ライブ、荒天、鼻炎〜近くて遠い春

今日も日比谷PA。昨日からの天気予報では午後に「雨、ひょう、強風、雷」など言いたい放題でこんな中、野外ライブの運営ができるのか不安でたまりませんでした。朝起きたら案の定寒くって道路濡れてるし・・・。それでもお昼くらいまではいい感じの天気でね、まさかこの後って思ってたんだけど「ひょう」以外は現実になりました、それ程の規模じゃなかったのが幸い、それにしても寒かった

本日は機材車の運転も担当で、朝から鼻炎の具合が悪くって、いつも数個のポケットティッシュは携帯してるのだけどそんなんじゃらちがあかず、途中ファミマに寄って箱ティッシュを買いました、ちょこちょこ鼻かみながら運転。苦労の上ライブやりすごし帰りの運転はその比じゃなくさらに酷い、「雨後の筍」ならず「雨後の花粉」でしょうか?鼻もかんでるけど、西日が目に入ると既に泣いてるので見えなくなっちゃう。タオルでぬぐって鼻かんでハンドル切って鼻かんで、ってね。

日比谷から荻窪(機材車の駐車場)までも始終鼻かみながら運転、荻窪に車おいてバスで芦花公園〜つつじヶ丘〜自宅までの道のりも、車内などの屋内はまだ救われるけど、歩いていると目も開けられないぐらい辛い。死ぬ思いだったけど、なんとかサザエさんぐらいの時間に帰宅し、部屋を暖めてご飯と久しぶりに湯船で入浴。生き返りました。


天気予報のなかった時代の人や、現代でも天気予報なんか見ないって人は、
「昼過ぎまでいい天気だったのに参ったよ」なんてことになるのでしょうね、もしひょうや大雨だったりで準備がなければ命落としかねませんね。自分にも多少の心の準備があったということで今日は「合格」!

あれっもう22時半だよ、寒かったし辛かったからとっとと寝るわ、おやすみ。

Domingo seis de abril 2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です