健康診断

旧 閏5月7日 大安

今月は「閏月」なのですが、これは月の周期は29.5日で、
12月で354日にしかなりません。
太陽の年周期は365.25日ですから、その差を閏月をもうけて調整するのです。

さて、今日は健康診断でした。
例によって昨夜9時から絶食、絶飲。
昨日は日中ちょっとハードだったのですが、お疲れのビールもなし。

視力は変わらず1.5と1.2。実感ではやや老眼ですが視力は若い頃と変わりません。
白髪が増えたり、体力が落ちたりしているのですが。、
ひとつでも昔のままだとありがたいです。
でも視力って「力」なのかな?

昨年は世間がメタボ騒ぎでしたが、若干落ちついています。
でもお腹周りは計ります。85.3cmだって、惜しい!4mmオーバー。

いつもどおり血圧が高いのですが、これはもう病院に行きます。

血液や尿検査の結果は後日ですが、半年前に血尿騒ぎで調べて無事だったから、
多分大丈夫でしょう。

しかし、検査する人達も毎日こんなこと大変だなーなんて思いながら
受けてました。
私も、ちょっと大人になったかな。

しかし、バリウム検査のオペレーターから、
「ゲップ我慢してくださいね、空気抜けてます」
って言われたらカチンときて、
「ゲップしてないけどな(お前が下手なんだろう)」と、
-()内は心の叫び-

まだまだ小物です。

(Hatena::Diaryより転載)

アドレス帳は力技で

旧 閏5月5日 先負

iPhoneライフを楽しんでいるのですが、昨日も書いたようにアドレスが空です。

普通の機種交換と違って、
・現機種のデータをショップでwebにアップする。
・それをiTuneまたはiPhoneのAPP(ソフトを入手するモード)から落とす。
というステップが必要です。

ケーブルがあれば携帯からPCへデータを送るソフトもあるのですが、
3Gのケーブルは持っていません。
かといって、週明けまで不便でしょうがない。

前の電話はメールやアドレス帳のデータをSDカードにバックアップする機能はあるので
それを使えないかと挑戦しました。

案の定、アドレス帳のデータはテキストデータ。
これを編集して、macのアドレスに読ませました。
テキストの編集は秀丸で正規表現を使うやり方に慣れているので、
win→macを使いましたが、環境によっては一台で可能だと思います。

おかげで、一応メアドや電話番号がiPhoneに移行しました。
めでたし。

(Hatena::Diaryより転載)

iPnone 入手

旧 閏5月4日 友引

昨日の夜、ソフトバンク田町から電話があって、
予約のiPhoneが確保出来たので、30日までに引き取りにきてほしいとの事。
「明日、行きます」と言ったら、
初日は混み合うので…、と来てほしくなさそな返事。

そうもいっていられず、今日の昼休み引き取り(機種変)に行ってきました。
所用時間は予約の時と同じくらい(1時間強)。
ただし、ショップで電話帳を移動しようとしたのですが、
ソフトバンクのサーバーが混み合って不可でした。
なので、現在は皆のメアドわからずです、受信は可能。
(後日、ショップで手続してほしいとのこと)

付属以外のソフトはまだ何も入れていないけど、
触ってるだけで楽しいですな、これは。

家に帰って、iTuneと同期。
iPodより音が良い。

ところで、マイケル・ジャクソンとファラ・フォーセットが亡くなりました。
マイケルは実感がわないです、ウソみたい。

「チャーリーズエンジェル」はなんといってもファラ・フォーセットです。
テーマはヘンリー・マンシーニ。

合掌。

 

コンビニの存在(昨日の続き)

旧 閏5月2日 赤口

昨日のブログを書いた後で、早速セブンの本部が廃棄ロスの補填を発表しました。
弁当などの廃棄ロスの原価の15%を本部が補填するそうです。

これはかなり思い切った措置だと思います。
しかも7月からと素早い。
(この早さは政治家や官僚に見習ってもらいたいものです)
それだけ、「値引を認め価値を下げる」ことがいやなんです。
価値っていうのは商品だけじゃなくて昨日書いたようにシステム全体。

