宅配ボックスの入れ間違いは悲しき僕の心配性

一昨日ちょっと帰りが遅くなって23:30頃、届いてるはずの宅配をチェックしたら宅配ボックスの4番に入れたという配達票が郵便ポストに入ってるのだけど僕の荷物を預かっているという表示がでていないんです。

以前不完全にドアを締めて表示されなかったことがあったので、自分で荷物を保管する方法で4番を空けてみたらやはりからっぽ。

1000円ちょっとの買い物だし急いでないので翌日連絡すればいいかってなりますが、楽しみに待ってたらがっかりだし。高額品だったらどこに行っちゃったのだろうって心配になります。

ヤマトに連絡して「いや私は4番に入れましたから知りません」なんて言われたらどうしようって隠れ小心者の血が騒ぎます。


翌日(昨日)騒いだ血も収まったのでヤマトに連絡、ドライバーに問い合わせて調べますとの回答、これが9時7分

なかなか返信がこなくって、そうですよねヤマトさんはamazonにいじめられて大忙しなんです、せかしちゃいけません。で11時51分にドライバーからTEL
「私は昨日のものではないのですが、4番に入れたという記録があります。ご家族の方が出したりしてませんか?」
おいおい3時間近く待ってこの電話?しかも口調がバカっぽいし

ヤマトさんは大変なんだから怒ったりしません。私以外が出すことはありえないから調べてくださいとお願いしました。

13時15分頃、昨日配達したというドライバーからTEL
「他の部屋番号に入れてしまったかもしれないので追跡して調べます」と

ロッカーのセンターにいつ誰がロッカーの開閉をしたかというログを取ってあるはずなんです。ただ管理組合がその契約をしてない可能性もあり不安が再燃してきます。


昨日も夕方少し用事があって21時過ぎに帰ると、管理人さんからのメモがありまして

ロッカー入れ間違い

無事受け取りました、電車乗っている間にヤマトのドライバーから2回着信が入ってました。忙しくて大変だけど間違えちゃうと更に仕事が増えちゃうし、要らぬ心配も増えるので気をつけましょう。自戒も込めて

Jueves,veintisiete de abril de 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です