いじめ、いじめられ

僕は小学生の低学年の頃まで、体が弱く、おとなしい子供でした。あまり信じてもらえませんが。四年生の時に扁桃腺を切ってから、うそのように健康になり、針が振れすぎて肥満児になりました。活発にもなりました。ちょうど世田谷から千葉に引っ越したあたりで、転校を機に違う子供のようになっていました。

千葉の小学校で五、六年と担任だったのが小川先生いって、当時二十代後半だったのかな?独身のスポーツ好きの先生でした。僕の名前はこのブログの名前の「武一郎」(たけいちろう)というのですが、その先生は僕のことを「ぶいちろう」と呼んでいました。
多少体が強くなったといっても、元来運動神経が鈍く肥満児でしたから、子供的には劣等生です。勉強の成績も良くはなかったし。
そんな子供を、本名と違う呼び方をするんだから、本人と先生の関係如何ではいじめと言っても良かったかもしれません。
ところが、小川先生は時にはちゃかして、時には意地悪く、時には愛情を持ってそう呼んでくれていました。本人も「ぶいちろ」なんてサインを造って練習していました。

さて、今の時代の話ですが、先生が生徒にいじめをして自殺した事件が問題になっています。先生にも当然非があるのでしょうが、全くいじめだけを考えてやっていたわけじゃないと思うのですよね。
その子には悪いけど、ある子をちゃかした事で、他の子供に受けたとか。

ここから先に書くことは主に親の役目だと思うのですが、からかわれて笑われる子がいたとして、その子が笑われないような教育を求めたり、笑われないようにしつけるのが良いのでしょうか?
ある個性が、それがコンプレックスだとしても、それを伸ばす事で他人とは違う才能を発展させることもありえます。いやむしろ天才といわれる人は尋常じゃないのですから。

世の中が多様化して、価値観もとても多くあるのに、なんで子供が狭い所に閉じ込められてしまうのでしょう?

うまく書けないけど、なんか弱すぎますよね、なにもかも。

(Hatena::Diaryより転載)

必修科目未履修問題

最近はひとつ事がおきると芋づる式にあちこちで発覚する事が多いです。この高校の未履修問題もそうです。酒気帯び(飲酒)運転もそうです。最近ではありませんが食品の異物混入事件とか、あの時だけ大きく騒がれました。
私は、教育の問題も、飲酒の問題も語れるような輩ではないのですが、この手の問題はその発生している事だけではない気がします。

未履修の問題では、テレビのコメンテーターはまたしたり顔でいろいろ言っています。ゆとり教育も、受験競争もそりゃ原因としてありますが、日本人の抱える気質に大きくかかわっていませんか?
ふたつあげます。

・みつからなきゃ大丈夫、こんな事は誰でもやっている、世の中には建前と本音がある、赤信号皆で渡れば怖くない、臭い物に蓋をする、出る杭は打たれる…

絶対的な価値を尊重せず、流れで判断する。規則よりも衆知の賛同が大切。
つまり「和をもって尊しとする」日本人の価値観です。
キリスト教では「周りの目」よりも神との約束が大切ですが、日本人にはそれはありません。神道や仏教は一般的な日本人の生活に影響していますが、精神までは支配していません。

・「水に流す」という価値観。
騒いでいてもしばらくしたら治まります。郵政反対議員の復党問題もいい例です。これは、悪がどうしょもなく悪ではなくなるんです。いつかは許す。だから死刑は反対。
敵はは墓まで掘り返して復習するという中国人などとは感性が違います。靖国問題もこういう事が根にありますね。
だから、問題を徹底的に解決せず、付け刃の処理で終わらせて手打ちです。

これは、気質とは違いますが、ルールがあっても取り締まりって甘いですよね。だってここまで多くの高校が未履修を行なっていたのを、どんな機関もチェックしていないのですから。
今の駐車監視制度は評判は悪いけど、ある意味公平かもしれません。規則はあってもここならOKとか、ミニパトが偶然(下手をすると情緒的に)取り締まるのでは捕まったひとは「アンラッキー」と思うしかありません。
世に多くの法律があって、その下の規則、ルールがあって、これはきっと覚えきれない量でしょう。
しかも取り締まりきれない、問題が起きると騒ぐ、でもすぐ忘れる。

そう、思います。

(Hatena::Diaryより転載)

新庄おめでとう!

