映画鑑賞日記〜海の日の歌舞伎町で「HERO」

海の日、祭日で特に用事もなかったので映画鑑賞。土曜日に封切りされた「HERO」を観てきました。

今回は新築されて初めて新宿の東宝シネマに行ってきました。

歌舞伎町
歌舞伎町

晴天の歌舞伎町、コマ劇場があった頃が懐かしい・・・


今回はネットで予約してなかったので劇場で券入手、昼過ぎに到着したものの近い時間の普通席ははもう埋まっててさすがに4800円の席は敬遠して16時台の券を入手、3時間以上暇だ。

食事は済ましてたので昔の職場にいったり街をぷらぷら。暑かったので多くの時間はマンガ喫茶で過ごしました。


さて「HERO劇場版」。封切り直後とあってまあまあ入ってました。フジは今クルーのドラマも出足厳しいようだからこの映画の興行は大切です。

内容はある事件で関西の検察から検事が来るのが雨宮(松たか子)、事件はある国の大使館が関わっているようなのだけど治外法権や外交官特権で手が出せない。しかし久利生(キムタク)が持ち前の粘りで切り開いてゆくというもの。

麻木(北川景子)と雨宮の位置とか注目してたけど、うまく作ってあると思います。全体に上出来、ただ期待を上回るとこまではなかったです。

ある国が「ネウストリア」っていうんだけど、架空の国かと思ったらフランスにかつてあった国だったみたい。根拠がなきゃやばいものね。

Mièrcoles,veintidos de julio de 2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です