スーパーについて

ここ(調布市柴崎)に越してきたとき、マンションの隣に「サミット」
があるから便利と不動産屋では売りにしていました。

もう10年以上前で、そのころは「信濃屋」で働いていて、
ずーっと若林(野沢も)の「サミット」をライバルにしていたので、
その点はいい感じはしませんでした。
働いている店で買い物するか、つつじヶ丘の「オオゼキ」で、
オオゼキも松原の店を古くから知っていて好きではないのでした。

そのうち、信濃屋やめて。
それとどっちが先か忘れたけど、マンションのサミットと逆側のほぼ隣に
あった「オートバックス」がコープ東京に変わったのです。

コープって生協でしょう?
すごく先入観があって、でもできてから買い物すると割といい。
生鮮のレベル、加工食品の価格など、サミット、オオゼキにひけをとりません。
もっとも、得手、不得手は感じますが、総じてコープが好きになりました。

そのうちサミットは閉店、まあコープができてから案の定悲惨でしたから、
その後、サミットの無店舗の宅配センターになってたのですが、
ようやく手放したらしく、数ヶ月前に「業務用スーパー」になりました。

たまに、信濃屋に買い物に行くと、知ってる社員がいて、
「相変わらず」っていっているけど、変わっているんでしょうね。

10年後、このマンションの周辺の店舗どうなっているか?
想像できないな~。

Lunes,nueve de abril 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です