明日は

旧 10月3日 赤口

個人的な実績でちょっとした仕事がいったんキャンセルになって、その後再注文があって、割とあたふたしています。
以前の商売ですと、仕入て売れば取引完了でしたが、今の仕事はほとんど無の物(材料)から完成品を作ります、その分利益率は相当高いのですが、手間がかかります。粗利益の相当分が人件費です。

まあ、とてつもなくタイトなスケジュールでもないので、この連休でリフレッシュです、

明日は、川崎の溝の口あたりに出没します。
先輩のお嬢さんとその友達8人(小学6年生女子)の歌のバックを、
私や、いつも組んでるメンツでバックバンドします。
曲はパフィーの往年の曲中心だから、私的には大好きで全く問題なく、
それなりの緊張感があって、楽しいです。

会場のそばには温泉もあるらしいし。

(Hatena::Diaryより転載)

景気対策

旧 10月1日 仏滅

政府の景気対策の一案は、定額や定率の減税でなく、現金あるいは金券での還付になりそうです。

  1. 直接税の減税ではない(非課税の世帯にも支給がある)
  2. 控除などという帳簿の処理ではなく、実物支給

です、具体的にはこれから決めるそうです。

実物支給というのは、そのほうが「ありがたみがある」のと「使いたくなる」という事を
考えているのだと思います。

まあ、こんな工夫をしても、消費に回る額が多いに伸びることはありませんね。
パチンコに並んでる人にその場で支給すればすぐ、消費しますが。
金券貰っても、将来が不安なんだから、他のお金を貯蓄したりして、パーっとはいきません。

問題なのは、現金の還付(非課税の人に還付はおかしいかな)はまだしも、
あらたに金券を発行するなんて愚だけが避けてもらいたいものです。

小売り、銀行といった現場はたまったものじゃないでしょう。
手数料もらえるならいいですけど。
仮に銀行には手数料を払うとして、金券を造る経費も含め考えると、
無駄なお金がかかります。

小売りの現場は手数料なんかまず無理だし、お釣りの問題。
換金するまではストックになるし、ひとつも徳はありません。
消費者だって、お釣りだせないとか、うちじゃ使えないとか言われて、
文句言ったり、言えなかったり、無駄なストレスです。

景気対策でいろいろなことをするそうですが、
今の事態を考えて、もっと集中的にお金を使うべきではないでしょうか、

たとえば、金融緩和(金利対策)ってありますが、日銀が公定歩合を下げたとして、
その翌日、中小企業の親父が金を借りやすくなるかというと、そうでもないでしょう。
住宅ローンの金利も、クレジットカードの金利もすぐには変わりません。
証券市場が反応するのが目に見える効果でしょう。

もっとも、1パーセント変わることすらないのですからね、
できない、せいぜい0.25パーセントの変化。
ないに等しいじゃありませんか。
つまり金融緩和では日本の景気は動かない。

だったら、日本人が動く部分を探してお金を入れるのです。
今回併せて出た、「休日の高速道路、距離無制限1000円」なんか意外といいですね。
ついでにガソリンも多いに下げる。
(もっとも、財源と処理に疑問、結局道路官僚OBが潤うようなら×)

麻生さんのカップラーメン400円は笑ったけど、
総理ではなくブレーンに国民を幸福にする知恵を持った人が必要でしょう。
不可能じゃないと思います。

私がこれでも自民党を支持するのは、そういう可能性があるから、
民主や公明は独善的でダメです。

(Hatena::Diaryより転載)

環境の変化に弱い?

