9月終了のドラマの感想です〜「10月からはちょっと減らそう」と日記に書く

旅行の間に録りたまったドラマやバラエティー番組がたくさんあって、まだオンタイムに追いつきません。考えてみるとこれだけ無駄な時間を過ごしてて、これがなければいろんなことができるんだな〜って、かといってポジティブには活動できず受動的にテレビを観る毎日に戻るわけです。この時間の半分でもギターやスペイン語に使えばいいのに・・・ダメだねまったく。

今クルーのドラマは徐々に最終回を迎え、10月から新番組に変わります。いくつか観始めた中で小泉孝太郎の出てた「オワコンTV」と「ペテロの葬列」はやめちゃいました、苦手だな今後も彼の出るものは観ないと思う。

花子とアン

いよいよラストに近くなってます、ここに来て反戦的プロパガンダがちょっとうざいです、まあ全体的には楽しめました。キャスティングもよかったです。吉高も見直したし仲間さんはもちろん、黒木華と土屋太鳳もね土屋さんは来年主演ですね。でもなんで茂木健一郎出したのかな?

HERO

松たか子と阿部ちゃんが降りちゃった穴がどうなるか不安だったけど新しいメンツがそれなりに埋めてまあ楽しく仕上がったのではないでしょうか。テレビの通販だとかタバコすぱすぱがもう時代設定に合わないから無理は百も承知なんでしょうから。

木曜日は不倫の日(1) 同窓生

稲森いずみと板谷由夏に比べ男性陣がちょっといまいちかな、井浦新田も松岡も好きなんだけどね、EXILEの松本はまあ、あれでいいです。

木曜日は不倫の日(2) 昼顔

昨日終わりました、ラストはちょっと消化不良っていうか、同窓生もそうなんだけど不倫のドラマはそれが始まって結ばれるあたりがピークになって、その後はあまりいい話が待っているはずがないから書きにくいでしょうね。斉藤工と上戸綾はNHKでやってたドラマの「いつか日のあたる場所で」とかぶったので不安視してましたが、観ていくうちこちらはこちらでいい感じでした。20世紀少年の小泉響子、木南晴夏ちゃんも大人になったね。

というわけで10月からのドラマはちょっと減らそうと思います。

Viernes,veintiseis de septiembre de 2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です