El cuerpo del deseo

旧 11月13日 大安

ケーブルデレビでやっていた「セカンド・チャンス(西題:El cuerpo del deseo)」が、先週末で終了しました。全143話。
私は、58話で気づいたのですが、ダイジェスト版ていうのがあって、
一応、全ストーリー把握しています。
ただ、このダイジェストが乱暴で、143話(45分/話)を12時間にまとめています。
大河ドラマの総集編のようなもので、筋しかわかりません。

このドラマでスペイン語に関心をもったのですが、観ている中で言葉だけでなく、カトリック、スペインが支配した地域などについても、再認識しました。

ドラマは死んだ老人が他人の体を借りて復活するのですが、キリストの復活に掛けていることは明白です。
そうなると、聖書を読んだ(知っている)ものと、でないものでは理解が異なります。

疑問になっている箇所があるので、箇条書きにして今後解決(理解)してゆきたいと思います。

  1. テレムンド(Telemundo)は米国の放送局であるが、撮影場所は中米のメキシコやコロンビアである(完全にスペイン語圏)。
    救急車などはアメリカ仕様になっている。これが日本、韓国、中国だったらありえるか?
  2. 農民サルバドールは無学で文盲である。不潔な家に住み文化度も低い。都会に住むものは教養を身につけ、文化度も高い、日本と遜色ない。現地には本当にこんな格差があるのだろうか?とりあえず、こんなもので。
    毎週観る時間が空くので、撮り貯めたものを日本語字幕を隠して観てゆこうと思います。

Lunes,veintiocho de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

坂の上の雲

旧 11月11日 先負

イベントが多く日曜日に出かけていることが多かったので、
NHKの「坂の上の雲」をまとめて観ました。

3年がかりの大作の第一部で、今年は日清戦争までです。
(明日の5話まで)
4話までみた感想では、退屈でした。

  • まず、私が司馬さんを好きでない。(かつてこのブログにも何回か書きました)
  • 明るい話ではない
  • ストーリーにだらだらした感がある(時代の時間に比して長い小説だから)
  • 毎週90分は長い。

そのくせ、キャストは豪華絢爛です。
が、最近の大河に出た人物も多く、
(篤姫が幕末で、今回明治初期という設定も重なり)
変な感じもうけます。

ちょっとがっかりだなあ。

Sábado veintiséis de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

調子にのっていろいろ

旧 11月10日 友引

12月は年末恒例の催しなどがあって、いくつかライブに出ました。

  • カホン&コーラス
  • ドラム 一曲だけボーカル
  • ボンゴ&ドラム
  • ジャンベ、スネア(ブラシワーク)

なんか、数だけは調子にのっていろいろやってしまいました。
自分としては楽しいことは言うまでもないのですが、
少しはましにできる部分と、あいかわらずダメな部分を再認識しました。

ドラムとパーカッションを両方やっているのは、
ある意味では矛盾なのですが、最近は自分なりに整理がつきました。

来年も楽しく音楽できればと思います。

Viernes,veinticinco de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

気分でないけど、年末

旧 11月7日 大安 冬至

そうか、今日が一番日が短いんだ。
歳末って気分でもないのですが、仕事はあと3日。
年賀状にもそろそろ手をつけたりして、年の瀬状態です。

今年は、はめを外さないよう(すでに外れてますが)、
そろりそろりと年末年始を過ごすつもり。

Martes,veintidos de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

El gusano rojo

旧 11月6日 仏滅

じゅりさんコメントありがとうございます。
で、じゅりさんに敬意をはらってひとつ話題を。
(スペイン語に関することを偉そうに書いてますがひとつご容赦を)

私は毎年、友人と一緒に正月3日に「セッション」という名の新年会をおこなっております。
とある音楽スタジオに酒を持ち込み、それを飲みながら楽器の弾き初めという感じです。
もう何年も続いているのですが、ある頃から持ち込みのお酒に変な中国酒や泡盛が入って、
だんだん、変な酒を持ち込むのが常態化しました。

で、私が今年の正月用意したのが「メスカル グサノ ロホ」
メスカルっていうのは、竜舌蘭から作った蒸留酒で、その中でも
「アガベ アスール テキナーラ」っていう種で一定の条件を満たしたものが、
テキーラです。

