ニッポンよ~

僕らが子供のころ、ニッポンは高度経済成長で、
GNP(その頃GDPは使っていなかった)がやがてドイツを抜いて
世界二位になるって。

小学校卒の田中角栄が人臣最高位(本来は時代が違う)の総理大臣になり。
まことに夢のある時代でした。

もちろんその時代にも高度成長の歪みや、
時代に取り残された貧困はあり。
政治のイデオロギー的な騒動も数多くありました、
これはむしろこの後より多かったでしょう。

田中角栄が逮捕されて、なんだろう悪代官退治みたいなことがはやりだして
それ以前にも政治家の汚職なんていっぱいあって、
「ミスターノーベル平和賞」だって、指揮権発令ですもん。

民主化と貧小化が同意義になってきたんですね、
その後いろいろあって書くと長くなるので割愛。

で、その貧を極めた人種が政治を司ってます。
困ったもので、政治も経済も国防もめちゃくちゃ。

でも、ここまで膿をだすと逆にやりようがあるんじゃないかな~。
今の政治家には無理だけどね。

ここまで国が貧してるのに、安心して外出できるし、
食べ物にも困ってないし、電気もくるから。
まだ大丈夫です。

そのうちやばいよ、手を打ちましょうみなさん。

Viernes,cinco de noviembre 2010

(Hatena::Diaryより転載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です