方言

バリバリに訛っているのではなく、その人は「標準語」話しているのだけど、

イントネーションに方言が残っているようなことありますよね。

僕、それがあまりよくわからないのです。
沖縄の言葉はおばあが話すような全く聞き取れない言葉がありますが、
基本はイントネーションの違う標準語に「さー」とかが付く感じだと思います。

ちゅらさんなどのドラマではわかるのですが、
沖縄に行った時にほとんど訛りに気付きませんでした。

自分は神奈川生まれ、千葉、東京育ちですから、
話すのは東京のイントネーションだと思います。

で、なんでそういう耳かというと
親父が広島、おふくろが長崎で高校時代まで送っているのですね、
なので、彼らは標準語のようでいて訛った言葉であって、
それを聞いていた私は気にならない(区別がつかない)ようになったと。

仮説なんですが、はずれてないと思います。

Lunes,dieciocho de junio 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です