ハバナ、壁に書かれたイラスト

共産主義国にはプロパガンダといって壁や看板に絵やスローガンを書いたものがたくさんあります。キューバでもいたるところで観ることができます。多いのは革命や体制に関わるものでさすがに赤い国だと気付かされます。

ハバナでは落書きも多く、そいういう点では多少ゆるいというか、自分としては一度ピョンヤンのプロパガンダを見て比較してみたいのですよね。まあそれはさておき、今日はハバナで見たかわいい壁書きイラストを紹介します。

ハバナ イラスト

これ、落書きなのかなにかのメッセージなのかわかりません、子供が持っているフキダシ(風船?)の中に手書きで、TE QUIEROって書いたのは多分観光客のいたずらでしょう。(”Te quiero”は、”I love you”)

ハバナ イラスト2

これは壁に貼ったタイルに書いてある物で、有機農法のプロパガンダです。ソ連崩壊の経済危機(スペシャピリオドperiodo especial)を乗り越えるのにキューバは観光と有機農法に力をいれたことになってますが、実際は肥料(石油)が買えないのをしのいだらしいです。まあこれぐらいの誇張はこういう国につきもの、よしとしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です