女経

「女経」 1960年 大映
京マチ子、山本富士子、若尾文子の大映三大美人女優がそれぞれ主役をつとめるショート三話のミックスです。監督も別々で、第一作「耳を噛みたがる女」が増村保造(若尾)、第二話「者を高く売りつける女」が市川崑(山本)、第三話「恋を忘れていた女」が吉村公三郎(京)です。

1955年に東宝でやはり女優三人、監督三人の企画物「くちづけ」という映画があります。これは監督が、筧正典(青山京子)、鈴木英夫(司葉子)、成瀬巳喜男(高峰秀子)です、この作品の場合、ストーリーに若干の連続性がみられ、主人公が成熟していき、成瀬-高峰コンビで締めています。

「女経」の場合、恋愛とお金を計りにかけて、お金を選んだような女性のストーリー三話で、設定はばらばらです。大映三大美人女優では、私は若尾文子が断然好きなのですが、この映画では、市川-山本の第二話が良いです、狭いアングルに絞り(無駄な背景を使わない)、山本のアップを活かしています。市川作品の「私は二歳」でもやはり山本のそういうアップが多いです。
ストーリーの中で、友達の女性(野添ひとみ)に「この仕事は、あんたみたいなちょっと可愛いじゃ駄目なのよ、私みたいなとびきりの美人じゃなくっちゃ」
という山本の台詞があります。さすが元ミス日本です。

(Hatena::Diaryより転載)

たった一年の違い

「負ケラレマセン勝マデハ」 1958年
「男性飼育法」 1958年
約一年違う映画ですが、東京映画で豊田四郎監督、森繁、淡島、小林桂樹が出演など共通点の多い二本です。(この間に撮られた『駅前旅館』というのも共通点が多いですがそれは今回は置いときます)

「負ケラレマセン…」は森繁が車の整備工場のオヤジ、その義妹で寿司屋の独身女将が淡島、税務署員が小林、淡島の妹が乙羽信子、亭主の布団屋が伴淳です。
税金を取り立てられる庶民と、取り立てる(それでも所詮庶民の)税務署員を描いています。
「男性飼育法」は森繁が商社の社長、妻が淡島、三人姉妹で、妹(次女)が淡路恵子、その亭主が大店の主人、花菱アチャコ、三女が水谷良重、その亭主が研究者、小林桂樹です。
三姉妹のが喜劇を演じる点で設定も似ています。

なのですが、
「負ケラレマセン…」は白黒で、「男性飼育法は」カラー、東宝ワイドスコープです。見比べると一年とは思えない差を感じます。
確実にカラー&ワイドの方がお金がかかるのですが、この時代どういう意図で白黒、カラーを選択していたのかよくわかりません。以前「カルメン故郷に帰る」という日本初のカラー映画のことを書きましたが、60年代までは、白黒も混在で、黒澤明や岡本喜八監督は、あえて白黒で撮った作品もあります。

ただ、今日あげた二作品では、「負ケラレマセン」が社会の底辺で、「男性飼育法」が上流(今でいうセレブ)の社会が舞台なので、なんとなく納得でした。

(Hatena::Diaryより転載)

最近昔の映画について書くのに少し壁を感じています。話かマンネリで繰り返しになるのと、前より若干わかってきて深みのなさに自分で嫌悪する部分があるのです。
ちょっと充電するかもしれません。なのでネタのない時は普通の日記になります。

ちなみに、自分のレンタルしているサーバがメンテナンスで、昨日、今日と絶不調です。ということで今日はこれだけ。

(Hatena::Diaryより転載)

五社協定

かつての映画会社で、大映は倒産しました。新東宝もなくなりました(後からでる新東宝は別の会社です)。日活も倒産しました、新東宝は普通の映画でたちゆかなくなって「エロ・グロ路線」、再生した日活は「ロマンポルノ」というものを手がけました、そういう映画が低俗だからいかんというのではなく、競争力がなくなりそっちへいかざるをえなかったのでしょう。
東映や東宝はテレビ時代を迎えそういう仕事にもシフトしています(アニメや特撮)。

日本映画の黄金時代には「五社協定」というのがあって、東宝、新東宝、松竹、大映、東映の五社(後に日活を入れた六社)が、俳優の引き抜き、貸し出しなどを制限する申し合わせをしました。元は、日活の復活を控え各社の役者を守るために始めたのですが、引き抜きができないということは、俳優の自由意志で会社が選べないことにもなります。俳優側にとても不利な決め事ができたのです。

こういう規制が何を生むかというと、人の集まりや移動の硬直により、それぞれの才能を制限した使いみちにしてしまいます。そういう意味で、非常に悪名高い制度でした。

ただ、今の時代に過去の映画を観ている私のような人間にとっては、専属のおかげで系統がわかりやすく、便利なのです。
私がもう少し役者さんの顔を覚えればそうでもなくなるのですが。

(Hatena::Diaryより転載)

おばけ煙突

2005-10-22

「煙突の見える場所」 1953年 新東宝(スタジオ8プロ)

千住にあった、おばけ煙突の周りを舞台に描いたドラマです。おばけ煙突というのは、東電の旧千住火力発電所の煙突で高い四本の煙突が細い菱形に配置されていて、方角と距離によっては1本から4本に見えるという不思議な煙突だったそうです。
昭和27年。まだ戦後を引きずっていて貧しい日本です。千住と上野のシーンが多いのですが時代を感じます。千住は東京でも家賃の安い地域だったようです。ちなみに今私が住んでいる調布は、その頃は畑だらけです。
上野も広小路口の雰囲気や不忍池に今と似た面影がありますが、やはり全然違います。なにしろ50年以上前の映画です。

