ぬか床月報 番外編

今朝、出勤の途中で梅が咲いてきているのを見かけました、昨日は雪が舞ってたり、一昨日は通勤で
苦労したりしていたけどなんか一発で気分がよくなります。春よ来い!

長くこちらを放置していたらFBへの転載が切れていたので実験をかねて二日連続ポストします。

たくあん漬けについてまだ書いていなかったので「ぬか床月報」の番外編

仕込んだのは昨年の12/15(土)
1.材料:干した大根(2週間強)、砂糖(黒糖)、塩、ターメリック、昆布、調味ぬか
f:id:takeichiro:20121215182254j:image:w360

2.ぬかと調味料、砕いた昆布を合わせる、大根は葉を分ける。
f:id:takeichiro:20121215183144j:image:w360

3.葉をくるむように、新鮮保存バッグに詰める。
f:id:takeichiro:20121215183725j:image:w360

4.重しを載せ保管(この後ペットボトルを倍に追加)。
f:id:takeichiro:20121215183951j:image:w360

調味料の分量はこのサイトを参考に微調整しました。

さて、そろそろ2ヶ月。今週末開けてみようかと思います。

◆◆◆

通常のぬか床は最近は可もなく、不可もなくです。材料はきゅうり、人参、大根ばかり漬けています。
大根ときゅうりは水分が多いのでやはりぬかの水気がいつも気になってます。

水を吸い出したり、野菜の塩もみをしたり、足しぬかしたり。なにが一番じゃなくってその場その場で
いろいろな事を組み合わせるが大切かなって。

そろそろお店にはふきのとうやたらの芽など春を感じるものが出てきています、まだ高くて手が出ませ
ん。今週は久しぶりになすを漬けてみました。

Jueves,siete de febrero 2013

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です