朝の連ドラ記録

すっかり久しぶりの更新で、月末と月初にしか書かないのかと。

で、今日はその末に終わったドラマ「カーネーション」
視聴率高かったようだけど、ほんとそれなりにいいドラマだったと思います。
前回の「おひさま」はしょっちゅう泣いてたけど。
今回はそういうわけでなくでも続けて観てしまう感じ。

それでも、ラスト二回は作り手の意図どおり泣きましたよ。
最終回はいつものオープニングテーマをラストテーマにしてしまう
よくある手法なのですが、それでもキャスティングの留(とめ)
「小原糸子 尾野真千子」で泣いてしまいました。

キャスティングがよかったな、
みんないい味出してました、ほっしゃんや六角精児、竹内都子などのお笑い系も
よかったし、前半の十朱幸代や宝田明、小林薫。
三姉妹も子役も成人後もよかった、川崎亜沙美はこのドラマの主役のオーディション
次点だそうだけど、ほんとよかった、安田美沙子もキャストに聞いた時はえっ?って
思ったけど肝心な役所で、ラス前の回では彼女のカーネーションが泣かせました。
(「Satoko London」ってブランドはいかがかと思ってたけど出なかった)

いろいろ言われた主役の交代ですが、長生きした人の生涯のドラマなので、
むしろ三部作ぐらいで作るべきで、これはしょうがないのかなと。
夏木まりさんもいい味だしてました、でも「糸ちゃん」尾野真千子のソウルフルな
演技はしばらく忘れないだろうな。

自分の中では「ちりとてちん」以降で一番です。

次回は「梅ちゃん先生」、ほりまき主演ですね。

なんか「おひさま」と時代や設定が似かよっている気もしますが、
期待しましょう。

Sabado,treintauno de marzo 2012

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です