チェックディスク

またまた不調パソコンの話です。
今朝は電源入れてBIOSからwindowsの起動までは行くのですが、起動の途中で止まったり起動した後フリーズしたり落ちたり(ブルーバック→電源が切れる)という現象の繰り返しでした。
バックアップ電池の交換でBIOSが立ち上がるのは予想、対策が正しかったのですが、今日の現象はwindowsのシステムなどに問題がある可能性が高いと考えます。
なにしろ、止まっては電源ボタンでオフオンを繰り返しているのだからHDDのデータだってどこか変になっているのかもしれません。

ということで「チェックディスク」を試してみました。これは昔からある機能でMS-DOSでもchkdskというコマンドで使っていました。 dosや昔のwindowsではシステムをダウンしなくても使えたのですが、最近の(恐らくNT系)の物はチェックディスクの予約をして次回の起動時に実行するという形にかわりました。
HDDがメガバイトの頃はチェックディスクがすぐに終わったのですが、大容量時代になってからはとても時間がかかります。

午前中いっぱいかけて終了しました。
結果かなり安定して、なにより動きが軽くなりました。こんなことならもっと早くやっとけよっていう話ですが、あくまで結果良くなったのでチェックディスクに入ってご臨終の事だって考えられますからね、諸刃の刃。

この上機嫌が続いてくれることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です