宿命

ほしのあき」がペニーオークションにかかわっていたということです。サクラというか。ペニーオークションは普通にものを考えられる人ならおかしいなと思って手をださないはずです、そこで有名人の体験談で信憑性をつけるという手段でしょう。

CMだってネット通販だって出ているタレントがその商品にぞっこんであることは多くないだろうし、もっというと使っていないことだってよくあると思います。
タレントという知名度を換金しているのですから、それはそれで正しい方法ではないかと。

ただ、今回のことであったり、パチンコのキャラクターになったり、暴力団関係の広告塔になったりというのはできれば避けるのが賢明かと思います。
それでも、清濁併せ呑むと本人が納得すればそれも芸人の生き方ですがね。

先日亡くなった小沢昭一さんが書いた本に「私は河原乞食」というのがあります。
河(川)というのは境界で差別民が追いやられていたスペースのひとつ、そこで見世物などを行なっていたのが芸人のルーツ、決してエリートじゃないというようなことを書いています。

江戸時代の穢多の一部は被差別の代償で革など動物由来品の加工、販売の実権を持ち経済的には恵まれていました。それと同じようなものを感じます。

分にあった生き方と立ち位置があるってことでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です