iPad譜面計画、断念。

バンドやセッションが増えて、そもそもステディバンドは曲を覚えて譜面は見ない主義なんか崩れて、いまやなくては叩けません。(いくつかは空でできますよ、“びお”とか)

それで、譜面が増えて増えて、ファイリングしてるのですが、その度クリアファイルに移して持ち出すのが結構面倒。PDFで管理してiPadでみられれば整理がどれだけ楽でしょう。なので既存の譜面をスキャンしてiPadにいれてセッションにのぞみました。

とりあえず問題があってAcrobatやiBookでは二面の見開き表示ができないのです。iPadといえども画面は狭い、でも縦一枚の譜面ですむ曲は多くありません。ドラムという楽器はめくれないんです、iPadをタッチしてめくるのも難しい。なので、見開きが必要。これは有料ソフトで解決しました、画面小さいですがみえる程度。

さあ、本番です。
スタンバイで譜面台にiPadを置いておいたらすべって床に落ちます。

鉄板を曲げたようなしっかりした譜面台はともかく、折りたたみの譜面台は開いてもそんなに平行が安定してません、紙やファイルに比べツルツルしたデバイスは、重力のままスーと。これじゃ使えない!

実は譜面に書き込むって問題を棚上げした実験でした。
失敗。

iPadで譜面が記入、書き込みが出来て、本番でも閲覧できるレベルにいかないと難しいのかな?

でも、待ちじゃなくて追いかけてみますこの件。

Viernes dieciseis de noviembre 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です