旧 9月30日 友引

一昨日の日曜、佐吉君の水槽にヒーターを設置しました。
まだ気温もそんな低くないから効果も少ないのですが、
ヒーターはぬくいらしく、そばにいます。

あわせて、大理石のブロックを導入しました。
レイアウトが決まらず、ちょこちょこ変えるのですが、
それが気にらないらしく、左吉はヒーター近くでじっとしています。

そういえば、水槽にいれたころもそうでした。
模様替えは好きじゃないのですね。

(Hatena::Diaryより転載)

勘違いをするな

旧 9月29日 先勝

麻生総理が連日、ホテルのバーやレストランで会食しているということで、
一部のマスコミや、バカな政治家が非難しています。

でも国家公務員の最高職で、資産家の麻生総理が、
「安全」「安心」な場所で「やましくないお金」で会食するのに、
なんの問題があるのでしょう。

森元総理の悪評「料亭通い」は目的は今の総理と同じでも、
かつての料亭政治のイメージが密室で選ばれた総理と相まって、
これはいたしかたないかなー、と思いました。
それでも、悪くはないのですがね。
この人は、ゴルフだって、神の国だって悪いことじゃないんだけど、
人徳です。

菅直人が「(居酒屋がダメだからホテルのバーを使うのは)、マリー・アントワネットの
『パンがなければケーキを食べれば』と同じだと発言しています」
噴飯ものです。

ディベートに自信がある人は論点のすり替えが上手なのですが、
菅のバカの場合はそれすらもできていません。
表情でディベートしてるだけです。

菅の事書いてると腹立つので、話変えます、すこしつながってます。

先週伯父が亡くなって、金曜日にお通夜、土曜日に告別式でした。
その悲しみや想いはあるのですが、割愛。

土曜日、葬式から帰ってきて、夜バンプで「高橋誠」さんのライブを観ました。
誠さんには失礼ですが、精進落とし。

ライブのMCで誠さんがNHKでやっていた地球の水危機の番組の話をして、
「そのうち水も飲めなくなるよ」といったので、私、「じゃあ、お酒飲もう」

「それって、マリー・アントワネット」じゃんというオチ。

もちろん、冗談でいったのですが。

実はヨーロッパやアフリカの一部の国では、ひどい硬水しか手に入らず。
ブドウが一度吸い上げ濾過する「ワイン」は貴重な水源です。
ワインだけでなく日常の料理も野菜の水分を活用したりします。

熱帯アジアの水の悪い地域でも、生水よりビールの方が安全です。

スカンジナビアやロシアの蒸留酒も、ただ酒というより、
凍結しない、体を温める水分です。

もちろんいずれの場合も、たくさん飲むと良くないですが、
それぞれの地域、気候では「真水」なんて高級品が手に入らないのです。

いまより不便な時代でも川があって、簡単に井戸が掘れた我々にはわからない世界でしょう。

おー意外ときれいな結論。
ところで、実際のマリー・アントワネットの発言には諸説あるようですね。

(Hatena::Diaryより転載)

パラジクロロベンゼン

旧 9月26日 仏滅

日清カップヌードルの食中毒で「パラジクロロベンゼン」が発見されたそうです。

私は日大文理の化学科に入っただけ(中退)の人間ですが、それでも有機化学の基本。
ベンゼンはわかります。

炭素が6個、六角形(カメの甲:ベンゼン環)の形に結びつきそれぞれが1個の水素と結合します。
C6H6です。

パラ(対に)ジ(ふたつ)クロロ(塩素)ベンゼン
は塩素が2個対の位置に水素と置換された分子です。

ちなみに、ベンゼン環を2つつなげるとナフタリン(C10H8)になります。

高度経済成長のあたりまで、衣類の防虫剤はナフタリンがメインで、
衣更えの頃、「やだ、この服ナフタリン臭いよ」なんて言われていました。

ナフタリンもパラジクロロベンゼンも揮発性(固体が気体に昇華する)がたかく、
つまりそれを吸気する可能性が高いのですね。

で、ナフタリンは揮発上の毒性が強いことを指摘され、パラジクロロベンゼンが市場に出まわりました。

パラジクロロベンゼンは、防虫剤として使用したあとの衣類に付着した程度では害は少ないです。
しかし、口にすると少量でも、命には別条ないものの食中毒程度の害があります。

