寒い、寒い

今年の最初の月も終わりです。
月日の流れは相変わらず早いのですが、この冬は長く感じます。

もっとも暖冬慣れしてるんですよね。
ヨーロッパやロシア、北米に較べれば日本は暖かいはずですし、
ましてや東京なんかたいしたことないと思うのですが。

でも、苦手なものはしょうがないです。

もうすぐ立春です、まだまだ寒いのでしょうが、
せめて春という名前だけありがたく迎えたいものです。

Martes,treinta y uno de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

明日はスペイン料理と映画の日

明日、行きつけの大久保bumpcityで、「スペイン料理と映画の日」というイベントをやります。

テーマの国の料理(なんちゃってレベルですが)を食べて後半はその国に関連した映画を観るというイベントです。

わたくし最近は音楽より、鍋会やこちらに力が入っています。
料理1品ぐらい作って、バーテンダー担当。

前回は「メキシコ料理と映画」で、「アロスコングリ」を作っていって、店ではカクテルのモヒートを作りました。どちらもメキシコというより、キューバですが。

今回は、チキン胸肉のオレンジソース煮を作っていきます。
(二年前に覚えた料理)
Sabor de España – たけいちろうの日記

「バーテンダーたけ」としてはレブヒートやベラーノなどのスペインっぽいカクテルを用意します。でも、目玉はマルガリータとモヒートという中米なカクテルになってしまうのです。

興味のあるかたはご一報いただければご案内いたします。

Viernes,veintisiete de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

節電

私は去年の冬も寒がってましたが、今年の冬も寒いです。
エアコンなんか結構つかっているのですが、
12月請求の電気代は前年比でかなりマイナスです。

自分で考えるに、
・冬眠につきカメのヒーターとフィルターをオフ
・テレビをブラウン管から液晶へ
・照明の多くをLEDに切り替え
が効いているのかな。

電気の節約で難しいのは、その機器の消費ワット数がわかっていても
実際にどれだけの電気をつかっているかはつかみにくいことです。
(最近はコンセントにつけるメータみたいのがあるようです)

電球などは変動がないですが、冷蔵庫やエアコンは
定格のワット数と実際の消費が違いますからね。

だから節電って感覚や主観になってしまうのだけど、
現状を把握して、仮説をたてて、検証する。
これができないといけないんじゃないかな。

Martes,veinticuatro de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

雪景色

外はシンシンと雪が降っています、これから夜中まで降るとなると
朝には結構積もってしまうようです。

テレビのBSが映らなかったり、映りにくくなっています。雪の影響でしょう。
ケーブルテレビは本局からケーブルでひくのではなく、衛星の電波を受けていたんだなと知りました。(詳しいシステム理解してないもので…)

明日が休みなら、雪見酒で午前中引きこもっていればいいのですが、まだ火曜日につき、出勤という難題がまっています。靴下二枚履いて長靴かな。

東京は年に一度か二度の雪ですが、後が嫌です。子供だったら単純に「明日は雪だるま」って喜べるのですがね。

電車も不安なので今日は早寝、早起きして、明朝は早めに出かけますか。

Lunes,veintitres de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

水替え

左吉の冬眠ネタです。

先月冬眠の環境をつくって以来静かに暮らしている左吉君ですが、
イチョウの葉の匂いがきつかったのがだんだんアンモニアのような
悪臭に変わり、あまりにひどいので水替えしました。

ウェブでは、冬眠中の水替えは必要ない、あるいは「してはいけない」
なんて書いてあるサイトがあります。

しかし既に水はドロドロで、PHとかもやばいんじゃないかと思います。

当の左吉は水替えの間は起きていて、「何してんだ」って感じでした。

あと二ヶ月ぐらいたつと水温も上がり、活動のシーズンです。
冬眠させてればさせてるで、やはり手はかかります。

Domingo,veintidos de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

ちょっとした老化

歳の近い人間の話題では、髪の毛が減った、白くなったとか、成人病の話題などそれなりにみんな老化が始まっています。

それでも、その始めの老化を否定してがんばって若作りにいそしんでいるのですが、案外目のこと、老眼は素直に認めている感じです。

私も1年ぐらい前から近い場所がぼやけて時々眼鏡をかけています。

寄る年波には勝てないわけですが、精神年齢はまだまだ若く保ちたいと思うのであります。

Jueves,diecinueve de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

満州

昨年末で3年がかりドラマ「坂の上の雲」が終了しました。
結局全部観たのですが、今年は日露戦争が中心でした。

戦場のシーンが多く、ドラマとしてつまらないという感想もあるのでしょうが、僕は戦記物のようでむしろ面白かったです。
司馬遼太郎さんは戦争肯定のようなイメージを与えるのが嫌で映像化を許可しなかったということですが、この時代になるとロシアや中国との関係も、日本の戦争への姿勢も変わり、戦争翼賛と感じることはまずないと思います。

今年に入ってやはりNHKで「開拓者たち」というドラマをやっています。
満州開拓にいった人々を実際の人物の証言などを参考に描いたドラマ(ドラマ自体はフィクション)です。全4回、今度の日曜日が最終回です。

日露戦争の勝利がから満州国建国という歴史の流れは、樺太や台湾の植民地経営などと合わせとても関心があり。その時代の人々の気持ちを知りたいと感じます。

というわけで、わたくし最近また満州ブームであります。

Miercoles,dieciocho de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)

駄目な伯父さんなんだけど

なんかいろいろめんどくさくなって、ネットに書き込むのサボってたのですが
そろそろ復活します。

なんで今年初の書き込みです、謹賀新年。

正月に姪っ子(中学生です)がドラムをやりたがってると聞いて、
早速、練習台とスティック、メトロノームなどをプレゼントしました。

実は妹ともその娘の当の姪っ子とも長く会っていません。
これが機に再会を期待しています。

会ってないので教えるなんてことも出来ないのですが、
ネットなどでゆっくり説明していこうと思います。
そもそも教える力量がないのですがね…。

駄目な伯父さんです、寅と同じですね。

Martes,diecisiete de enero 2012

(Hatena::Diaryより転載)