ぬか床月報

ぬか床2つ体制が続いています。小さい方はみょうが新生姜、大きい方はきゅうり大根で落ち着いてしまいました。
友人が白瓜を漬けていたので挑戦したいのですが、売っているのをみかけません。

いんげん枝豆を試してみようかと思います。
なすが美味しくなってくる頃ですが、どうも色、味ともにうまく漬けられた試しがなく二の足を踏んでおります。

みょうがと新生姜は冷奴の薬味に大活躍です。
前にも書いたように新生姜はスライスしてお寿司屋さんのガリのようにしています。
これを刻んだネギと合わせてとうふにのせるととても美味。
チューブのおろし生姜が全く減らなくなりました。

加工食品には便利さも良さもあって否定する気はないのですが、こうやって自分で野菜から漬けていると、市販の漬物や先のおろし生姜などは、文字通り食べる気がしなくなりました。

Viernes,veintiuno de junio 2013

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です