今回の場合、共に防虫剤であること、食品の製造過程では使わないことを考えると、
愉快犯が濃厚だと思います。

変な臭いや味のするものは食べないに限るのですが、
化学調味料や添加物も変な味をもっていますから、わかりにくいのかも知れません。

みなさん、気をつけましょう。

(Hatena::Diaryより転載)

文庫本マンガ、あなどれぬ。

旧 9月25日 先負

今日、空いてる時間に大きな本屋に立ち寄ってマンガコーナーを見たら、
文庫マンガの充実に圧倒されました。

前から、赤塚先生のシリーズとか手塚先生とかのは承知していたのですが。
その赤塚作品でも、追悼シリーズで、特集版が出ていました。
(ニャロメ、バカ田大学)

今日の猫村さん、文庫化です!
まだ一巻だけでしたが、山積みでした。
そのとなりはつげ義春のオムニバス。

「うぉー」と思ったけど、見たら知ってる作品ばかり、
そりゃそうです、恐らくもう作品は増えませんからね。

マンガでも小説でも、何度も読んでいる作品ってありますね。
しかしかつての活版の頃の古い本は活字が小さくって読みにくいです。

近年は新聞もそうですが、デジタルレイアウトで、フォントサイズ、ピッチもうまく、
読みやすいです。
価格もそこそこなら、夏目漱石や島崎藤村また読もうって気になります。

これはDVDもそうで、VTRで手に入ってたけど画像が悪かったものを、
デジタルリマスタで売り出すものだから、触手が伸びますな。

もっとも、ビートルズの音源でさんざん味わってきたことの応用だから、
死ぬまで好きな作品にお金をつぎ込むのです。

(Hatena::Diaryより転載)

買ってもあまり使っていない家電ランキング

旧 9月24日 友引

表題のようなランキングをみました、ユーザー自分の検証です。

1.ファックス

うちのファックスはパナソニックのおたっくすの初期型。
今でも電話兼用で活躍しています。
といっても、ファックス受けるなんて年に数回ですね。
昨日、伯父が亡くなって親戚から詳細を受けた(これ実話)。
こういう時は今でもファックスかなー

2.万歩計
持ってます、1990年代のシロモノ。家電じゃない。
誤差がひどく、2回ぐらいの使用でオハコ。

3.コーヒーメーカー
かつて2回所有したのですが、いかんせん一人暮らしでうまいコーヒーは無理です。
捨てました。
いまはフィルターとポットだけはあります。

4.ダイエット機器
EMSの初期の物を使ってました、これは効果あったと思います。
製品名は「くびれ自慢」深夜テレビの通販で買いました。
電化じゃないんだけど腹筋のマシンが押し入れにあります。
ABなんとかって。
近く粗大ゴミだな。

5.プリンター
BASICやMS-DOSの時代には必所品だったけど、
今はいりませんよね。
私は、DVDのラベル印刷が使用用途ですね。

6.家庭用ゲーム機器
持ってません。

7.電子辞書
ザウルスの初期型を持っていました。
今の携帯より不便です。

8.空気清浄機
レコードプレイヤーの側に一台設置していますが、
基本的には使いません。

9.ポット
いつもは使わないけど、便利だと思っています。
温度調整とタイマーがあるからかなー

10.シュレッダー
家電でなく手動の持ってますが、まず使わない。

11.WEBカメラ
持っていません。

12.ポータブルゲーム機器
持っていません。

13.電子楽器
かなり前に「カシオトーン」ってキーボード買ったけど、
職場の女子にあげてしまった。
最近買うのはアナログの楽器ばかりなり。
テルミンに興味あり。

14.オイルヒーター
ありますよ。フィリップスのやつ、使ってない。
結構電気食うんですよ。
オイルファンヒーターやエアコンの方が徳だという結論。

15.ヘッドホン
これは使います。
特にアナデジの録音なんかの時。
オーディオテクニカの古い機種ですけど。

16.ウォシュレット
恥ずかしながら、うちのウォシュレットはもう数年壊れています。
電源入れていない、つまりそれがないトイレです。
同居者でもできたら直します、それまではねー不便じゃないもの。

