日曜日の映画~広島と多摩ニュータウンと私

この間の日曜日、椎名町に行って「トキワ荘跡地散策」をする予定だったのだけど、日程ミスなんかがあって中止。その代わりというか映画を観てきました。観たのはね~

この世界の片隅に

のん(能年玲奈)ちゃんが主演声優をつとめております。この私が年に2本も劇場でアニメ映画を観るとはびっくり。この映画は東京テアトルの配給で新宿だとテアトル新宿、渋谷だとユーロスペースでやってます。行こうと思ったときには新宿満席、ユーロスペースはwebで予約できないという状況。次は距離的に池袋かな、逆に西側ではと探したら、TOHOシネマズ南大沢がありました。TOHOシネマズなら予約も楽チンなので、決定。

南大沢駅
南大沢駅

南大沢京王相模原線、うちから駅までの徒歩や乗り換え込で1時間弱。時間的には新宿や渋谷とそうかわりません。TOHOシネマズのポイントが付いたぞ!って喜んでたら、交通費が往復で700円ぐらいかかるからその分高い映画になっちゃった。

南大沢駅前の屋台
南大沢駅前の屋台

相模原線は年に何回かしか乗らなくて、その大半は寝ちゃって乗り過ごし。この駅もそのように来たことあるけど昼間は多分初めて。ちなみに寝過ごして引き返せないとタクシー代約1万円の世界です。相模原線恐ろし(本線の高幡不動や高尾も怖い)

駅前は屋台が出てにぎやかでこれが三井のアウトレットパークまで続いています、楽しそう。

この世界の片隅に
この世界の片隅に

なにはともあれ映画を鑑賞。

戦争中~終戦の頃の広島のお話。広島からに嫁いで行くのが主人公のすずちゃんです。お話は楽しくて、可愛くて、切なくて、悲しいので是非劇場で観てみてください。

映画の直後よりも家に帰ってから、一日経ってからじわじわと感動しました。

のんちゃんの声優見事です、すずちゃんがハマってました。彼女は天野アキの時も役と一体化できる才能があるんですね。

私、横見って名字なんだけど元は広島です。私の親父は広島生まれでこちらに出てきました。今は知っている親戚がみんな関東なので広島には行ったこともないのだけど、おやじが育ったのがこの映画ですずちゃんがお嫁に行った呉の灰ヶ峰だそうです。繋がっている!

おじいちゃんとよみうりランド
おじいちゃんとよみうりランド

おやじやおじさん、おばさんはほとんど訛って話してたことがないのだけど、おじいちゃんはバリバリの広島弁使いでした。

南大沢駅南側

南大沢駅南側

映画終わってアウトレット行こうかと思ったけど買いたいものもなし、ご飯食べて帰りました。


稲城からこの南大沢のあたりは多摩ニュータウンの開発で発展してきました、京王相模原線も小田急多摩線もその整備で作られました。さっきの古い写真のよみうりランドも1964年開業なのでニュータウンの開発とほぼ同じ時期。50年経って近くで遊んいるのも何かの繋がりなのか?

Miércoles,treinta de noviembre de 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です