日本ハムファイターズが優勝しました。日本一は「東映フライヤーズ」だった頃から44年ぶりということです。
東映、もちろん映画会社です。東映フライヤーズは1954年~1973年まで存在しました、前身は「急映フライヤーズで」これは、東急と大映の球団でした。

そういえば、
松竹ロビンス
大映ユニオンズ(大毎オリオンズ)

東宝はその名前ではありませんが、東宝のオーナー小林一三は阪急のオーナーでもあったことを考えると、各映画会社が球団を持っていたといえます。

その小林一三と大映の永田雅一は、野球に対する情熱にはお互い負けていません。
小林は日本のプロ野球の創世期から関っていますし、永田は野球殿堂に入っています。

娯楽産業のオーナーたる究極が、映画とプロ野球だったのでしょう。

ここまで書いて、なんか同じような事前に書いたと思って調べたら、書いてました。
http://www.takeichiro.com/051019/

たった、一年前だけど、ホリエモンは天国から引きずり降ろされたし、楽天の勢いもどこにいったやら。

(Hatena::Diaryより転載)

安心したい

携帯を機種変してから、ソフトバンクは、通話無料、メール無料に引き続き今日は、電話機本体無料を打ち出しました。「予想外」の連発のようです。

しかし、これはいろいろな条件や制約があります。少なくとも「何も考えずに、とりあえず契約すれば全て無料になる」というシロモンではありません。

元々、物々交換をしていた時代から、対価交換、流通、貨幣などの発明を経て為替、株式などが主になる時代になると、昔のような単純な取り引きの利益は取り辛くなります。
色々なシステムの仕組みを把握し立ち居振る舞う人が儲かります。その振る舞いが時として法律に触れた面々も記憶に新しいところです。

さて、われわれは携帯の料金プランに、何を求めるでしょう。
「自分が使う範囲において最低の料金であって欲しい」ですよね。
だから、いろいろ検討するのも必要だけど、これから先誰に電話するか、メールするか、ウェブは何を使うか知っているわけじゃない、だから予測して申し込むのです。

ずっと使ってて、性能(機能)が良いのが必要です。それと合わせて料金が、期待を裏切らない、それは他社より有利だったと理解できることではないでしょうか?

スーパーが、「卵1パック無料」なんてチラシを出します。喜んで買いにいきます、そうすると、「他の商品を定価で買うこと」や「2年間はこの店で買物をすること」などの条件が付いています。
今の孫さんはそんな、低レベルにみえます。

(Hatena::Diaryより転載)

マイミクにみる携帯シェア

untitled

ソフトバンクが新料金プランを発表したけど、あれは新加入者(MNPでの移動者含む)対象で私のような既加入者は関係ないらしい。
先週、機種変して過去のボーナスの期間もなくなったんだぜ。

さて、私の周りにはソフトバンク(前ボーダフォン、本J-フォン)キャリが多いと思うのだけど、実際はどうなんだろう。携帯のメモリ全部は大変なので、マイミクの人間を調べてみた。

マイミク 43名
内、私が携帯メール知ってる人 18名
(これは、マイミクで普段付き合いがある人の割合といっても良いのか)

この中の比率
ドコモ 10名
AU 4名
ソフトバンク 2名
PHS 2名
なんだマスと同じような比率だね。
ただし、この中でドコモにいる3名は数年前はJ-フォンだった。

やっぱ、ドコモが王者か。

写真は過去の私の携帯(J-フォン三代、ボーダフォン)

(mixi日記から転載)

コメント

 

  • たけちゃん

    たけちゃん2006年10月27日 00:53 削除

    お二人の合わした集計。
    D 10
    A 6
    S 2
    P 2
    -------
    TL 20

    です。

 

たけちゃん

close

人付き合い

人と人が接していくことははやり難しく、工夫が必要だということを考えてる昨日今日です。具体的には仕事の話と友人関係です。

仕事に関しては、やはり最も大切なのは技術や知識よりもコミュニケーション能力であるということ。それが欠けているいる職場(あるいは欠けている人物が管理する職場)はダメです。

友人関係は、仲間を広げていくといろんな価値観、タイプの人間が集まる。その中で好き嫌いや派閥的な問題も起るということ。
これ以上の詳細はプライバシーもあるので書きません。

仕事の問題と友人が違うのは、友人は嫌なら付き合うのやめちゃえばいいのです。
仕事の場合は、環境や人間関係が嫌で仕事を辞めることは、それはそれでいいのだけど、もともと友人でない人間が集まって、お金を儲けるとかの目的に向かっているのですから、そこにいる人間をどうにかして繋ぐべきだと思うんですよね。

考え中の問題なので、こんなところで。また気が向いたらこの事に触れます。

(Hatena::Diaryより転載)