17.ホームシアターセット
私を一番癒してくれるものです。
ただ、うちの場合は金はかけず自分で組んでいるから、
好きの度合が、なまじのホームシアターには負けません。
(もっとも、機材のグレードなどはうちの方がはるかに低いですよ)

18.食器洗い機/食器乾燥機
これがあるんです、でも3回程しか使ったことがない。
いつもは手で洗う方が早いんです。

19.カーナビ
現在、車所有していませんが、車がある頃からいらないと思っています。
でも、レンタカーや他人の車でカーナビ見るとおもしろいものだな、
とは感じていました。

20.掃除機
これって必要でしょう!
ただ、うちのは壊れています、まさに買い替え時。
掃除機じゃないんだけど、スチーム洗浄機は2台持っています。
通販です…
あまり使ってません…
だって…

また、明日。

(Hatena::Diaryより転載)

サントリー武蔵野ビール工場

旧 9月23日 先勝

土曜日にサントリーのビール工場の見学に行ってきました。
ユーミンの「中央フリーウェイ」の歌詞にあるビール工場です。
メンツはFちゃん、Cちゃん、J君との4名。

1963年の操業ということで、私とJ君と同い年でした。
昨日も書きましたが、今月から見学コースをリニューアルしたといういいタイミングでした。
ただ土曜だからなのか、装置はほとんど稼働していなくてそこはちょっと残念でした。

しかしかつて私は、キリンの生麦工場と、サッポロビールの北海道工場に行ったことがありますが、
その時も装置はあまり稼働していなかったかもしれません。
充填ラインなんか動くとうるさいですからね。

サントリーというメーカーは鳥井信治郎という人が創業したのですが、
赤玉ポートワイン、ウイスキーの製造販売を次々と成功させました。
ちなみにその頃はサントリーでなく、寿屋というメーカー名でした。
昭和30年代には酒造界の3Kといって、キリン、菊正宗、寿屋という言われ方があって、
これはこの三社のシェアが高く、売手市場が続いていたことによります。

鳥井信治郎の夢はビールでの成功でした。
日本に最初に出来たビール会社はキリンビール(生麦工場)、その後ニッポンビール、エビスビール、
サッポロビールなどが出来ますが、戦前に国策でキリンビール以外は大日本ビールとなります。
(戦後分割して、サッポロ、アサヒ、エビス)

寿屋時代は「オラガビール」というブランドで売り出しましたが、失敗の連続でした。
その後信治郎はビール事業から撤退。

夢を繋いだのは息子の佐治敬三、信治郎の実子ですが子供のころ養子に入っているので別姓です。
佐治敬三はもともと強かったウイスキー事業をテレビCM等を活用し更に伸ばし、
念願のビール事業の復活を遂げました。

しかし、このビール事業も長く利益を出すことがなく、「モルツ」ブランドによって近年ようやく
儲けのでる状況になりました。

工場見学では、「プレミアム・モルツ」をつくる為にいかにこだわっているかを、
ラインを周りながら説明を受けます。
原材料は、水、麦芽、ホップ、酵母のみ。
だから、単純なのですが、よりこだわりがわかりやすいという図になります。

これ、第三のビールなんかじゃできないですよ、原料も工程も複雑で無理やりうま味をつけるのですからね。

さて、さんざんサントリーを誉めてきましたが、かつてはそんなに優等なメーカーではなかったです。
オールドやホワイトなどのウイスキーには輸入のバルク品をブレンドしてたし、
赤玉なんかワインといえるシロモノじゃないし。
焼酎なのに「樹氷」なんてうそウォッカを作ったり…。

