味の素天国

タイの料理は美味いと評判ですが、実のところ味の素を大量に使います。
メーカー違いのグルタミン酸ナトリウムもあるのでしょうが、
味の素が最大シェア、代表的銘柄であると思われます。
こちらではセブンイレブンで売っていました。

麺類を食べる時は、薬味のように味の素を追加して好みの味にする
習慣があるのですね。

うまみ調味料とも言われる、グルタミン酸ナトリウムは、中華やアジアの料理に
親和性があるので、多く使われていて、今でも生々しい使われ方です。

日本でもかつては食卓に赤いシャポーの味の素で、漬け物などに
一振り、ふた振りしていたものですが、徐々に避けられて最近は家庭用はほとんど
売れていないと思います。

石油合成味の素とか、味の素を食べるとバカになるとか、
グルメブームの副産物での、化学調味料叩きだとか、
割合散々な目にあっています。

じゃあ、日本ではもう使っていないのかというとそんなことはなく、
さすがに味の素でラーメンスープつくる店とかは減りましたが、業務用の
製品には似たようなものが普通に使われてます。
家庭用のだしの素やスープのの素にも。

なにしろオリジナルが我が国で、アジアの美味しい料理の秘訣ですから。

Domongo,dieciseis de septiembre 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です