木曜の朝〜僕の鉄道厄日に考える

今朝は山手線遅延の直撃を受け出勤に2時間40分かかりました。原因は新宿でドアに不調がでてそれを点検してたらしいです。

井の頭線の車内の案内で高円寺でおきた人身事故の影響で中央、総武線が止まってるとでていたので、沿線の人はさそ大変だなあなんてのんきに渋谷に降りたら山手線のホームに向かうエスカレーターが閉鎖されてます、これはホームに行く人を制限する目的で、トラブっているという合図でもあります。ちょっと回って階段で降りたらやはり電車が止まったまま。中央線(総武線)の影響かなって思って乗り込んだらアナウンスで新宿でドアの点検してると。

時間は8時15分ぐらい、今思うとこの時点で地下鉄振替してれば遅刻もしなかった。しかしこの判断って難しい、ドアの点検ぐらいならすぐ復旧するかもしれないもの。

しかしなかなか渋谷から出発しません、それでも今日はこの電車で行くと決めました。その後、まもなく出ます、出ますと言いながら30分ぐらい待って渋谷を出発。

それでいつものスピードで着けばちょっとの遅刻なんだけど、なにしろ後続も遅れてて各駅で時間調整、しかも後の電車(トラブった車両)を大崎で点検するので、とりあえず大崎にいって後続を待って出発すると。

大崎に着いたのが9時20分頃、少し車内で待ったけどこれまでの遅延で嫌気がさして田町まで振替で向かうことに決行!

大崎からだと「りんかい線」で大井町まで行って京浜東北線で戻ってくるという路線です。ただ埼京線のトラブルの影響で湘南新宿ラインも遅れてるって表示があったから「大丈夫かな?」って思ってたら案の定ホームに降りる階段から激混み。それでももはや山手線に乗るという選択肢はないのでがんばって乗り込んで大井町、この方法のイヤなのは大井町で京浜東北線に乗り換えるのが遠いんです。でももはやイヤもなにもない、それでも京浜東北線の車両見た時ほっとして、田町駅に着いた時は家に帰ったような気分になって、何を勘違いしてるの俺?と思いました。

昨夜中央線乗った時四ツ谷で数分電車が止まってしまって、その間怒鳴り声が聞こえてて案の定「お客様同士のトラブル」〜喧嘩で電車止めるなよって、それがケチのつき始めかも知れません。

それでも僕は日本の鉄道システムは凄いと思ってます、ただこれだけの高密度じゃエラーも起きますよね。それでひとつのトラブルが何万人にも影響してしまうから大変なんだけど。これは技術の面よりこういう輸送がないと成り立たない都市に問題があると思います。

E235
E235

といいながらもE235系(山手線の新車両)がトラブルを克服して僕らの前にやってくるのを心待ちにしております。

Jueves,tres de diciembre de 2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です