寅さんDVDマガジン

講談社で、寅さんDVDマガジンっていうのを刊行しました。
6日が発売日で、私は昨日創刊号を入手しました。

なんか昨日書いたことと矛盾するけど、これは買い揃えようと思います。
話しそれるけど、絞り込んで余計なことには手を出さない。

・ラテンなこと(スペイン語、ラテン系音楽、文化への関心)
・落語、日本映画、特定の昭和文化
・日本のロック、ビートルズなどの自分の基幹にある音楽
その辺以外は極力関心をもたないようにしようかと。

本題に戻って、DVDマガジン一巻目は、第1作「男はつらいよ」。
本編と資料、特典映像が付きます。
この手のブックのパターンで創刊号は790円、2巻からは1590円。
画質はSD級で、松竹から出ているHDマスターではありません、
そりゃこの値段でHD流したらクレームの嵐ですね。
でも、数年前にケーブルから録ったものより断然きれいです。

この1作目は何回も見てます、帝釈天の境内でも観ました。
帝釈天上映会 – たけいちろうの日記

それでも新鮮にみられます。
シリーズ化それも48作やるなんて全く考えていない作品なのに、
寅さんはじめキャラクターは確立しています、
おいちゃん(森川信)の「ばかだねー」
たこ社長(太宰久雄)の「お前なんかに中小企業の社長の~」
御前様(笠智衆)の「あー、こまったー、こまったー」
なんてのもちゃんと登場しています。

2作目、3作目と続くのではなく、編集部が選んだ傑作順で発刊するそうです、
次は「寅次郎、夕焼け小焼け」
あーやっぱり最高なんですね、この年末年始も観ました。
過去にももちろんね。
夕焼け小焼け – たけいちろうの日記

楽しみだな、寅さんと過ごす2年強。

Sabado,ocho de enero 2011

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です