役者に合わせるか、役に合わせるか

市川雷蔵についての本を読んでいたら、こんなことがかいてありました。「勝新は何をやっても勝新、錦之助(萬家、中村)も錦之助だが、雷蔵は違う。長谷川一夫もはやり、いつも長谷川一夫だ。」

確かにそうです。津川雅彦なんか典型でしょう。丹波哲郎とか志村喬とか数え上げればきりがないけど役よりもその人の個性を反映させる演出の方が向く役者さんが多いと思います。
最近の映画では、その役者の個性に合わせて、脚本、演出を書いて一丁あがりで、役者が苦労しなくて良い場合もあるようです。

さてその本の文章には続きがあって、「女優はそうでは無い場合が多々あり、山本富士子などいくつもの顔を演じわけている、ところが、吉永小百合はいつでも吉永小百合だ。現代の俳優の典型は高倉健と吉永小百合かもしれない。」

うーん、おもしろい視点ですね。そう考えると市川雷蔵をもっと研究しなくてはいけません。
私が、よく観る役者はどっちのタイプかも分析してみましょう。

(Hatena::Diaryより転載)

安くなるのか?

19日にボーダフォンからソフトバンクへ機種変したばかりなのですが、今日番号ポータビリティに向けての新料金を発表しました。ソフトバンク間無料通話、無料メールなんかを始めるようです。

まだ良くわからないのですが、今のユーザーにも利得があるのでしょうか?
というか、料金プラン変えたばかりなのですが…。

(Hatena::Diaryより転載)

藤岡琢也

藤岡琢也さんが亡くなりました。腎不全だったそうです。なにしろ私のページのプロフィール画像の人物です、悲しいです。いろいろな病気を抱えた76年。お疲れさまです。

今年の4月に書きましたが、
http://www.takeichiro.com/060405

藤岡さんは結核で片肺をなくしています。渥美さんと同じです。それでも、弱々しくは見えずむしろ肥満に見える方だから、若い頃はエネルギッシュな脇役が多く、よく走ったりしていました。
植木等を特集した番組で、古沢憲吾監督についての話だと思ったけど、「藤岡ちゃんはころんで思いっきり頭をぶつけてOKがでた」というような話をしていました。

関西弁のちょい悪役は特に似合いました、一番下っ端のチンピラではないのだけど、やや頼りないやくざ。勝新と田宮二郎の「悪名」シリーズにも登場します。

社長シリーズでは、フランキー堺と三木のり平の降板のあと、この人や小沢昭一、谷啓などがその穴を埋めます。社長シリーズでは三木、フランキーの存在感が絶対のため、この後期の作品は評判がいまいちですが、「社長えんま帖」の
ポール・花岡(日系アメリカ人):藤岡琢也
富田林営業部長:小沢昭一
はなかなか良い出来ですよ。

小説・吉田学校の「廣川弘禅」役も良かった、タヌキとあだなされた人物を好演しています。まじめな話この映画は今の時代みるべきです。
あの麻生外相のお母さんが夏目雅子だとは…。

話がそれましたが、また名優が旅立ちました、合掌。

(Hatena::Diaryより転載)

目覚ましは別にしよう

いろいろ悩んでいたけど、昨日衝動的に携帯を変えた。
もう二年はsoftbankからキャリア変更はしないという決心。

vodafoneのマークの携帯は一代だけだった。

さて、あたらしい携帯は811SHという機種なのだが、これで四代続けてSHARPなので、基本的な使い勝手は変わらなくOK。3Gが相性がいいのか自宅での通話は前より良好。

でも、マニュアルをみても「自動電源のOFF、ON」が無い。
いつも携帯のアラームで起きているのだが、明け方メールの着信が鳴るのがいやなので、午前1時に電源OFF、アラームの10分目にONにしていた。それが使えない。

どうも、飛行機などで、自動ONの音のトラブルなどがあるらしく、この機能はどこのキャリアでもはずす方向らしい。

まあ、考えてみれば今まで邪険にしてた目覚まし時計君に復活してがんばってもらえばいいかな。
前の携帯を目覚ましだけに使うという手もある。

(mixi日記から転載)

コメント

 

  • あべちゃん

    あべちゃん2006年10月21日 00:54 削除

    うちでは、目覚まし時計、テレビ、家の電話、前の携帯、今の携帯(2回鳴る)と、バラバラに鳴らして、起きた時にはすっかり不機嫌という毎日を送っております。
    あれ?藤岡啄也さん亡くなられたんですか。

 

  • たけちゃん

    たけちゃん2006年10月21日 01:51 削除

    >あべちゃん
    お前、それだけ鳴らしても時間通りに来れなかったりするのなぜ?

 

 

たけちゃん

close