これでもまだまだ不満だっていう、店舗オーナーの意見を載せてる記事もありますが、
妥協すべきだと思います。

問題は「捨てるより値引きして売った方がいい」という主張の中で、
・食糧自給率が低いのに
・エコを考えて
なんて意見があります。

捨てるものを多少値引きしたぐらいで、そんなことにいかほどの影響もあたえません。
それをいうならコンビニの存在自体が悪です。

(Hatena::Diaryより転載)

セブンイレブン排除命令

旧 閏5月1日 大安

セブンイレブンがフランチャイズ店舗に値引販売を認めていなかったことで、
公取委から独占禁止法の排除命令がでました。

この一件の根底には「ロイヤリティー」の問題があります。
ロイヤリティーってのは店舗の利益の一部を本部へ納めることで、
本部の運営の原資です。
店舗はそれにより、様々なノウハウ、システム及び商品の提供を受けます。
あわせてコンビニの会計システムが店舗に不利で、
オーナー的には「もうやっていられない」状態になっていると見えます。

会計というのは、
セブンの場合のロイヤリティーは40%程度だそうですが、
仮に売価500円、原価350円の弁当を10個仕入れ、8個販売、2個廃棄したとすると、

通常の小売では、
(売上金額)-(仕入金額)=粗利益 となり、
(500×8)-(350×10)=500

コンビニの会計では
(売上金額)-(売上原価)=粗利益 で、
(500×8)-(350×8)=1200 にロイヤリティーがかかります。

実際の利益は500円ですが、1200円の40%の480円が持ってゆかれます。

1200円を分解すると、(利益)500円+(売残った分の原価)350円×2
で、店舗から見れば、廃棄したものにもロイヤリティーが課金されているということになります。

極端な例ですが、売上が低く、ロスの大きい店ほど不利な仕組であります。
この問題も何件が裁判になっているのですが、セブンの完全な敗訴にはなっていません。
なので、せめて値引きして、利益を増やしたいという話に繋がってゆきます。

ただし私は、見切り(値引き)販売というのは諸刃の刃だと思います。

ドミナントと呼ばれるコンビニの集中出店方法、商品の回転、管理などが、
一店舗の利益というよりは、そのチェーン全体を一つのブランドとして機能させています。
そのシステムの一端に情緒的なものが入り込んで、逆の効果を生む可能性を感じます。

コンビニのオーナーは個人の経営者であるけど、
あくまで借りた看板をしょって商売しているとゆうこと、
難しいものです。

(Hatena::Diaryより転載)

世襲

旧 5月30日 仏滅

今日の「TVタックル」のテーマは世襲でした。

私の好きなドラマー
リンゴ・スターもメル・テイラーも子供が継いでいます。
志ん生だってそうです。

というか、同年代で志ん朝を越える落語家がいたのかっていうほどの
名人を生んでます。

会社の社長だって、芸能人だって、
他人に認められて、金を稼がないと世襲したって意味がありません。

税金を使うのが仕事の政治家とはそこが違います。
政治家だって納得できるような人材ならかまいませんが、
昔の武家のような気分が目立ちすぎて嫌悪しちゃうのですよ。

TVタックルは、「痛くない注射針」の岡野工業の岡野社長が面白くって、
他のゲスト(たけしすら)喰っちゃってました。

(Hatena::Diaryより転載)

iPhone予約!

旧 5月26日 赤口

昨日、ソフトバンク田町で新型iPhoneの予約をしちゃいました。
(32GB、黒)

気になるお値段は、端末代が、機種交換(現使用機、2年以上)で、
1260円/月の分割。

それにショップの規定で
Wホワイト&Sベーシックパック&パケット定額&基本オプションパック
が必要とのこと。

ソフトバンクのHPではWホワイトと基本オプションは必須でなかったので
少しもめましたが、翌月から外せば良いとのこと。
パケット定額も携帯並に下げたので、少しでも付けさせたいんですよね。

パケット最大で、電話代抜きで月7000円弱かかる見込みです。
まあこんなものか。

ところで、iPhoneの新しいOSではMMSに対応しているので、
今までの携帯のメアドが引き継げるようになりました。

実はiPhone交換を機にメアドを変えて、
ご無沙汰してる人にも連絡しようと思っていたのですが
必要なくなりそうです。
ちょっとうれしい誤算。

発売は26日。
予約で必ずその日に入手可能かは定かでありませんが、
30日迄には必ず入手できるとのこと。

楽しみだ!

