節電

今回の電気使用料のお知らせは、エアコンをほとんど使わなかったので、昨年比2割ほど使用量(kwhで)減でした。

照明や、待機電力などの工夫もしてるんですが、それで節約できてる分は案外少ないと思われるので、うちの場合はほとんどエアコンに左右されます。

使わない月(春、秋)は5000円程度、真夏は8000~10000円、冬も暖房多く使うと8000円ぐらい。(今回は約5500円)

しかし寒い思いして、2~3千円しか節約できないんです。

きっと電力不足は長くなるから、電気の少ない生活をしようと思うのですが、やはり料金がある程度節約できないとやる気がおきません。逆に言うと、使うとぐんと高くなれば節約する気になります。それが現状程度だとピンとこない、経済用語で価格弾力性と言います。

私の場合5000円がうかうかしていると15000円ぐらいになっちゃうときっと慎重になります。電気料金はもともと使う程高くなる設定なので、2段、3段料金の単価を倍ぐらいにするといいのかなと思います。

暑い夏の準備をしましょう。

Viernes,ocho de abril 2011

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です