはAHFでよく使ったものです。Victorのカセットはシェアが低いので(というかどこかOEMだと思う)ほとんど使った記憶がないです。多かったのはTDK、SONY、マクセル、FUJIとかかな。

1980年代はそれまでの音楽の流れが変わっていったというか、ニューミュージックやロックで活躍していた人が歌謡曲書くようになったり、新しいスタイルの音楽を模索しだしたしたり、これはYMOが典型かと思いますが、サブカルチャーと組み合わさったり。聞いている方(観ている方)もそれを楽しんでおりました。

そんな事を色々思いながら、通勤時間に聞いております。さすがにカセットでウォークマンとはいかずiPhoneで。

Jueves,veintinueve de agosto,2013

(Hatena::Diaryより転載)

夏休み絵日記(すみだジャズ)

今年の夏休みの絵(写真)日記を何日か紹介します。まずは一番最近、この前の日曜日、8月18日の「すみだジャズ」から。

すみだジャズ、正式には「すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル」。今回で第4回目、錦糸町駅周辺及びスカイツリーソラマチ)周辺の多数の会場でジャズの生演奏が行われるというイベント。2日開催で今年は8月17、18日でした。
ちなみに第1、2回は錦糸町周辺のみでスカイツリー開業後の昨年第3回からスカイツリー周辺も加わりました、今年は33会場

実は17日も知ってる方が出られていたので行きたかったのですが、2日ともは厳しく18日に決めてしまいました。


にーると13時に錦糸町北口で待ち合わせ、駅周辺を探索。路上の会場にいくつかバンドが出て演奏していますがメイン会場がある錦糸公園に向かいます。

すみだジャズ スカイツリー

ハイネケンステージで生ビールを買って(ハイネケンじゃなくてキリン一番搾り)バンドを鑑賞。やはり駅前よりステージも大きく迫力があります。そうこうしているうちにメインステージが賑やかなので移動。

メインステージでは「オカザえもん」登場とのこと、僕はそのキャラを知らなかったのですがにーるは知っていました。

オカザえもん1

オカザえもん2


屋台でモヒートを買って公園を出ました。今回はスカイツリーの方の会場に足を伸ばす気はないので、またしても駅前探索。お酒を飲みながらいたるところでラテン音楽が聞こえるって楽しい。ハバナとは違うけど日本も捨てたもんじゃないですよ。

すみだジャズ

こちらはなんかニューオリンズ風のイカしたバンドでした。


さて時間は15時過ぎ、疲れてきたのでひとやすみ。南口に移動し楽天地ビルの「金の蔵・東方見聞録」に行こうとしたら17時から営業とのことで入れません、こんな日には早くオープンすれば稼げるとおもうのだけど。
そうそう金の蔵と東方見聞録は似てると思ったら同じ経営なのですね。仕方なく一階下の「土風炉」でビールと日本酒、やはりまあまあお客さん入ってました。


気分が良くなったところで今日の目的、高校の友人「宮原君」のバンド「Knights of the night」を鑑賞。日の傾きはじめた下町に女性ボーカル、壁谷洋子さんの歌うスタンダード・ナンバーが響きます。

knights of the night 1

knight of the night 2

knights of the night 3

にーると「ジャズもいいね」なんてすっかり感動しました。
大きなステージ以外は17時で撤収なので再び公園に向かってみると、「電撃ネットワーク」のステージ。

電撃ネットワーク

これのどこがジャズ?ってツッコミもあるのでしょうが、変わらない姿に満足して錦糸町を後にしました。


その後新宿に移動し「思い出横丁」で一杯、ラジオ収録。最後はバンプに乱入して夏休みの最後の日が終わったのでした。

見逃してくれよ!

友人がmixiでキョンキョンの「見逃してくれよ!」というCDを持っているという書き込みをしてまして。あー僕も持ってる、なんかクノールの販促物もあったはずだと思いだしました、とりあえずひとつ見つけたので掲載します。

ちゃんとスキャニングすればきれいなんだけど面倒なのでiPadで撮ってます。25年前の雰囲気が味わえればいいかな。

で、これは「見逃してくれよ!」より少し前の「Good-morning call」の前後のキャンペーンのパンフとチラシです。

キョンキョン1

キョンキョン2

キョンキョン3

キョンキョン4

キョンキョン5


どんな曲か聞きたい方はこちらから買えます。