それでも、酒業界に与えた業績が大きいことは間違いありません。
ウイスキーで「山崎」を造った頃から、メーカーしても非常に真摯なものを感じます。
モルツもその流れでしょう。

約45分の見学の後はお楽しみの試飲です。
早速、そのプレミアム・モルツをごっくん、こりゃ美味しいです。
きっと先入観なくても美味しいのだけど、ありがたみが違います。

試飲時間は15分、レギュラーサイズのビールグラスでおかわり2杯可能です。
連れのメンツは1~2杯だったけど、3杯飲みましたよ。

みなさんも行ってみるといいですヤザワのCMはウソではありません。

(Hatena::Diaryより転載)

疲れた土日…

旧 9月22日 赤口

土曜日は友人と「サントリー武蔵野ビール工場」に行ってきました。
この10月にリニューアルしたばかりでいいタイミングでした。
感想は後日改めて書きます。

日曜日は溝の口でバンドのリハーサル。
バックはよく知ったメンツなのですが、主役が小学6年生の女子8人。
そのパワーに対抗していたら、汗だくだし、右手には三ヶ所もマメができるし。
夜はお約束の「飲み」。
調子にのって日本酒を飲みまくった結果、今日は最悪でした。

夕方まで気持ち悪くて、何も食べられませんでした。
土曜日も相当のんだからツケなんですけど。

あーつらかった。

(Hatena::Diaryより転載)

経済

旧 9月18日 友引

昨日の月はきれいでした、満月。
13夜から久しく、今月は17日が満月なのですね。

世の経済は大変なことになってます。
生きているあいだに、バブル崩壊と今回の「恐慌?」を経験できたのは凄いことかもしれません。
湾岸戦争、ソ連の崩壊もあったし、サダム・フセインも死刑になって、
もしかしたら北朝鮮の崩壊も観察できるかもしれません。

歴史のお勉強です。

関東大震災 1923年 大正12年

世界大恐慌 1929年 昭和4年
昭和恐慌  1930年 昭和5年

学校で習った時は、この恐慌で世は退廃的になって、暗い時代から戦争に入る印象を受けました。
でも、実はアメリカは大恐慌後、ニューディール政策などで立て直し、好景気の時代に入ります。
日本も昭和10年前後は好景気だったそうです。

バブル崩壊 1991年 平成3年

後の時代の歴史では、このバブル崩壊や、現代の状況をどう描くのでしょう。
たとえば、平成3年はバブル崩壊が始まった年ですが、携帯が普及しだした年でもあります。
湾岸戦争でピンポイント爆撃なんて、ハイテクを観せられたころでもあります。

現在は、確かに世界中の株が下がって大変ですが、
それでも、液晶テレビを買う人もいますし、私もお芝居観たり、ライブやって酒のんで騒いでいます。
こんな時代だからって、皆が皆下をみて歩いているわけじゃないんです。

政府は財政出動の景気対策を図っています、民主党の公約も「バラマキ」です。
中小や零細企業の社長がサラ金で借金をしていて、目先の資金繰りが厳しい。
そんな時に追加融資があればうれしいでしょうが、その金利に見合う商売をこの先実現できなければ借金は永久に返せません。
早晩倒産するでしょう。

カンフル剤的な財政出動はわかりやすいですが、
本当は企業の「売上を上げる」策が必要ですよね。

この国にどんな産業が必要で、国策はどうであるか。
明治や大正にはそれを見抜いた政治家や財界人が沢山いたと思うのですが。

経済のニュース観てて思うのですが。
「マネー」っていうでしょう。
これ、現金と通貨の区別で、市場の通貨をマネーって呼んでると思うのですが、
英語を覚えたての子供がニュースをみて、「マネーってお金でしょう、なんでお金って言わないの」と感じると思いませんか?

よくわからないけど、せめて通貨でも金融通貨でもなにかふさわしい日本語で表現したらどうでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)