トラブル2つ

旧 7月30日 赤口

仕事で、金曜日の夕方にA1サイズのポスターを35枚、月曜の午前中引き取りという注文がありました。普通は楽勝な話なのですが、もらったデータをRIPにかけると異様に時間がかかります。
RIPというのは簡単にいうとデータを品質を損なわず拡大してプリンタに送る装置(ソフト)です。一枚送って30分ぐらい、それでもテストして残り枚数をセットして帰りました。(40分残業)

今日の午前中社長(職場のビルの7階に住んでます)から電話があって、様子を見たらプロッター(大判プリンタ)が途中で止まっているとのこと、電話で説明して対応願いましたが、午後再度の電話で職場行きを決意しました。夕方会社に出向き、一応善処(ソフトの不具合は解決できないので自分のノウハウで別の手段をとった)してきました。結果はまだわかりませぬ。

社長からの電話のころ自宅ではwindowsがネットに繋がらなくなっていました、wlanapi.dllというファイルの働きがおかしいというメッセージはでますがわかりません。情報をメモってmacでネットに繋ぎ検索したらわかりました。

昨日、windows XPのServicePack3のダウンロードをしたのですがその中に、wlanapi.dllというファイルがあるらしいのです。ところが同じ名前のファイルをコレガというメーカーのワイアレスネットワークのドライバも使っていたのです。わが家ではまさにこのデバイスを使っているので、そのファイルが書き換えられ、ネットワークの不具合になったわけです。
ネットワークドライバを再インストールしました、XPのServicePack3はダウンロードのみでインストールは完了しません。MSあるいはコレガから解決のパッチがでるまでこの状態がベストでしょう。

というわけで平日より頭を使ってしまった土曜でした。明日は「ともかず祭」です、はじけますよ。

(Hatena::Diaryより転載)

ポータブルデジタルオーディオレコーダー

旧 7月26日 友引

昨年末ぐらいから、機種が増えて業界的に熱かったのですが、私もついに一台手に入れました。

色々な呼び方をされていますが表題の「ポータブルデジタルオーディオレコーダー」
携帯できる音楽用のデジタル録音機です。

SONYのPCM-D1というのがトップモデルです。
その他EDIROL(Rolandの音響ブランド)が有名で、
そのEDIROLのR-09というモデルを買う気でいました。
渋谷で楽器屋二件まわった後、ビッグカメラのコーナーで観ていたら、
EDIROLよりTASCAM(これはTEACの音響ブランド)のDR-1のデザインがいい。
値段も安い。TEACだけに信頼性もあるし。

で、買いました。
要するに昔でいうカセットテープレコーダーみたいなもので、音の保存をデジタルでするわけです。
大きさは最初のipodよりやや大きい、そう古いカセットテープのケースぐらいの大きさ。
軽いです。
ちなみにEDIROLのはもっと小さいです。

買った目的は、バンドの練習やライブの録音が主ですが、
レコードやテープの音源のAD変換にも使えそうで、
今のMac+EDIROL UA-3Fxと比較してみましょう。
ら、機種が増えて業界的に熱かったのですが、私もついに一台手に入れました。

色々な呼び方をされていますが表題の「ポータブルデジタルオーディオレコーダー」
携帯できる音楽用のデジタル録音機です。

SONYのPCM-1というのがトップモデルです。
その他EDIROL(Rolandの音響ブランド)が有名で、
そのEDIROLのR-09というモデルを買う気でいました。
渋谷で楽器屋二件まわった後、ビッグカメラのコーナーで観ていたら、
EDIROLよりTASCAM(これはTEACの音響ブランド)のDR-1のデザインがいい。
値段も安い。TEACだけに信頼性もあるし。

で、買いました。
要するに昔でいうカセットテープレコーダーみたいなもので、音の保存をデジタルでするわけです。
大きさは最初のipodよりやや大きい、そう古いカセットテープのケースぐらいの大きさ。
軽いです。
ちなみにEDIROLのはもっと小さいです。

買った目的は、バンドの練習やライブの録音が主ですが、
レコードやテープの音源のAD変換にも使えそうで、
今うちにある、Mac+EDIROL UA-3Fxと比較してみましょう。

(Hatena::Diaryより転載)

風船爆弾

旧 8月23日 大安

夕方のニュースで「風船爆弾」のことをやってました。
気球に爆弾を搭載し太平洋の気流に乗せてアメリカ本土を攻撃するという、
先の戦争末期の攻撃のひとつです。

太平洋をふらーふらー
笑い話のようですが、実際に着弾もあり、当時アメリカ本土での唯一の戦争被害を起しています。
繊維の強い和紙を使い、こんにゃく芋を使った糊でありあわせて気球を作ったそうです。

今日の報道には出てきませんでしたが、
私の住んでいる調布市柴崎2丁目にはかつて「日本針布」という会社の工場があって、
ちょうど私の住んでるマンションとこのマンションの北側にある「つつじヶ丘ハイム」
が敷地跡です。

実は日本針布も軍需期には風船爆弾の貼り合わせをやっていたそうで、
そんな土地に住んでいるんだとやや不思議な思いです。

(Hatena::Diaryより転載)

寅モード

旧 7月21日 先負

27日に帝釈天で「男はつらいよ」第一作の野外上映会があるとのことで、
観に行く予定であります。

で、自宅では最近ちりとてちんばかり観ていたのですが、
男はつらいよを観まくって、モチベーションを上げようと考えました。

ところが、衛星劇場で「森崎東」特集をやっています。
山田洋次監督とはとても近い監督で、役者さんも共通しています。
なかでも「女」シリーズ、これは新宿の置屋が舞台なのですが、
亭主が森繁が演じている、コミカルですが非常識な社会の話です。
寅さんだって非常識な人間です。
男はつらいよの三作目は森崎監督という間柄でもあります。

