続・Podcastアプリの件

iCloud+iOS5を発表した時からiOSデバイス(iPadとかiPhone)は母艦のPCをほぼ不要とするようになっています。以前はPCのiTunes上でやっていたことがモバイルでできる環境を構築しはじめたのです。母艦のPCの機能はバックアップと更新です、それをiOS上で代替えするバックアップのストレージがiCloudで、更新するソフトがAPPなりiTunesです。

CDをリッピングしたりPC上のアルバムを転送したりするのはPCに繋がないといけませんが、サーバから落とすものであればデバイス上で更新ができます。
そんなわけでPodcastも独立してPCから離れたようです。


前置きが長くなりましたが「Podcast」アプリの不満

Podcastアプリ 

iPhoneです、Podcastアプリを開くとこのように「ライブラリ」が出てきます、数字は未再生のリスト数。

Podcast

登録と自動ダウンロードをオンにすることで、iPhoneが自動で新しく追加されたコンテンツをダウンロードする設定になったはずです。

Podcast

「伊集院光」というところが2から146に増えています。過去放送も読み込んじゃっているんです、まあこれはこちらの都合なので仕方ないといえば仕方ないです。

Podcast

エピソードに過去放送が表示されています、青ポッチは未再生の印です、下に向かう矢印があってそこをクリックすると。

Podcast

データを読み込んでいるのがわかります。タイトルを読み込んだだけで再生するファイルはまだデバイスに転送していないのです。


結論をいうとPodcastのアプリを母艦なしに使う場合ストリーミング再生になってしまいます。Wifiのある場所で一度ダウンロードしてもいつのまにかプレイリストが戻って再度ダウンロードしにかかります。
電車の中とかで聞いていると役にたちません。3Gが入らないと音が途切れたり、頭から再生できなくなったりします、これじゃあラジコと変わりません。

プレイリストもぐちゃぐちゃで過去放送が所々未再生になっていたり、聞いてないものが消えたり・・・。

新しい技術なども踏まえての開発なのかもしれませんが全く使い勝手が悪い
私は自動ダウンロードを切って、以前のようにPCでダウンロードして転送するようにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です