ちょっと原発のこと

今月はほとんどさぼってしまって、
これ含めて3エントリーしか書きませんでした。
日々考えてることはあってもまとまらなくって、
めんどくさくなっちゃうって感じです。

原発は手のつけられない状況で、
アメリカやフランスの助けを借りる事態になってます。
東電はようやく福島原発の全機廃炉を決めたようですが、
ニッポンの原子力政策は元には戻れないでしょう。

普通に考えれば、計画中のものはすべて白紙撤回。
建設中のものも。
操業中のものは、安全性を確認しながら縮小していくと思います。

ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ。
は世界に通じることになってしまったのです。

この震災で少しチャンスがあるなと思ったのは、
がんじがらめの既得権(利権)を解消できるかなということ。
でも、菅政権はその方向を目指しませんでした。
というか自分の既得権を守るのに精一杯。

あー日中考えてたことが整理できなくなっちゃった。
また、後日。

Jueves,treinta y uno de marzo 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です