グサノはスペイン語で虫、赤(ロホ)という形容詞が付くので赤い虫。(男性?)
そのメスカルは名のとおり、酒の中に芋虫が一匹入っています。
この虫は、アガベに寄生する蛾の幼虫だそうです。
メキシコは先住民時代から虫食文化があって、
メスカルの虫も昔から食されていたそうです。

テキーラに混ぜ物をすると「テキーラ」とは名のれなくて、格下の「メスカル」に
なっているみたいです。(ベルギーのフルーツビールが発泡酒のようなもの)

この酒で、最後にグサノがグラスに入ったひとは、幸運で、
そのグサノを食べるそうです。
ちなみに、今年の幸運はぐりさんでしたね。

やはりカメはメキシコに繋がる?

Lunes,veintiuno de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

Snow LeopardにWindows 7

旧 11月1日 大安

MacBookにWindows 7を入れました。
BootCampではまだ正式サポートでないのですが、すんなりインストールできました。

この目的は、MacBookでCPRMのDVDを観るということです。
しかーし、Windowsのメディアプレーヤーでは駄目なことがわかりました。
ディスクは認識できているので、それなりのソフトを入れればOKかと。

まだ、先は長し…。

Miércoles,dieciseis de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

敬意が大切

旧 10月29日 友引

「豪腕小沢」が「傲慢小沢」に変わっています。
もちろん、今回の天皇陛下の件です。

合ってるとか、間違っているとかは私なんかでは決められませんが、
見ていて、天皇を敬っていないのがわかっちゃうと、
ひどい人だなと感じます。

天皇制に反対するのは自由だし、それは国体として変えていってもいいと思うのですが、
それと個人として陛下を敬うのは別な感情です。
で、理屈よりも案外そんなものが人民の心を動かすものです。

小沢氏だけでなく、政府、与党の人たちの天皇陛下への敬意がばらばらなのも、
とても残念です。
法にてらしてどうかも大事ですが、ここの気持ちの違いが大きくぶれていって、
戦前の統帥権干犯という流れを作った感もあります。

お笑いの話でちょっと不謹慎かもしれません。
最近、またMr.Beanを時々見ているのですが、
床屋の話で、床屋でさんざんいたずらしたビーンが、
チャールズ皇太子の写真を顔にあてて逃げてゆくシーンがあります。

いたずらされた男性が、逃げていくビーンを見つけるのですが、
写真を見て「サー」と敬礼して、その間に無事逃げてゆくというオチです。

王室に対しての一定の敬意が共有されていないとコメディにもなりません。

また、天皇制の是非は別にして、
今生の天皇、皇后を悪く思う国民は相当少ないと思います。
むしろ、両陛下のご公務に対しての姿勢、国家を愛するお心を尊敬しているのではないでしょうか。

どうもまずいなーと思う件でした。

Martes,quince de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)

なめくじ食べた

旧 10月28日 先勝

mixiのボイスで食いつきが良かったので…
ベランダ栽培のチンゲンサイが収穫時期で、食べようと洗っていたら、
2cmほどのナメクジがついてました。

おーごちそうだよと左吉(ミシシッピーミドリガメ、数え2歳)の水槽に入れたら、
ビビって逃げてしまいました。
なんだ、要らないの?
なめくじは体を伸ばしてリラックス。

ここで、私は入浴タイム。

風呂から上がると、ナメクジの姿は見当たりません。
さては、食べたか?
聞いてもカメは話さないから、でも左吉の周りにぬめったもやーっとしたものがまとわりついてます。
大きな糞もしてる。(彼『推定:オス』は食後にお不浄なさいます)
エサくれダンスもしないし、食べたようです。
生き餌は大好きだから、良かったのでしょう。
今度付いてたらまたあげましょう。

僕はエスカルゴは全く抵抗なく、むしろ好きです。
仲間だけど、ナメクジは人間は食べないもんですね。
でも、カメだから。

話はかわって、年末につき週ごとに忘年会的なライブイベントが入ってます。
昨日はbumpcityクリスマスライブ。
スタッフバンドで参加しました。われながら、ネタが良く楽しいライブでした。

来週と、23日の祝日はハワイアンともひとつ企画バンド。
覚えることが多く大変なので、気を切り替えましょう。

Lunes,catorce de diciembre 2009

(Hatena::Diaryより転載)