YouTubeで見つけた温故知新、私はアナログ楽器専門

私のアップしたYouTubeにコメントがついてて、コメントした方のプロフィールをみたら「YMO好きスピッツ好きの高2」だそうです。高2だったらスピッツの全盛期だってまだ子供だしYMOなんか歴史の教科書だよね。

それでその子がアップしていた動画がこれ

iPhoneGaragebandの音源だけで作ったRYDEENです。すごくない?理屈じゃ作れるってわかってるけどここまで高度にできるものなんですね。

考えてみれば当時は自分が高校生でした。YMOはものすごい機材で曲を作っていて、シロウトがシンセサイザーなんて入手できない頃モーグとかバカ高いシンセや最新のシーケンサーなどを惜しみもなく使ってやってました。BGMってアルバムの裏ジャケットにツアーの機材リストが載っていて「凄いな~」なんて思ったことを思い出しました。

僕らが学生の頃はポリフォニックのシンセがやっと一般向けになってきて、エレピはまだまだ弦が張ってあるものが主流だったから。

違う方がやってるんですがこんな動画も見つけました、シンセサイザー数台で自分は教授役ですね、楽しそう。

そんな時代ですが私は今、「365日の紙飛行機」をウクレレで練習中です。ギターの弾き語りも練習しなくっちゃ。

Miércoles,tres de febrero de 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です