オマーラ・ポルトゥオンド

今日はバンドのリハーサルの後、青山の「Blue note tokyo」で、
Omara Portuondo、という歌手のライブを観てきました。

ブエナビスタソシアルクラブにいた人で映画にも出ています。

というわけで同行はキューバ・かぶれの3人組。

音楽にもお店にも圧倒されてしまいました、大感動!

オマーラもいいおばあちゃんなんだけど、うまいし可愛い。
ダブルクレジットのChuco Valdes(Pf)は大柄なんだけど
とても繊細できれいなピアノ。
ベース、ドラムス、パーカッションも申し分なし。

キューバで感動した時に引き戻されたというか、
現地で聴いたものよりさらにシャープな印象を受けました。

聴きながら、キューバの事とか、旅行の事、国際的な事、
経済の事などいろいろ考えます。
自分の音楽やスペイン語への中途半端な取り組みも反省し…なんてね。

いい経験でした、楽しかった!

Jueves,tres de mayo 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です