(Hatena::Diaryより転載)

日本人の本質

旧 5月24日 仏滅

エコポイントの件で書いて一ヶ月経ちますが、
詳細はまだです。(交換商品は19日に発表だとか)

エコポイント運用における疑問とポイントあれこれ

それでも、対象家電商品の売上はまあまあだとか、
何がもらえるのかわからないのに…。
こんなインセンティブで動くのが、
実は日本人の本誌な気がします。
高速1000円もしかり。

商品券っていう選択肢もあるらしいから、額面でもらえれば問題ないけど、
対象商品ってのが気になります。

クレジットカードのポイントの交換商品とかって、
意外と渋チンでしょう。
原因のひとつは、リストを作る側は希望価格でつくるのだけど、
こっちは実勢価格を知っているから、そのギャップがあるということ。

流通に携わっているものがこうなのだから、
お役所がやることがどうなるのか、楽しみです。

それにしてもポイント=新たな消費だから
ちっともエコじゃないですよね。

(Hatena::Diaryより転載)

iPhone いくか!

旧 5月23日 先負

先年は関心があったけど見送ったiPhoneでした。
iPhoneに関して整理

このたび新型が発表になって、
料金もすでに他機種の電話と変わらない設定になっています。
割賦の月額が32GBで960円/月ですが、ハイエンドの機種に変更することを考えると
むしろ安いと思います。

アップルはソフトに金が落ちているのか、
ソフトバンクも他で儲けているのか、

それにしても、自分の携帯もいい時期(壊れてはいないけど、最近動きが緩慢)
なので、こんどこそiPhoneにしようかと狙っています。

26日はソフトバンクショップに並ぶよ。

(Hatena::Diaryより転載)

文盲

旧 5月21日 先勝

———————
「文盲」(もんもう)
この言葉は差別的で好ましくないそうです。「非識字者」が好ましいらしい、
いつも書くけど言い換えで本質は変わりません。
———————

「Second Chance」
の登場人物、サルヴァドールは貧しい農夫でしたが、
彼にフルーツ会社社長であるの老人、ドノソの魂がのりうつります。
するとそれまで、読み書きのできなかった男が、
字を書くだけでなく、大学の知識を持ち、ラテン語も理解します。

このストーリーなのですが、
「えっ、読み書きができない? 現代で?」
と思ってしまいました。

舞台はメキシコ(らしい)。

ちなみに日本の識字率はほぼ100%です。
病気で字を判断できなかったり、やむを得ず学校に行けなかった人が若干ありますが、
ほぼ、全員が読み書きできる国です。

メキシコやコロンビアは(正確な統計がみあたりませんが)
多くみて、90%程度のようです。
恐らく戦前の日本より低いでしょう。

「兵隊やくざ」の勝新演じる大宮は読み書きができません。
有田上等兵(田村高廣)が代読、代筆する場面があります。
「拝啓、天皇陛下殿」の渥美の演じる兵隊も読み書きができない設定でした。

識字率90%っていうと10人に1人が読めないのですが、
これが全国均等になっているわけでなく、都市は文盲が少なく、農村は多くなる
と考えるのが正しいでしょう。

なんか南米が遠い存在になってゆくのを感じます。
でも反面、関心は強くなってます。

インカなどは高度な文明をもちながら文字がなかったり、
難解な絵文字を使用していたと聞きます。
言葉ってとても多様ですが、文字はアルファベットを流用することが多く、
そこで言葉の生き残りがあったりしてます。

日本の関係するところでは、アイヌ語は文字がありませんが、
使える人がとても少なくなっているそうです。

ちなみに私は「朝日新聞」を識字することができません。

(Hatena::Diaryより転載)