東宝争議で東宝の主立った俳優が新東宝に移籍していた頃の映画ですが、高峰秀子はこの頃からフリーで活動しています。他には上原謙や田中絹代、芥川比呂志などが出ています。

千住発電所のおばけ煙突は、オリンピック直前の昭和39年(1964)に取り壊され今では普通の発電所になっているそうです。その時、戦後とは別の軸のひとつの時代が終わったのでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)

離党と除名

郵政民営化法案に反対して、新党をつくった人達9人が自民党を「除名」になったそうです。彼らは自ら「離党」を届けていたのに受理されずこういう処分ということです。
本人たちはご立腹のようです。
離党と除名というのは例えれば、辞職と解雇のようなものなのでしょうか。再就職の時は解雇はちょっとマイナスですが、解雇だと失業保険が早くもらえるとかメリットもあるのです。

大臣、議長経験者が除名はかっこ悪いのかもしれません。でも、政治家の人の履歴はもう見てて明らかだから、こんな離党、除名なんてこの後には関係ないと思うのです。どうせもうケツを割ってるのだから。それより陳腐な新党の今後は?と思います。

ただ、出処進退をしっかりしないというか、筋を違えるのはマイナスです。野田聖子とか。彼女の処分はまだ先のようですが。

(Hatena::Diaryより転載)

大映の作る東宝的映画

「東京の瞳」 1958年 大映

6月のブログで「渇き」という映画を、大映青春映画として紹介しました。でも青春映画っていうと日活の吉永小百合と浜田光夫とかのイメージもあってよくわからないですね。
50年代の大映のウリは名優(長谷川一夫、市川雷蔵など)の時代劇とややシリアスなドラマでした。これは私の想像ですが、だんだん軽薄になりそうな時代を予想して永田雅一も軽い雰囲気のドラマをやろうと方向性をさぐっていたのではないかと思います。

「渇き」も「東京の瞳」も山本富士子が等身大の若い女性の恋愛を演じます。大映の映画では珍しい設定だと思います。
「東京の瞳」はキャストの設定がややめんどくさいので書きませんが、大映の若手総動員です、若尾文子、船越英二、川口浩、川崎敬三、柴田(田宮)五郎。というか他にいないのが大映の泣き所です。
時代劇や勝新のストーリーものはスターだけで客が呼べますが、等身大のリアリティなドラマはいつも山本富士子、若尾文子というわけにはいきません。
東宝は、淡島千景、新珠三千代、八千草薫など宝塚出身者に加え、司葉子、池内淳子、団令子、白川由美など多数の女優さんがいました。
そして60年代になると、星由里子や内藤洋子が登場します。
美人という点では山本、若尾ですが、バラエティ的なドラマでは層の厚さです。これは男優にもいえます。
船越英二がハンサムから三枚目まで演じるのを、宝田明、小林桂樹が演じ分けますし、川口浩の役を演じられるのも、三橋達也や佐原健二などがいて層が厚いです。

大映は山本富士子を追放し、永田雅一の唯我独占の企業となりたちゆかなくなります。
その結果が60年代の東宝黄金時代です。

(Hatena::Diaryより転載)

昔のメディア王

楽天のTBS買収が話題のこの頃ですが、映画会社に関わる昔のの経営者3人の話を書きます。三木谷さんや堀江さんとどう違うのでしょう。

1.小林一三(こばやしいちぞう)
阪急の創設者です。明治8年生まれ、慶應大学卒業後一度は金融界に入ります。その後鉄道事業に進出し、路線の開発を含めた事業を展開します。中心の鉄道が阪急電鉄で、開発事業のなかに百貨店、不動産、娯楽施設などがあります。その中で宝塚温泉を開発しそこで演じる劇団「宝塚少女歌唱団」を生みました。後の宝塚歌劇団と東宝の前身です。
今のオリックスバファローズの前身、阪急フレーブスは小林の作った球団です。

2.五島慶太(ごとうけいた)
明治15年生まれ、東急の創始者です。上記の小林の影響を強く受けていて、事業の展開には似たところがあります。非常に強引な買収で事業展開したそうです。
東映の創立には東急が関わっています。1947年にセネタースという球団を買収し東急フライヤーズとします。1954年には東映フライヤーズとなります。

3.永田雅一(ながたまさいち)
この人はこのブログで何回も書いていますが、戦後の大映のワンマンです。あまりきれいとはいえない感じで大映の経営を手中に収めたようです。
先に書いた二人のような事業家ではなく、映画の人なのですが、プロ野球の球団所有には情熱をもっていました。
ノンプロの大映球団から、東急と合同し急映フライヤーズとなりますが、一年で金星スターズという別の球団を買収し、大映スターズとなります。
その後大映ユニオンズ→大毎オリオンズになります。

三者とも映画会社を所有し、野球球団を所有しました。
大映は今は球団も映画会社もありません。他の2球団も、鉄道事業の経営不振から球団は手放しています。東急と東映は1960年に資本を別けグループを清算しています。
成功した経営者の夢の実現のようなメディア王、球団経営ですが、どれも一時のパッションのようになっています。

平成のメディア王、球団経営はこの後どうなるのでしょう。

(Hatena::Diaryより転載)