病院に通う理由ってなに?

数年前から毎月耳鼻科に通って治療して薬処方してもらってます。治療は綿棒で薬塗って膿みたいの吸ってもらった後、ネプライザーやって終わり。つまり対症療法です。日々は点鼻薬と点眼薬、飲み薬(アレグラですがジェネリック使ってます、名前は忘れた)でわりと快適にしのいでます。

鼻のいい人から見るといつも鼻すすってるからさぞ不快に感じるみたいだけど、以前市販薬でしのいでいた時代よりは数倍楽です。それでも疑問なのはずっとこの対症療法でいいのか?

アレルギーで鼻茸があるのです。おふくろなんかに言わすと、切っちゃえばいいじゃないなんだけど主治医は特に何もしようとしてません。血圧の治療も同じように投薬をずーと続けていくのかな〜って、その辺は少し疑問感じます。

そんなわけで午前中耳鼻科と散髪、午後は左吉の水槽掃除を終えて友人のライブ観に来ています。疲れた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です