名前で検索

私の名前は「横見武一郎」で姓も下の名も多くありません、これまで武一郎には会ったことがありません。横見は親戚に沢山います(あたりまえ)が、それ以外はありません。

そこで、ホームページに使っている下の名でgoogle検索してみました。

◆武一郎
これがなかなか出てきません、140番目を過ぎたあたりに「あの人検索スパイシー」っていうのでようやく出てきます。珍しいようでも世の中には結構「武一郎さん」がいるようで、大学の先生とか本を出している人とか検索上位です。ちなみに東電フェローの武黒一郎さんは原発事故の知名度で武一郎でもないくせに堂々の2位です。

◆武壱楼
なぜ「武一郎」で出てこないかというと、このホームページもはてなのブログ「武壱楼」という当て字を使っているからなんです。武壱楼で検索するとずーと僕関連のページが表示されます。見るかぎり他にこの名前使っている人はいないみたいですね。

◆takeichiro
「takeichiro」で検索した場合、武一郎以外の綴りもあるので僕なんか出てこないかと思ったら、1位はてな、2位がこのホームページでした。アクセスなんか少ないのに不思議ですね。
3位からはやはり世の有名な「たけいちろう」さんが並んでて40位すぎると僕のページがまたちらほら。「たけいちろう」で検索すると僕のTwitterアカウントが1位です。


それなりにまめにブログを更新したりしていると検索順位が上がるということなのでしょうかね?
こういう結果であれば、名刺(プライベートの)作るときは「武壱楼」「takeichiro」を大きく表記して細かいURLなんかいらないですよね、もっともURLもそれに.comが付くだけなのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です