メーラーの話、続き

インストールしたのは「Shylpheed」というフリーのソフト。もとはLinux用に開発されたそうです。
今まで使ってたアカウント(5つ)+iOS+Gmailを使おうと思ったのですが。
メールのエクスポート、インポートが結構時間がかかる上、マシンのリソースを消費して、
その間仕事にならないので、iOS+GmailをShylpheedで、残りは鶴亀とふたつ併用することにしました。

まずは、IMAP4であるiOSとGmail(POP3でも可能だけど、IMAPで使用)のアカウント作成。
iOSは簡単に出来たのですが、Gmailはアカウントが出来てもメールが読み込めません。
最初の設定を間違えたようなのですが、設定を何度変えてもダメ。アカウント以下のフォルダが出来ないのです。
試しにメールを送ってみたら送れるのですが、送信控えが残らない(残るフォルダがない)。

四苦八苦したあげく、一回アカウントを消して、正しい設定で作り直してみたらあっけなくできました。
そういうこともありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です