ドラマ鑑賞日記~異例の長編作「美女と男子」

ほとんどのドラマが最終回を迎えたのでこれから新作までは見逃してたもの見て過ごします。中でも火曜日の22時はTBSの「マザーゲーム」、フジの「戦う!書店ガール」とNHKの「美女と男子」が重なっていました。最後に溜まったのが「美女と男子」なので消化しようと見ていますが、話がまったく終わりそうにありません。調べてみたら20回ものでした。なので8月まで続きます。

美女と男子
美女と男子

この時間はNHKのドラマ10という枠で、鈴木京香のセカンドバージンや木村佳乃のはつ恋とか名作もは生み出してます。それにしてもこんな長丁場知らないので、最近の調べました。

  • 全力離婚相談 7回 主演:真矢ミキ
  • さよなら私 9回 主演:永作博美、石田ゆり子
  • 聖女 7回 主演:広末涼子
  • ハードナッツ(BSのドラマの再放送) 8回 主演:橋本愛
  • サイレント・プア 9回 主演:深田恭子
  • 紙の月 5回 原田知世

これより前のものでもセカンドバージンが10回で最長のようです。NHKがリキをいれてるのでしょうか。


スタッフやキャストが「花子とアン」につながるものがあり、主演の仲間由紀恵と準主演の町田啓太はじめ思い出す顔ぶれが並びます。

オープニングが出演者がバンドで登場して演奏するってとこ(当然エア演奏、仲間由紀恵の歌は実際は浜崎あゆみ)や、ジョン・カビラのナレーションがはじめあまり好きになれなかったのですが、回を重ねていくうちにドラマ自体が面白くなってきました。

主人公が仕事と家庭の両方を抱えて頑張っていくって「マザーゲーム」も「書店ガール」も似たような見どころがあったけど、たまたま重なったのか、この時代だとどうしてもそうなるのか?

Jueves,veinticinco de junio de 2015

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です