改めて思う、現代の方が素晴らしい

落語が好きで、昭和歌謡愛していて(ミュージシャンにはこの特性多いです)
現代を否定してるというか、引いて見てる部分があります。

そうはいってもPCやネットは最新のもの使ってて、今日も1年半前に出ていたとはいえ、ハイビジョンが撮れるレコーダーを買いました。(実は目的はネットラジオです)

いまはブログ書きながら、レコード聞いてます。レコード大好きで、デジタルよりもいいと思っていますがやはりめんどくさいし針も飛ぶ。レコード全盛の頃に音楽のデジタルは考案されていたのですが、技術が低くてめんどくさい。

よくこういう話をするのですが、中学生の僕をタイムマシンでよんできて、iPhoneでもレコーダーでも見せて、これでデジタルの録音ができるんだなんて説明しても信じないでしょうね。だってYMOより前、冨田勲をせいぜい知ってる時代、音楽がデジタルなんて宇宙旅行や車が空中浮遊するぐらいのことだと思ってました。

実は僕がやってる打楽器はじめ、ピアノ、管楽器、ギターなんかは当時と変わりません、むしろオールドに値段がつきます。シンセやエフェクターはびっくりするほど進化してますね。

とりとめがなくなってきたけど、いい音や画像が簡単に撮れることになったのは良かったと思います。

Sabado,veinticuatro de noviembre 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です