まあいいか、これで予習です。

その後引き続き観ていたら
深夜に山田洋次監督インタビューと、男はつらいよもやってました。

しばらく寅モード。

(Hatena::Diaryより転載)

ソフトバンク電波状態改善

旧 7月20日 友引

会社のビルはソフトバンクの電波が悪く、私の席では、アンテナ0か圏外でした。
メールの着信はしますが、通話不可能、メールの送信は窓に向けて行なっていました。
ソフトバンクのホームページに電波状況の改善をを申し込むフォームがあったので、
6月に申し込みました。

すると携帯に7月中に改善するという回答がありました。
へー申し込むもんだな、と思っていたら7月の終わりに、先回のメールは無かったかのごとく、
「芝5丁目付近の電波状況を8月中に改善します」というメールが届きました。

これはこうやって一月ずつ遅らせる作戦だな、やはりソフトバンク。
と、変な納得をしてあきらめました。
それっきり忘れていたら、「横見君、電波良くなってるよ!」と
ソフトバンクを使っている社員が教えてくれました。
自分の携帯を見ると、アンテナ3本。
この人には、上記のこと伝えてあり、私よりも期待していました。

へー、ちゃんと工事したんだ、意外とやるなソフトバンク。
お父さんがフランス語話せるのも伊達じゃありません。

(Hatena::Diaryより転載)

これからの世、経済よりも

旧 7月19日 先勝

アメリカ発信の市場経済主義が世界をめちゃくちゃにしています。
かつて資本家の専横に対し共産主義の考えが出たように、
今の投機的投資筋には抵抗する考えが必要なのかなと思います。

ただし、もう20世紀のはじめのような世界は戻ってきません、
一番大きいのは、人類の中で経済で恩恵を受ける割合が圧倒的に増えたのです。
かつて文明に属さなかったり、搾取されていたりした国も地域も発展を求め、
経済の発展を目指し、獲得しています。

日本は戦争で負けたとはいえ、20世紀の世界で極めて幸せな道筋を得ました。
幸運ともいえる日露戦争の勝利、講和。戦前の経済的発展。
戦争で多くの犠牲が出たことは悲しいことですが、
戦後の発展はあの敗戦無しには成しえなかったでしょう。

でも、これからのニッポンには暗雲がたちこめています。
国も国民も貧しくなるでしょう。

でもきっとアメリカの市場主義経済を追っかけて、後世への借金を増やし続けるのでしょう。

貧しくなるのは辛いことです。
でも、そのかわりをなにかみつけていかなければ、
今のままをどうにかではダメだと思うのです。
その「なにか」は、文化です。

(Hatena::Diaryより転載)

原油高騰と温室効果ガス

旧 7月18日 赤口

森永卓郎氏によると、いまの原油相場高は近いうちに暴落に転じるそうです。
ありえなくも無い話だと思います。
かつてのオイルショックの頃から、
原因を原油の絶対量からくる(枯渇を予期した)需給のように感じさせておいて、
実は戦争であったり、投機であったりです。
エネルギー輸入国のコストが高まる分、投機筋と産油国にお金がまわっているのです。

原油高で、ガソリンその他が上がって日本人も苦労しています。
ドライブを減らしたり、ハイブリッド車が売れたり、旅行は電車にしたり、
庶民レベルでエネルギーの節約に励みます。
二酸化炭素の発生も減らすので、『エコ』。
我慢している分、『地球にやさしい』。

さて、森永氏のいうように原油相場が暴落したら?
元の生活に戻します?
もし戻ったら、『エコ』と『地球にやさしい』はどうしたらいいのでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)

携帯の電池

旧 7月16日 仏滅

満月が見えたり黒い雲におおわれたり、稲妻が見えたり、忙しい夕刻です。
今年はセミの声が少なく、もう秋の虫が鳴いていますね。
異常気象は間違いないです。

炭酸ガスの排出量を減らしましょう。
そんなバカな!

さて、携帯の電池を替えました。
機種変して1年10ヶ月、でも半年で失くして再入手したから今のモデルは1年4月程使ってます。
この数ヶ月で充電の具合が悪く、電池パックが膨らんできました。
この十月で機種変して2年だから、そこまでもたせてi-phoneへ…、それはないけど。
ぎりぎりまで使おうと思っていました、しかし、しまいにはカバーが膨らむほど電池が膨張。

ソフトバンクショップで事情説明。
その時の担当の女史は申し訳ない、交換します、交換の電池が今無いので入荷しだい交換します。
とのこと、伝票も、保守交換、費用ゼロでした。

入荷を聞いて交換にいったら、今度の窓口は男子でした。
(『女史』と『女子』意識していますよ、だから『男子』ふんでください)
電池をだして、マニュアル通りなのでしょう、
「電池パックは充電の回数が多かったり、過充電で寿命が縮まります…」
ひときしりそんな話をして引き渡しです。

私は通常3日に一度ぐらいしか充電しません、なにしろ使わないから。
ただし最近は、電池の持ちが悪く、1~2日に一度していました。
もっとも最近では、急にノーバッテリーになったり、充電が完了しないでライトが点きっぱなしとか。

考えると、使い方で電池の寿命が縮むというか、
電池が悪くなると、充電がうまくいかず、膨らんできたりするのでしょう。
昔の機種より小さいバッテリーで、容量(持ち時間)は大幅に増やしているのだから。
そんな歪みがでるのでしょうね。

なまじ電池変えちゃったからあと1年は使えるか。
i-phoneはいらない。

(Hatena::Diaryより転載)